1. 概要

WDS(Wireless Distribution System)とは、無線でアクセスポイント同士を接続する機能です。
WDSブリッジ機能を利用することによって、無線の通信距離を延長したり、電波の届きにくいエリアを カバーできます。
WDSブリッジ機能は、アクセスポイントに設定されているすべてのVLANのデータを接続したアクセスポイント間で送受信できます。

2. 注意事項

  • WDSブリッジ機能は同じ機種同士の接続でのみ使用できます。

  • WDSブリッジ機能は工場出荷状態のとき設定できます。

  • WDSブリッジ機能を設定するAPは1つのクラスターで1組までになるようにしてください。クラスター内にWDSブリッジ機能を設定したAPが2組存在すると、マスターAPからスレーブAPへの設定送信が正しくできない場合があります。

  • WDSブリッジ機能を設定すると機器は初期状態ではなくなるため、DHCPクライアントがアドレス取得できないときであっても"192.168.100.240/24"は割り当てられません。仮想コントローラーもしくはシリアルポートからIPアドレスを設定してください。

  • WDSリピーター機能と併用することはできません。

  • 本製品をYNOで遠隔管理し、かつWDSブリッジ機能を使用する場合は、WDSブリッジ接続する各APの有線LAN側に最低1台ずつAPを用意してください。
    ファームウェアのリビジョンアップ失敗などにより、WDSブリッジ接続するAP間のクラスターバージョンが異なるものになった場合、WDSブリッジ接続するAPの有線LAN側に他のAPが居ないと、YNOエージェント機能が有効にならず、YNOに接続できなくなります。

  • WDSブリッジで接続できるAPは、親機から見て一段目の子機までです。多段接続はできません。

  • WDSブリッジで接続をするときは、図のように構成をループ状にしないように設置してください。ループを作ってしまうと大量のブロードキャストフレームが送信されることになり、通信障害が発生します。

  • WDSブリッジ機能とLAN MAPは併用できません。LAN MAPはWDSブリッジ接続したアクセスポイントを表示できません。

    通信障害が発生する構成

3. 対応ファームウェアリビジョン

以下のファームウェアでWDSブリッジ機能が利用できます。

ファームウェア

Rev.22.00.01以降

4. 詳細

WDSブリッジ接続状態にあるAPは、通常のスレーブAPと同様にクラスター内で運用管理することができます。仮想コントローラーからWDSアクセスポイント、WDSステーションそれぞれに設定を送信することが可能です。

また、以下のメリットがあります。

  • WDSブリッジ接続に関する設定処理が自動で行われるため、機器の設定が簡略化できる。

  • WDSブリッジ接続はVAPに依存しないため、16個のVAPすべてが無線クライアント用に使用できる。

4.1. WDS ブリッジで転送されるVLAN

以下のいずれかの条件に当てはまるVLANに流れるデータがWDS ブリッジを通過します。

  • タグなしVLAN(アクセスVLAN ID)に設定されいている
    (Web GUIの[基本設定]-[クラスター設定]、"仮想コントローラーとクラスターAPの共通ネットワーク設定"の「アクセスVLAN ID」)

  • IPアドレスが設定されているVLAN
    (Web GUIの[基本設定]-[クラスター設定]、"仮想コントローラーとクラスターAPの共通ネットワーク設定"の「VLAN ID」)

  • VAPの設定で割当されたVLAN ID
    (Web GUIの[無線設定]-[共通]-[SSID 管理]、"VAPX 設定"の「VLAN ID」)

機器内でVLAN IDが定義されていても、上記いずれかの設定に含まれていないVLANはWDS ブリッジでデータ転送されません。

5. 設定・操作方法

WDSブリッジ機能を利用するための手順を以下に示します。

  1. クラスター内でマスターAPとなるアクセスポイントを用意します。

    (WDS接続で使用するAPはマスターAPになることができないので別に用意します)

  2. 2台のアクセスポイントをWDSブリッジ接続します。

  3. WDSブリッジ接続された2台のうちWDSアクセスポイントをマスターAPが接続されているネットワークに接続します。

5.1. WDSブリッジ接続

WDSブリッジ接続はWeb設定画面から設定できません。工場出荷状態で、AP本体の"CONFIG"ボタンを長押しすることで設定を行います。
ここでは、有線LANに接続するAPをWDSアクセスポイント、WDSアクセスポイントに無線接続するAPをWDSステーションとして設定する手順を説明します。

接続構成
  1. 工場出荷状態のAPを2台用意し、起動させます。

    (工場出荷状態でないと本設定は行えません)

  2. WDSアクセスポイントとして設定するAPの"CONFIG"ボタンを、天面中央インジケーターが3回点滅しては1回消灯を繰り返すまで長押しします。

  3. WDSステーションとして設定するAPの"CONFIG"ボタンを、天面中央インジケーターが点滅するまで長押しします。。

  4. 両方のAPの天面と天面を向かい合わせ、WDSブリッジ接続が完了するのを待ちます。天面インジケーターが点滅から点灯に変われば接続成功です。点灯は数秒後に消灯します。天面インジケーターが点灯せずに消灯してしまった場合は、再度、手順1から行います。

  5. WDSアクセスポイントにするAPを有線LANに接続します。

5.1.1. 状態表示画面

[保守] - [システム / ステータス情報]でWDSの情報を表示します。表示する内容は以下の項目です。

表示項目 説明

No.

無線情報の登録番号を表示します。

CH

使用しているチャンネルを表示します。

インターフェース動作モード

"WDSアクセスポイント"または"WDSステーション"を表示します。
WDSの設定がない場合は、"WDSの設定はありません"を表示します。

ステータス

接続先との接続状態を表示します。

接続先MACアドレス

接続先のMACアドレスを表示します。

SSID

設定しているSSIDを表示します。

VLAN ID

設定しているVLAN IDを表示します。

受信信号強度

受信信号の強度を表示します。

WDSアクセスポイント

WDSアクセスポイント情報

WDSステーション

WDS ステーション情報