1. 概要

YNOでは、無線APを「グループ」および「クラスター」で分類し、まとめて監視・設定できます。
グループやクラスター単位で以下の操作ができます。

  • 無線APの状態(アラームや接続台数など)の確認

  • ファームウェアを一括で更新

  • CONFIGを一括で設定

無線APの管理で使用する用語は、以下のとおりです。

名称 説明

クラスター

同一ブロードキャストドメインに接続されている無線APが、自動的に形成する管理単位です。

グループ

複数のクラスターをYNOマネージャーで一括管理するための単位です。
オペレーターがYNOマネージャーで作成します。

Master-AP

クラスター内でCONFIGを管理する無線APです。1つのクラスターに1台だけ存在します。

Slave-AP

Master-AP以外の無線APです。

クラスターバージョン

ファームウェアリビジョンごとに設定される値です。
同じクラスターバージョンの無線APはCONFIGに互換性があり、クラスターを形成できます。
ファームウェアリビジョンとクラスターバージョンの対応表は こちら です。

グループCONFIG

グループ内の無線APで同期されるCONFIGです。詳しくは、 「グループCONFIG」 を参照してください。

クラスターCONFIG

クラスター内の無線APで同期されるCONFIGです。詳しくは、 「クラスターCONFIG」 を参照してください。

グループ、クラスター、無線APの関係は、以下のとおりです。
管理イメージ

Master-APは、クラスター内で自動的に選出されます。Master-AP以外の無線APは、すべてSlave-APとして動作します。
クラスター内でMaster-APの障害を検知した場合、Slave-APの中から新しいMaster-APが自動的に選出されます。旧Master-APが障害から復旧しても、Master-APは切り替わりません。

2. 無線APを管理する流れ

YNOで無線APを管理する流れは、以下のとおりです。

無線APを管理する流れ

2.→1. の順に実施した場合も、問題なく動作します。
(無線APをYNOマネージャーに接続してから、登録を行った場合も、当該無線APが管理対象になります)

各手順についての詳細を、以下に記載します。

2.1. 無線APをYNOマネージャーに登録する

無線APを管理する流れ_無線APをYNOマネージャーに登録する

YNOマネージャーに無線APを登録します。
このとき、機器をグループに割り当てることで、複数のクラスターをまとめて管理したり、YNOマネージャー経由でCONFIGを設定したりできます。

登録できる無線APの上限は、YNOのライセンス数です。

グループ未割り当ての場合、以下の制限があります。

  • グループCONFIGとクラスターCONFIGの機能が利用できません。

  • グループ未割り当ての機器をユーザーが管理することはできません。

2.2. 無線APをYNOマネージャーに接続する

無線APを管理する流れ_無線APをYNOマネージャーに接続する

無線APをYNOマネージャーに接続します。
機器をインターネットに接続する と、自動でYNOマネージャーに接続されます。
事前に機器がYNOマネージャーに登録されていると、機器が管理対象になります。

機器をYNOマネージャーに接続してから、登録を行った場合も、機器が管理対象になります。

機器の管理状態の種類は、以下があります。

管理状態 説明

未接続

機器を登録後、1度もYNOマネージャーに接続していない状態です。

管理対象

YNOマネージャーに接続後、YNOで管理している状態です。

管理対象外

YNOマネージャーに接続後、何らかの理由で管理対象になれなかった状態です。

  • 「AP登録 / グループ管理」画面の「管理状態」列に、「管理対象外」と表示されます。

  • 管理対象外となった理由は、 「管理対象外機器」画面 で確認できます。

  • 「機器管理」画面には、当該機器が表示されません。

Master-APが管理対象ではない(未接続または管理対象外)場合、Slave-APは管理対象外となります。

2.3. YNOマネージャーから無線APにグループCONFIGが送信される

無線APを管理する流れ_YNOマネージャーから無線APにグループCONFIGが送信される

Master-APが管理対象になったとき、YNOマネージャーからMaster-APにグループCONFIGが送信されます。
Master-AP(および、同一クラスターに属するSlave-AP)のグループCONFIGは、YNOマネージャーから送信されたグループCONFIGで上書きされます。

  • 割り当て先のグループが新規作成直後の場合、機器に設定したグループCONFIGが初期化されます。

  • グループ未割り当ての場合、グループCONFIGが送信されません。

  • グループCONFIGの同期が停止している場合 、グループCONFIGが送信されません。

グループCONFIGだけが送信されます。クラスターCONFIGは送信されません。

2.4. 無線APのGUIでグループCONFIGを設定する

無線APを管理する流れ_無線APのGUIでグループCONFIGを設定する

グループ未割り当ての場合、グループCONFIGの設定ができません。

3. 注意事項

同一クラスターの機器は、すべて同じグループに割り当ててください。
Slave-APに割り当てたグループが、Master-APに割り当てたグループと異なる状態を、「グループ割り当ての不一致」と呼びます。グループ割り当ての不一致が発生している状態で運用すると、以下の例(※) のように、意図していないグループCONFIGが送信されるなどのトラブルが発生することがあります。

「機器管理」画面で、グループ割り当ての不一致があるかどうかを確認できます。
グループ割り当ての不一致がある場合は、 グループ割り当ての不一致を解消 してください。

(※) 例として、以下の機器A, B, C で構築されているクラスターについて考えてみます。

機器 役割 グループ割り当て YNOマネージャーから送信されるグループCONFIG

A

Master-AP

グループ1

グループ1

B

Slave-AP

グループ1

グループ1

C

Slave-AP

グループ2 ★不一致

グループ1

YNOマネージャーは、Master-APに割り当てたグループでクラスターを管理します(「機器管理」画面でも、Master-APに割り当てたグループが、クラスターの所属グループとして表示されます)。
したがって、このクラスターの所属グループは「グループ1」です。各機器には、「グループ1」のグループCONFIGが送信されます。

この状態から、Master-APが変わるケースを考えてみます。
以下は、グループ割り当ての不一致を起こしているSlave-AP(機器C)がMaster-APになった場合の状況です。
本来は「グループ1」であるはずのクラスターに、「グループ2」のグループCONFIGが送信されてしまうようになります。

機器 役割 グループ割り当て YNOマネージャーから送信されるグループCONFIG

A

Slave-AP

グループ1

グループ2 ★

B

Slave-AP

グループ1

グループ2 ★

C

Master-AP

グループ2

グループ2 ★

このように、グループ割り当ての不一致が発生している状態で運用すると、意図していないグループCONFIGが送信されるトラブルが発生することがあります。