1. 概要

本製品では、クラスターとして WPS 機能を設定できますが、本製品自体では WPS 機能は使用できません。ご注意ください。
WPS (Wi-Fi Protected Setup) は 無線子機のWPA2セキュリティ設定をかんたん・手軽に設定するための機能です。WPS機能を搭載するWLXシリーズはプッシュボタン方式とPIN方式に対応しています。
プッシュボタン方式は本機・子機のボタンを押すことで接続・およびセキュリティ設定を完了することができます。PIN方式はアクセスポイントもしくは子機に表示される8桁もしくは4桁の数字を入力することでセキュリティ設定を完了することができます。
また、外部レジストラを使用した設定にも対応しています。

2. 注意事項

  • WPS 機能はVAP9でのみ動作します。

  • WPS 機能はセキュリティ設定 Open、WPA-PSK / WPA2-PSK、WPA2-PSKのいずれかのセキュリティ設定で動作します。その他のセキュリティ設定では使用できません。

  • WPS 機能が有効であるとき、SSIDの通知を無効にすることはできません。常にSSIDが通知されます。

  • WPS 機能をサポートしたファームウェアを工場出荷状態で起動すると、VAP9にSSID / WPA2-PSK が自動的に設定されます。機能が不要な場合は、VAP9を無効に設定してください。

  • PIN 方式は初期状態で無効になっています。

  • PIN 方式による設定が連続して失敗すると、WPS 機能のPIN 方式は自動的に停止されます。機能の回復には機器の再起動もしくは設定の再送信が必要になります。

  • WPS 機能による接続設定が完了した子機はクラスター内の全てのAPに接続できます。また、クラスター内のAP間でローミングも行えます。

  • プッシュボタン方式を使用した接続設定は、マスターAP / スレーブAPに関わらず実行できます。

  • PIN 方式もしくはバーチャルプッシュボタン方式(GUI上のボタンをクリックする方式)は、仮想コントローラーのGUIで操作を行います。

  • 外部レジストラを有効にしていると、本機のSSID / PSK 設定が変更されることがあります。本機のSSID / PSK が変更されると既に接続設定を終えていた子機が接続できなくなります。

  • WPS機能が有効であるVAPでは Captive Portal 機能を使用できません。

  • WPS機能が有効であるVAPでは MACアドレスフィルタリング機能 および MAC認証機能は使用できません。WPS機能が有効であるとき、全てのMACアドレスからの接続要求を許可します。

  • WPS設定を行うアクセスポイントと子機は通信可能範囲にいる必要があります。なるべく機器に近付いて操作をしてください。

  • PIN 方式はマスターAPでのみ動作します。そのため設定を行う無線子機はマスターAPの通信可能な範囲で操作を行う必要があります。

  • 本製品では、クラスターとして WPS 機能を設定できますが、本製品自体では WPS 機能は使用できません。ご注意ください。

  • クラスター内にWPS機能を搭載するAPが存在する場合は、そのAPではWPS機能が使用できます。

  • WPS機能を使用するためにはクラスター内のすべてのAPの機器名称が18文字以下に設定されている必要があります。機器名称は仮想コントローラーGUIのWeb GUI [基本管理]-[クラスターAP管理] から設定できます。

3. 対応ファームウェアリビジョン

WPS機能は以下のモデル・リビジョンで対応しています。

モデル ファームウェア

WLX413

Rev.22.00.01以降

4. 設定・操作方法

4.1. WPS機能の設定

本機能を有効に設定する手順です。

4.1.2. VAP9のWPSを設定する

VAP9の設定
VAP9の設定

「WPS」に「使用する」を選択し「設定」ボタンをクリックします。

VAP9の設定
VAP9の設定

4.1.3. 設定送信を行う

設定した内容を反映させるために設定送信を行います。
仮想コントローラーの[設定送信] - [設定送信] を開き、 [送信] ボタンを押します。