1. YNOにログインする

1.1. 通常のログイン画面を使用する

  1. ブラウザで以下のURLにアクセスします。
    https://yno.netvolante.jp/

  2. 「ログイン」画面で、オペレーターIDとパスワードを入力し「ログイン」ボタンを押します。
    ユーザーIDでログインする場合は、ユーザーIDとオペレーターID、パスワードを入力します。
    YNOにログインする_通常ログイン画面

    以下の場合には、「ログイン」ボタンを押したときに パスワードの変更 が求められます。
    ・オペレーターが初めてログインするとき
    ・ユーザーが 自動生成パスワード で初めてログインするとき

  3. 認証に成功すると、「ダッシュボード」が表示されます。

1.2. ユーザー向けログイン画面を使用する

  1. オペレーターより通知されたURLにアクセスします。

    ユーザー向けログイン画面の使用開始方法は こちら

  2. 「ログイン」画面で、ユーザーIDとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを押します。
    YNOにログインする_ユーザー向けログイン画面

    以下の場合には、「ログイン」ボタンを押したときに パスワードの変更 が求められます。
    ・ユーザーが 自動生成パスワード で初めてログインするとき

  3. 認証に成功すると、「ダッシュボード」が表示されます。

多重ログインは動作保証対象外です。

2. ダッシュボードを確認する

認証が成功すると、ダッシュボードが表示されます。
ダッシュボードでは、現在の状況を確認することができます。

YNOにログインする_ダッシュボード

管理対象機器の欄に、(現在のライセンス使用数)/(現在のライセンス保有数)が記載されています。
現在のライセンス使用数と保有数が一致している場合には、これ以上新しい機器を管理対象とすることはできません。
初めてログインした直後は画面上部に「アクセスコードが設定されていません。」とメッセージが表示されます。
アクセスコードは、オペレーターIDと管理対象機器であるYNOエージェントを関連付けるために設定します。

3. アクセスコードを設定する

YNOエージェントとオペレーターIDの関連付けのため、アクセスコードを設定します。
まずYNOマネージャーで、アクセスコードを設定し、続いて機器のCONFIGにアクセスコードの設定を投入します。
機器から送信されたオペレーターIDとアクセスコードによる認証に成功すると、当該オペレーターの管理対象となります。

3.1. YNOマネージャーのアクセスコードを設定する

  1. サイドメニューの「機器管理」 → 「アクセスコード」を選択すると、「アクセスコード」画面が開きます。

  2. 「設定」ボタンを押すと、「アクセスコード設定」画面が開きます。
    アクセスコードを設定する_アクセスコード画面

  3. アクセスコードを入力して「確認」ボタンを押します。
    アクセスコードを設定する_設定画面

    アクセスコードには次の制限があります。

    • アクセスコード長 : 8 - 64文字

    • 使用可能文字 : 半角英数字(a-z, A-Z, 0-9, !@#$%^&*()_+={}[];:'"|,.<>?/~`)

    アクセスコードを設定後、10分間はアクセスコードの再設定ができません。

  4. 「確定」ボタンを押して、サーバーにアクセスコードを登録します。
    アクセスコードを設定する_確定画面

3.2. YNOエージェントを設定する

  1. YNOの管理対象となる機器に以下の設定を投入します。

    # yno use on
    # yno access code OPERATOR_ID ACCESS_CODE
    • OPERATOR_ID : YNOのウェブサイトにログインする際のオペレーターID

    • ACCESS_CODE : YNOマネージャーに設定したアクセスコードと同じものを設定

「yno use on」コマンドを設定すると、「ライセンスキーの購入」と「購入時の規約の同意」を確認するメッセージが表示されます。ライセンスキーの購入と規約の同意が済んでいる場合は、「Y」キーを押してください。

# yno use on
この機能を有効にするには「ライセンスキーの購入」と「購入時の規約の同意」が必要です
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/yno/license.pdf
ライセンスキーの購入と規約の同意は済んでいますか? (Y/N)

4. 管理対象となっていることを確認する

YNOエージェントの設定が完了すると、自動的にYNOエージェントがYNOマネージャーに接続に行きます。オペレーターIDとアクセスコードによる認証が完了すると、ダッシュボード」の管理対象機器やステータス一覧で管理対象となっているYNOエージェントの台数が確認できます。

管理対象となっていることを確認する_ダッシュボード

アクセスコードの設定が完了しても「ダッシュボード」の表示が変わらない場合、YNOマネージャーで設定したアクセスコードとYNOエージェントに設定されたアクセスコードが一致しているか、YNOエージェントはYNOクラウドサーバーへの到達性があるかなどを確認してください。