1. 概要

本製品では、現在時刻を使用する機能が数多くあります。
しかし本製品には現在時刻を保存する機能はなく、再起動すると現在時刻は初期値に戻ります。
また、一度設定しても時間経過によって実際の現在時刻とは「ずれ」が生じます。

よって、現在時刻は一度だけでなく定期的に設定する必要があります。

2. 注意事項

  • 本製品は現在日時を保存しません。再起動すると現在日時は初期値に戻ります。
    NTPサーバーによる自動調整を行うように設定することを推奨します。

3. 対応ファームウェアリビジョン

このページで説明する内容は、以下のファームウェアを対象としています。

ファームウェア

Rev.18.00.02以降

4. 詳細

4.1. 基本機能

起動直後の現在時刻は、日本時間で「2018/01/01 09:00:00」です。

4.2. 設定・操作方法

基本設定 - 日付と時刻
基本設定 - 日付と時刻

4.2.1. 手動設定

本製品に内蔵されている時計の日付と時刻を手動で設定します。
[基本設定] - [日付と時刻] ページを開いたときの時刻が自動的に入力されます。

手順
  1. 「下記設定時刻に変更する」にチェックを入れる。

  2. 日付と時刻を入力します。

  3. 「設定」ボタンを押すことで、日付と時刻が設定されます。

4.2.2. 問い合わせ先NTPサーバー

日付と時刻を取得するNTPサーバーを、IPアドレスまたはホスト名で設定します。
問合せ先NTPサーバーが設定された状態で「即時設定」ボタンを押すと、即座にNTPサーバーとの時刻同期が行われます。

NTPサーバーは近くのものを指定した方がよいです。
利用可能なNTPサーバーについては、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

4.2.3. NTPサーバーによる自動調整

NTPサーバーへの問合せを行うトリガーを設定します。
「起動時に時刻を設定する」にチェックを入れた場合は、本製品を起動した後に1回だけ時刻同期を行います。
「定期的に時刻を設定する」にチェックを入れた場合は、時刻同期を行う日時を設定してください。