1. 概要

WDS(Wireless Distribution System)とは、無線でアクセスポイント同士を接続する機能です。
WDS ブリッジ機能を利用することによって、無線の通信距離を延長したり、電波の届きにくいエリアを カバーできます。
WDS ブリッジ機能は、アクセスポイントに設定されているすべてのVLANのデータを接続したアクセスポイント間で送受信できます。

2. 注意事項

  • WDS ブリッジ機能は WLX313 同士の接続でのみ使用できます。

  • WDS ブリッジ機能は工場出荷状態のとき設定できます。

  • Rev.18.00.02を使用するときは、WDS ブリッジ機能を使用するWLX313のDHCPクライアント機能を無効にして使用してください。IPアドレスが正常に割り当てられないことがあります。

  • WDSブリッジ機能を設定すると機器は初期状態ではなくなるため、DHCPクライアントがアドレス取得できないときであっても"192.168.100.240/24"は割り当てられません。Controller-APもしくはシリアルポートからIPアドレスを設定してください。

  • WDS リピーター機能と併用することはできません。

  • WDS ブリッジで接続できる WLX313 は、親機から見て一段目の子機までです。多段接続はできません。

  • WDS ブリッジで接続をするときは、図のように構成をループ状にしないように設定してください。ループを作ってしまうと大量のブロードキャストフレームが送信されることになり、通信障害が発生します。

  • WDS ブリッジ機能とLAN MAPは併用できません。LAN MAPはWDSブリッジ接続したアクセスポイントを表示できません。

    通信障害が発生する構成

3. 対応ファームウェアリビジョン

WLX313 は、以下のファームウェアで WDS ブリッジ機能をサポートしています。

ファームウェア

Rev.18.00.02以降

4. 詳細

WDS ブリッジ機能を使用することで WDS ブリッジ接続状態にある無線アクセスポイントを Member-AP として Controller-AP で管理できます。通常の Member-AP と同様に WDS 接続している Member-AP に Controller-AP から設定を送信できます。

また、以下のメリットがあります。

  • WDS ブリッジ接続に関する設定処理が自動で行われるため、機器の設定が簡略化できる。

  • WDS ブリッジ接続は VAP に依存しないため 16個の VAP すべてが無線クライアント用に使用できる。

5. 設定・操作方法

WDS ブリッジ機能を利用するための手順を以下に示します。

  1. 管理用のアクセスポイント(Controller-AP)を用意する。

    (WDS 接続するアクセスポイントとは別に用意する)

  2. 2台のアクセスポイント(Member-AP)を WDS ブリッジ接続する。

  3. 手順2の WDS ブリッジ接続された Member-AP を管理用のアクセスポイント(Controller-AP)のグループに追加する。

  4. 管理用のアクセスポイント(Controller-AP)からグループメンバーに設定情報を送信する。

5.1. WDS ブリッジ接続

WDS ブリッジ接続は Web 設定画面 から設定できません。工場出荷状態で、AP 本体の"CONFIG"ボタンを長押しすることで設定を行います。
ここでは、Controller-AP 側の有線 LAN に接続する AP を WDS アクセスポイントとして設定し、WDS アクセスポイントに無線 LAN で接続する AP を WDS ステーションとして設定する手順を説明します。

(もし役割を逆にすると無線 LAN で接続する AP 側に Controller-AP から設定送信できないため注意してください)

接続構成
  1. 工場出荷状態の AP を2台用意し、起動させます。WDS アクセスポイントにする AP を Controller-AP 側の有線 LAN に接続します。

    (工場出荷状態でないと本設定は行えません)

  2. WDS アクセスポイントとして設定する AP の"CONFIG"ボタンを、天面ランプが低速点滅するまで長押しします。

    (約3秒以上9秒未満)

  3. WDS ステーションとして設定する AP の"CONFIG"ボタンを、天面ランプが高速点滅するまで長押しします。

    (約9秒以上15秒未満)

  4. 両方の AP の天面と天面を向かい合わせ、WDS ブリッジ接続が完了するのを待ちます。天面ランプが点滅から点灯に変われば接続成功です。点灯は数秒後に消灯します。天面ランプが点灯せずに消灯してしまった場合は、再度、手順1から行います。

5.1.1. 状態表示画面

[保守] - [システム / ステータス情報] で WDS の情報を表示します。表示する内容は以下の項目です。

表示項目 説明

No.

無線情報の登録番号を表示します。

CH

使用しているチャンネルを表示します。

インターフェース動作モード

"WDS アクセスポイント" または "WDS ステーション" を表示します。
WDS の設定がない場合は、 "WDS の設定はありません" を表示します。

ステータス

接続先との接続状態を表示します。

接続先 MAC アドレス

接続先の MAC アドレスを表示します。

SSID

設定している SSID を表示します。

VLAN ID

設定している VLAN ID を表示します。

受信信号強度

受信信号の強度を表示します。

WDS アクセスポイント

WDS アクセスポイント情報

WDS ステーション

WDS ステーション情報

5.2. WDS 設定を行った Member-AP を Controller-AP のグループに追加

用意した WLX313 を Web 設定画面 [基本設定] - [コントローラー 設定] から、Controller-AP に設定します。

コントローラー設定

Controller-AP に設定した AP の Web 設定画面 [グループ AP 管理] - [グループ AP の追加 / 削除] から、 WDS アクセスポイント、 WDS ステーションの設定を行った AP をグループに追加します。
[発見した AP 一覧] から 追加する AP をチェックして [設定] ボタンを押します。

メンバー AP 追加

5.2.1. グループメンバー表示画面 (1)

グループに追加された AP は Web 設定画面 [グループ AP 管理] - [グループ AP の一覧] から確認できます。

グループ AP 一覧

5.2.2. グループメンバー表示画面 (2)

また、グループに追加された AP が WDS の場合、 Web 設定画面 [無線設定] - [共通] - [WDS ブリッジ] - [WDS ブリッジ AP 一覧] からも確認できます。

WDS ブリッジ一覧

5.3. Controller-AP から 自身の AP と Member-AP に設定情報を送信

5.3.1. VAP 設定

Web 設定画面 [無線設定] - [共通] - [SSID 管理] - [VAP 設定] から、無線クライアント用の VAP を設定します。

以下の内容を入力して [設定] ボタンを押します。

  • インターフェース動作モード : vap

  • バインドする無線モジュール : 2.4GHz 5GHz(1) 5GHz(2)

  • SSID : wlx313-vap1

  • 認証方式 : WPA2-PSK

  • 暗号化方式 : AES

  • PSK (事前共有鍵) : 適宜

VAP 設定

5.3.2. 設定送信

6.3.1. VAP 設定 で設定した無線情報を自身の AP と Member-AP に送信します。

Web 設定画面 [設定送信] - [設定送信] 送信先欄の送信先にチェックをつけ、 [送信] ボタンを押すことにより設定が反映されます。

設定送信

5.3.3. 設定送信後の状態表示画面

Controller-AP

Web 設定画面 [保守] - [システム / ステータス情報] から無線状態が確認できます。

無線設定後の無線状態 Controller

Web 設定画面 [グループ AP 管理] - [グループ AP の一覧] からグループに登録されている AP の無線状態が確認できます。

無線設定後のグループ AP の一覧

Member-AP WDS アクセスポイント

Web 設定画面 [保守] - [システム / ステータス情報] から無線状態が確認できます。

無線設定後の無線状態 Member WDS-AP

Member-AP WDS ステーション

Web 設定画面 [保守] - [システム / ステータス情報] から無線状態が確認できます。

無線設定後の無線状態 Member WDS-STA