1. 概要

LLDP自動設定は、ヤマハスイッチとヤマハ無線AP間で独自のLLDPフレームを送受信し、LLDPで通知された情報をもとに自動的に設定を行ったり、ログ保存などの特定の処理を実行したりする機能です。

LLDP自動設定を使用することで自動設定および自動実行される内容は以下のとおりです。

  • RADIUSサーバーの自動設定
    ヤマハスイッチに接続されているヤマハ無線APがRADIUSサーバーとして動作しているとき、ヤマハ無線APからRADIUSサーバー情報が通知され、ヤマハスイッチに自動的に設定します。

  • LLDPによる自動死活監視
    ヤマハスイッチにヤマハ無線APが接続されたとき、自動的にLLDPで死活監視を開始します。

  • ヤマハスイッチのスケジュール機能による給電停止の事前通知
    ヤマハ無線APが接続されているポートでヤマハスイッチのPoE給電の停止がスケジューリングされているとき、給電の停止タイミングを事前に通知し、ヤマハ無線APは給電が停止される直前にログの保存を行います。

2. 対応ファームウェアリビジョン

ヤマハスイッチとヤマハ無線APのLLDP自動設定機能の対応機種については、ヤマハスイッチの以下の技術資料を参照してください。

3. 用語定義

LLDP

Link Layer Discovery Protocol。
IEEE 802.1ABで規定される。

4. 詳細

ヤマハスイッチとヤマハ無線APのLLDP自動設定機能の詳細については、ヤマハスイッチの以下の技術資料を参照してください。