1. ファームウェアを更新する

  1. サイドメニューから「ルーター」 → 「機器管理」を選択し、「機器一覧」画面を開きます。

  2. 機器一覧テーブルで、ファームウェアを更新する対象機器の行をクリックして選択します。
    ファームウェアを更新する_機器一覧画面
    この例では4台の機器を選択します。

    • 機器の行を押して選択すると、行の背景色が緑色になります。

    • もう一度機器の行を押すと選択が解除され、背景色が元に戻ります。

    • 複数の機器の行を押すと、複数の機器を選択できます。

  3. 「ファームウェア更新」ボタンを押し、「ファームウェア更新」画面を開きます。

  4. ジョブ名称、ターゲット、スケジュール、メール通知を入力し、「確認」ボタンを押します。
    ファームウェアを更新する_ファームウェア更新画面
    この例では以下の値を入力します。

    ジョブ名称

    FW更新_20210116

    ターゲット

    最新版

    スケジュール

    時刻指定実行 2021-01-16 20:30

    メール通知

    結果をメールで通知する

    • ジョブ名称
      省略可能です。省略した場合は、システムにより自動的に決定されます。

      • すでに登録されている名称は使用できません。

      • 省略した場合、前回のジョブ作成から1分以内はジョブを作成できません。

    • スケジュール
      「即時反映」を選択した場合は、ジョブの作成後すぐにファームウェア更新が実行されます。
      「時刻指定実行」を選択した場合は、任意の時間にファームウェアを更新できます。たとえば、利用者の少ない夜間を指定しておけば、その時間にファームウェア更新が実行されます。

    • メール通知
      「結果をメールで通知する」を選択した場合は、ファームウェア更新ジョブの結果がメールで通知されます。メールはジョブが実行されてから30分後に送信されます。
      通知先メールアドレスを設定していない場合は、「メールアドレスを登録してください」を選択し「通知用メールアドレス」を設定してください。メールアドレスを複数登録する場合、「,」(カンマ)で区切って登録してください。
      (test1@example.jpと\test2@example.jpを登録する場合:test1@example.jp,test2@example.jp)

      メールアドレスは半角文字で入力してください。全角文字が含まれる場合、メールが正常に送信されません。

  5. 作成するジョブの内容を確認し、「確定」ボタンを押します。
    ファームウェアを更新する_設定確認画面
    この例では、手順4で入力した値が表示されます。

  6. YNOマネージャーにファームウェアの更新ジョブが登録されます。
    ファームウェアを更新する_ジョブ一覧画面
    この例では、手順4で入力したジョブ名称とファームウェアの更新を開始する日時が、「ジョブ一覧」画面に表示されます。

    「ジョブ一覧」画面の表示方法は、2通りあります。

    • サイドメニューの「ルーター」 → 「機器管理」を選択したあと、画面内のタブメニュー「ジョブ一覧」を選択する

    • サイドメニューの「メンテナンス」 → 「ジョブ一覧」を選択する

  7. アクションの左のアイコン( ファームウェアを更新する_ジョブ詳細表示アイコン )を押し、タブメニュー「履歴」を選択すると、ジョブの実行結果を確認できます。
    ファームウェア更新ジョブでは、機器に対してhttp revision-upによるファームウェア更新を指示します。
    ファームウェアを更新する_ジョブ履歴画面
    この例では、手順2で選択した4台の機器にファームウェア更新ジョブが実行され、その結果が表示されます。
    上記画像の実行結果は以下のとおりです。「実行結果」は、手順8で送信されるメールに記載されます。

    機器 実行結果 説明

    1台目

    成功

    ファームウェアの更新に成功した

    2台目

    更新不要

    すでにファームウェアが最新のため、更新不要

    3台目

    失敗

    ファームウェアの更新に失敗した

    4台目

    未確認

    機器と通信できないため、ファームウェア更新が実行されていない

  8. 手順4のメール通知の設定で「結果をメールで通知する」を選択した場合、ジョブが実行されてから30分後にメールが送信されます。
    メールはジョブごとに送信されます。送信されるメールには以下の情報が含まれます。

    • ファームウェア更新ジョブの実行結果

    • ファームウェア更新ジョブが実行された時間

    • ジョブ実行後のファームウェアリビジョン

    メールは以下の形式で送信されます。
    フッター(「YNOマネージャーへのアクセスはこちら」以降)は、 フッター設定ページ で編集できます。

YYYY/MM/DD hh:mm:ss 現在のファームウェア更新の結果

#  ジョブ名称
[失敗]
    更新日時             リビジョン    機種     機器の説明
--------------------------------------------------------------------------------
    YYYY/MM/DD hh:mm:ss  Rev.xx.xx.xx  機種名   機器の説明 or シリアルID
                ・
                ・

[未確認]
    更新日時             リビジョン    機種     機器の説明
--------------------------------------------------------------------------------
    YYYY/MM/DD hh:mm:ss  Rev.xx.xx.xx  機種名   機器の説明 or シリアルID
                ・
                ・

[成功]
    更新日時             リビジョン    機種     機器の説明
--------------------------------------------------------------------------------
    YYYY/MM/DD hh:mm:ss  Rev.xx.xx.xx  機種名   機器の説明 or シリアルID
                ・
                ・

[更新不要]
    更新日時             リビジョン    機種     機器の説明
--------------------------------------------------------------------------------
    YYYY/MM/DD hh:mm:ss  Rev.xx.xx.xx  機種名   機器の説明 or シリアルID
                ・
                ・

YNOへのアクセスはこちら
https://yno.netvolante.jp

---
このメールにお心当たりが無い場合は、メールアドレスが誤って登録されている可能性が
あります。お手数をおかけしますが、ヤマハルーターお客様ご相談センターまでご連絡く
ださい。
http://jp.yamaha.com/products/network/support/contact/

送信される前にジョブを削除した場合、メールは送信されません。