対象ファームウェアリビジョン

このページで説明する内容は、以下のファームウェアを対象としています。

ファームウェア

Rev.18.00.06以降

01 無線端末の接続 / 切断

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

Yes

[80211] <0101> Received AUTH REQ from STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

AP {BSSID}は、STA ({STA_MACADDR})から認証フレーム(Authentication)を受信した。

02

debug

Yes

[80211] <0102> Sent AUTH REQ to STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

AP {BSSID}は、STA ({STA_MACADDR})に認証フレーム(Authentication)を送信した。

03

debug

Yes

[80211] <0103> Received ASSOC REQ from STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

AP {BSSID}は、STA ({STA_MACADDR})から接続要求(Association)を受信した。

04

debug

Yes

[80211] <0104> Sent ASSOC REQ to STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

AP {BSSID}は、STA ({STA_MACADDR})に接続応答(Association)を送信した。

05

info

Yes

[80211] <0105> STA ({STA_MACADDR}) associated. | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})は、AP {BSSID}に接続(Association)した。

06

info

Yes

[80211] <0106> Maximum number of clients was exceeded. | FREQ <{FREQ}>

{FREQ}のインターフェースの最大接続端末数を超過したため、クライアントの接続は行えない。

07

info

Yes

[80211] <0107> Maximum number of clients was exceeded. | AP <{BSSID}>

{BSSID}の最大接続端末数を超過したため、クライアントの接続は行えない。

08

info

Yes

[80211] <0108> Maximum number of key caches was exceeded. | FREQ <{FREQ}>

{FREQ}のインターフェースの最大キーキャッシュを超過したため、クライアントの接続は行えない。

09

info

Yes

[80211] <0109> Received DEAUTH from STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})から認証解除フレーム(Deauthentication)を受信した。

10

debug

Yes

[80211] <0110> Received DEAUTH from STA ({STA_MACADDR}). Reason Code: {REASON}| AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})から理由コード{REASON} (※1) により認証解除フレーム(Deauthentication)を受信した。

11

info

Yes

[80211] <0111> Received DEAUTH from AP ({AP_MACADDR}). | WDS-STA <{WDS-STA_MACADDR}>

AP ({AP_MACADDR})から認証解除フレーム(Deauthentication)を受信した。

12

info

Yes

[80211] <0112> Sent DEAUTH to STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})に認証解除フレーム(Deauthentication)を送信した。

13

info

Yes

[80211] <0113> STA ({STA_MACADDR}) disconnected. | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})が切断した。

14

info

Yes

[80211] <0114> Inactivity timer expired. Disconnecting STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})は300秒以上無通信であったため、切断を行う。

15

info

Yes

[80211] <0115> Sent DISASSOC to STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})に接続解除フレーム(Disassociation)を送信した。

16

info

Yes

[80211] <0116> Sent DISASSOC to AP ({AP_MACADDR}). | WDS-STA <{WDS-STA_MACADDR}>

AP ({AP_MACADDR})に接続解除フレーム(Disassociation)を送信した。

17

info

Yes

[80211] <0117> Received DISASSOC from STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})から接続解除フレーム(Disassociation)を受信した。

18

info

Yes

[80211] <0118> Received DISASSOC from AP ({AP_MACADDR}). | WDS-STA <{WDS-STA_MACADDR}>

AP ({AP_MACADDR})から接続解除フレーム(Disassociation)を受信した。

19

info

Yes

[80211] <0119> Detected STA ({STA_MACADDR}) roaming. | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})がローミング(他のAPに接続)したことを検出した。

20

info

Yes

[80211] <0120> Session timer for STA ({STA_MACADDR}) expired. | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のセッションタイマーの有効期限が切れた。

21

info

Yes

[80211] <0121> Inactivity timer expired. Deleted management information for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})の無通信期間が過ぎたためSTA管理情報を削除する。

22

info

Yes

[80211] <0122> STA ({STA_MACADDR}) connection was rejected due to MAC Address Filtering. | AP <{BSSID}>

MACアドレスフィルタリングによりSTA ({STA_MACADDR})の接続が拒否された。

23

debug

Yes

[80211] <0123> Sent DEAUTH to STA ({STA_MACADDR}). Reason Code: {REASON} | AP <{BSSID}>

理由コード{REASON} (※1) により STA ({STA_MACADDR})に認証解除フレーム(Deauthentication)を送信した。

24

debug

Yes

[80211] <0124> Sent DISASSOC to STA ({STA_MACADDR}). Reason Code: {REASON} | AP <{BSSID}>

理由コード{REASON} (※1) により STA ({STA_MACADDR})に接続解除フレーム(Disassociation)を送信した。

25

debug

Yes

[80211] <0125> Received DISASSOC from STA ({STA_MACADDR}). Reason Code: {REASON} | AP <{BSSID}>

理由コード{REASON} (※1) により STA ({STA_MACADDR})から接続解除フレーム(Disassociation)を受信した。

26

debug

Yes

[80211] <0126> STA ({STA_MACADDR}) connection was filtered due to Client Connection Equalizer. | AP <{BSSID}>

ロードバランスの設定によりSTA ({STA_MACADDR})の接続が拒否された。

27

info

Yes

[80211] <0127> Sent Band Steering Request Message to STA ({STA_MACADDR}). Rate: {TX_RATE} Mbps RSSI: {RSSI} | AP <{BSSID}>

11v/11kフレームがSTA ({STA_MACADDR})に送信された。

28

info

Yes

[80211] <0128> MAC AUTH started for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のMAC認証を開始した。

29

info

Yes

[80211] <0129> MAC AUTH completed for STA ({STA_MACADDR}). ACL cache {Yes/No} | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のMAC認証で認証された。

30

info

Yes

[80211] <0130> STA ({STA_MACADDR}) connection was rejected due to MAC AUTH. ACL cache {Yes/No} | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のMAC認証で認証されなかった。

  • (※1) 理由コードは IEEE 802.11 規格書を参照のこと

02 無線セキュリティー / 認証

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

Yes

[80211-SEC] <0201> Pairwise / Group key exchange started for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})との暗号化鍵の交換を開始した。

02

debug

Yes

[80211-SEC] <0202> Sent 4-Way handshake 1/4 message for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})に 4-Way handshake の1番目のメッセージを送信した。

03

debug

Yes

[80211-SEC] <0203> Received 4-Way handshake 2/4 message for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})から 4-Way handshake の2番目のメッセージを受信した。

04

debug

Yes

[80211-SEC] <0204> Sent 4-Way handshake 3/4 message for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})に 4-Way handshake の3番目のメッセージを送信した。

05

debug

Yes

[80211-SEC] <0205> Received 4-Way handshake 4/4 message for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})から 4-Way handshake の4番目のメッセージを受信した。

06

info

Yes

[80211-SEC] <0206> Pairwise / Group key exchange completed for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})との暗号化鍵の交換が完了した。

07

info

Yes

[80211-SEC] <0207> Group key exchange started for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})とのグループ暗号化鍵の交換を開始した。

08

debug

Yes

[80211-SEC] <0208> Sent Group Key handshake 1/2 message for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})に Group Key handshake の1番目のメッセージを送信した。

09

debug

Yes

[80211-SEC] <0209> Received Group Key handshake 2/2 message for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})から Group Key handshake の2番目のメッセージを受信した。

10

info

Yes

[80211-SEC] <0210> Group key exchange completed for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})とのグループ暗号化鍵の交換が完了した。

11

notice

Yes

[80211-SEC] <0211> Pairwise / Group key exchange failed for STA ({STA_MACADDR}). Invalid MIC detected. | AP <{BSSID}>

無効なMICを検出したため、STA ({STA_MACADDR})との暗号化鍵の交換に失敗した。

12

info

Yes

[80211-SEC] <0212> RADIUS AUTH started for STA ({STA_MACADDR}). User-Name: {USER-NAME} EAP-Type: {EAP-TYPE-NAME} PMK cache: {Yes or No} PRE-Auth: {Yes or No} | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のRADIUS認証を開始した。

13

info

Yes

[80211-SEC] <0213> RADIUS AUTH completed for STA ({STA_MACADDR}). User-Name: {USER-NAME} EAP-Type: {EAP-TYPE-NAME} PMK cache: {Yes or No} PRE-Auth: {Yes or No} | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のRADIUS認証が成功した。

14

info

Yes

[80211-SEC] <0214> RADIUS AUTH failed for STA ({STA_MACADDR}). User-Name: {USER-NAME} EAP-Type: {EAP-TYPE-NAME} | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のRADIUS認証が失敗した。

15

info

Yes

[80211-SEC] <0215> Created PMK cache for STA ({STA_MACADDR}). Lifetime: {Session-Timeout} seconds. | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のPMKキャッシュを作成した。

16

info

Yes

[80211-SEC] <0216> Found PMK cache for STA ({STA_MACADDR}). Skipping RADIUS AUTH. | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のPMKキャッシュを発見したため、RADIUS認証をスキップする。

17

info

Yes

[80211-SEC] <0217> Deleted PMK cache for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

STA ({STA_MACADDR})のPMKキャッシュを削除した。

18

info

Yes

[80211-SEC] <0218> Reauth timer expired. Starting Reauth for STA ({STA_MACADDR}). | AP <{BSSID}>

有効期間が切れたため、STA ({STA_MACADDR})の再認証を実施する。

19

notice

No

[80211-SEC] <0219> Selected RADIUS AUTH Server ({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER}). | AP <{BSSID}>

RADIUSサーバー({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER})を使用する。

20

info

No

[80211-SEC] <0220> RADIUS AUTH Server ({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER}) is unreachable. | AP <{BSSID}>

RADIUSサーバー({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER})に到達できない。

21

notice

No

[80211-SEC] <0221> Use RADIUS ACCT Server ({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER}). | AP <{BSSID}>

RAIDUSアカウンティングサーバー({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER})を使用する。

22

info

No

[80211-SEC] <0222> RADIUS ACCT Server ({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER}) was unreachable. | AP <{BSSID}>

RADIUSアカウンティングサーバー({IP_ADDR}:{PORT_NUMBER})に到達できない。

23

notice

No

[80211-SEC] <0223> RADIUS AUTH failback timer ({auth_retry_primary_interval} sec.) expired. | AP <{BSSID}>

切り戻しタイマーが満了になったので、認証サーバーをプライマリRADIUSサーバーに切り替える。

24

notice

No

[80211-SEC] <0224> RADIUS ACCT failback timer ({auth_retry_primary_interval} sec.) expired. | AP <{BSSID}>

切り戻しタイマーが満了になったので、アカウンティングサーバーをプライマリRADIUSサーバーに切り替える。

03 DFS (Dynamic Frequency Selection)

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[80211-DFS] <0301> Started CAC. Stopped {CHANNEL} CH ({FREQ} MHz) radio for 60 sec.

チャンネル使用前確認を開始した。{CHANNEL} CHの無線は60秒間使用できない。

02

info

No

[80211-DFS] <0302> Ended CAC. Started {CHANNEL} CH ({FREQ} MHz) radio.

チャンネル使用前確認が終了した。{CHANNEL} CHの無線の使用を開始する。

03

info

No

[80211-DFS] <0303> Radar detected on {CHANNEL} CH. Disabled {CHANNEL} CH for 30 min.

レーダーを検出した。{CHANNEL} CHは30分間使用禁止となった。

04

info

No

[80211-DFS] <0304> Channel is changed to {CHANNEL} CH.

{CHANNEL} CHに無線チャンネルを変更する。

05

info

No

[80211-DFS] <0305> Enabled {CHANNEL} CH.

30分経過したため、{CHANNEL} CHは使用可能となった。

06

info

No

[80211-DFS] <0306> Could not change any channel due to disabling all channels.

すべてのチャンネルが使用不可能であるためチャンネル変更できなかった。

07

info

No

[80211-DFS] <0307> Failback to {CHANNEL} CH.

{CHANNEL} CH へのチャンネル切り戻し処理を行った。

08

info

No

[80211-DFS] <0308> Automatic Channel Failback was canceled. Configured channel {CHANNEL} CH is disabled by radar detection.

レーダー波検知により、{CHANNEL} CH は使用できないため、チャンネル切り戻し処理をキャンセルした。

09

info

No

[80211-DFS] <0309> Automatic Channel Failback was canceled. Connected client exists.

端末が接続していたため、チャンネル切り戻し処理をキャンセルした。

04 送信出力自動調整 (Automatic Power Control)

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[80211-APC] <0401> Transmit power changes to {POWER}. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

送信出力を{POWER}に変更した。

02

notice

No

[80211-APC] <0402> No change transmit power. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

送信出力は変更されない。

03

debug

No

[80211-APC] <0403> Num of SMA RSSI = {NUMBER}, Lowest SMA RSSI = {RSSI} [dBm], RSSI THRSH = {THRSH} [dBm] | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

デバッグ用の送信出力自動調整機能のパラメータを出力した。

04

debug

No

[80211-APC] <0404> Canceled transmit power control due to no RSSI data. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

RSSIのデータが取得できないため、送信出力変更の処理がキャンセルされた。

05

debug

No

[80211-APC] <0405> Canceled transmit power control due to lack of RSSI data. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

RSSIのデータが欠けたため、送信出力変更の処理がキャンセルされた。

05 チャンネル自動選択 (Automatic Channel Selection)

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

notice

No

[80211-ACS] <0501> Automatic Channel Selection started. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

チャンネル自動選択処理を開始した。

02

info

No

[80211-ACS] <0502> {CHANNEL} ch ({FREQUENCY} MHz) was selected. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

チャンネル自動選択機能により{CHANEL} chが選択された。

03

notice

No

[80211-ACS] <0503> Canceled Automatic Channel Selection due to existing connected client. | FREQ {2.4GHz or 5GHz}

端末が接続中であったためチャンネル自動選択処理をキャンセルした。

04

debug

No

[80211-ACS] <0504> Start waiting for ACS (wait-time: {SEC} sec) by Inter-AP channel adjustment. | FREQ {2.4GHz or 5GHz(1) or 5GHz(2)}

"wait-time"オプションが指定された。チャンネル自動選択を"wait-time"後に実行する。

05

info

No

[80211-ACS] <0505> Restart ACS for Inter-AP channel adjustment. | FREQ {2.4GHz or 5GHz(1) or 5GHz(2)}

"wait-time"が経過したため、チャンネル自動選択を開始する。

06 無線LANコントローラー (Controller-AP)

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[WLC-CON] <0601> WLAN-Controller (Controller-AP) started.

無線LANコントローラー機能 (Controller-AP) のプロセスを開始した。

02

info

No

[WLC-CON] <0602> WLAN-Controller (Controller-AP) could not start.

無線LANコントローラー機能 (Controller-AP) のプロセスを開始できなかった。

03

info

No

[WLC-CON] <0603> WLAN-Controller (Controller-AP) stopped.

無線LANコントローラー機能 (Controller-AP) のプロセスを停止した。

04

info

No

[WLC-CON] <0604> Found AP ({AP_MACADDR}).

AP({AP_MACADDR}) を発見した。

05

info

No

[WLC-CON] <0605> Lost AP ({AP_MACADDR}).

AP({AP_MACADDR}) との通信ができなくなった。

06

info

No

[WLC-CON] <0606> Configuration sending to AP ({AP_MACADDR}) started.

AP({AP_MACADDR}) へのコンフィグの送信を開始した。

07

info

No

[WLC-CON] <0607> Configuration sending to AP ({AP_MACADDR}) completed.

AP({AP_MACADDR}) へのコンフィグの送信が完了した。

08

info

No

[WLC-CON] <0608> Configuration sending to AP ({AP_MACADDR}) failed.

AP({AP_MACADDR}) へのコンフィグの送信に失敗した。

09

debug

No

[WLC-CON] <0609> Transfer config dropped block ({BLOCK_NUM}).

コンフィグ送信中にパケット({BLOCK_NNUM})がドロップした。

10

debug

No

[WLC-CON] <0610> Cannot get message-id: {REASON}

メッセージIDを取得できなかった。

11

debug

No

[WLC-CON] <0611> Transfer config cannot open.

送信予定のコンフィグファイルをオープンできなかった。

12

debug

No

[WLC-CON] <0612> Transfer config read error.

送信するコンフィグファイルをリードできなかった。

07 無線LANコントローラー (Member-AP)

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[WLC-MBR] <0701> WLAN-Controller (Member-AP) started.

無線LANコントローラー機能 (Member-AP) のプロセスを開始した。

02

info

No

[WLC-MBR] <0702> WLAN-Controller (Member-AP) stopped.

無線LANコントローラー機能 (Member-AP) のプロセスを停止した。

03

info

No

[WLC-MBR] <0703> Configuration receiving from AP ({AP_MACADDR}) failed.

AP({AP_MACADDR}) からのコンフィグの受信に失敗した。

04

debug

No

[WLC-MBR] <0704> Transfer config dropped block ({BLOCK_NUM}).

コンフィグ受信中にパケット({BLOCK_NNUM})がドロップした。

05

debug

No

[WLC-MBR] <0705> Transfer config access violation.

コンフィグの転送において、アクセス属性が違反している。

06

debug

No

[WLC-MBR] <0706> Transfer config deny in processing.

送受信したコンフィグを反映中なのでコンフィグの受信を受け付けない。

07

debug

No

[WLC-MBR] <0707> Transfer config cannot open.

保存先ファイルをオープンできなかった。

08

debug

No

[WLC-MBR] <0708> Transfer config cannot write.

保存先ファイルに書き込みできなかった。

09

debug

No

[WLC-MBR] <0709> Transfer config CRC error({HASH} {HASH}).

受信したコンフィグファイルがCRCエラーになった。

10

info

No

[WLC-MBR] <0710> Applying received config started.

コンフィグの反映を開始した。

11

debug

No

[WLC-MBR] <0711> Line {NUMBER}: {COMMAND}

該当コマンドをコンフィグに反映させた。

12

info

No

[WLC-MBR] <0712> Applying received config completed.

コンフィグの反映が完了した。

13

debug

No

[WLC-MBR] <0713> Applying config {PROGRESS} %.

コンフィグの反映の進捗率を表示する。

14

info

No

[WLC-MBR] <0714> Log collection client stopped (port:{PORT_NUM})

ログ収集クライアントを停止した。

15

debug

No

[WLC-MBR] <0715> Try establish connection for log collection. {IP}:{PORT_NUM}

ログ収集用の接続の確立を試みている。

16

info

No

[WLC-MBR] <0716> Connection for log collection established to Controller-AP.

Controller-APとログ収集用の接続が確立した。

17

info

No

[WLC-MBR] <0717> Received from {IP}:{MESSAGE}

Controller-APからエラーが通知された。

18

debug

No

[WLC-MBR] <0718> Over max connection for log collection. {IP}:{PORT_NUM}

ログ収集用のコネクション数が上限を超えたため、接続を拒否した。

19

debug

No

[WLC-MBR] <0719> Connection for log collection closed. {IP} : CODE:{CODE_NUM}

ログ収集用の接続が閉じられた。

20

debug

No

[WLC-MBR] <0720> Invalid header {IP}:{PORT_NUM}

受信パケットのヘッダーが不正。

21

debug

No

[WLC-MBR] <0721> Invalid payload {IP}:{PORT_NUM}

受信パケットのデータが不正。

22

debug

No

[WLC-MBR] <0722> Invalid packet(NEGO_ACK) {IP}:{PORT_NUM}

ネゴシエーション時の受信パケットのACKビットが不正。

23

debug

No

[WLC-MBR] <0723> Invalid packet(TRANSFER_ACK) {IP}:{PORT_NUM}

ログ転送時の受信パケットのACKビットが不正。

24

debug

No

[WLC-MBR] <0724> Sending {TYPE} to Controller-AP

Controller-APに無線ログを送信中。

25

info

No

[WLC-MBR] <0725> Sent {TYPE} to Controller-AP

Controller-APに無線ログを送信した。

26

debug

No

[WLC-MBR] <0726> Sent {TYPE} from {IP}

対向APから無線ログが送信された。

27

debug

No

[WLC-MBR] <0727> Continuous receive transfer_packet ({TYPE_NUM}) from {IP}

対向APから転送パケットを受信した。

28

debug

No

[WLC-MBR] <0728> ERROR : open file {FILE_NAME}

ログファイルがオープンできない。

29

info

No

[WLC-MBR] <0729> Revision Updating request received.

リビジョンアップリクエストを受信した。

08 WDS アクセスポイント

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

Yes

[WDS-AP] <0801> Connecting WDS-STA ({STA_MACADDR}) completed.

WDS-STA ({STA_MACADDR})との接続が完了した。

02

info

Yes

[WDS-AP] <0802> Disconnecting WDS-STA ({STA_MACADDR}) completed.

WDS-STA ({STA_MACADDR})との切断が完了した。

09 WDS ステーション

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

Yes

[WDS-STA] <0901> Connecting WDS-AP ({AP_MACADDR}) completed.

WDS-AP ({AP_MACADDR})との接続が完了した。

02

info

Yes

[WDS-STA] <0902> Disconnecting WDS-AP ({AP_MACADDR}) completed.

WDS-AP ({AP_MACADDR})との切断が完了した。

50 YMPI

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

debug

No

[YMPI] <5001> YMPI started.

内部のメッセージ交換サービス"YMPI"を開始した。

02

debug

No

[YMPI] <5002> YMPI could not start.

内部のメッセージ交換サービス"YMPI"を開始できなかった。

03

debug

No

[YMPI] <5002> Failed to accept a connection.

接続の確立に失敗した。

04

debug

No

[YMPI] <5003> Failed to recv message.

メッセージの受信に失敗した。

05

debug

No

[YMPI] <5004> Failed to parse message.

メッセージの解析に失敗した。

51 システム

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[SYSTEM] <5101> WLX313 Rev.{REVISION} ({BUILD_DATE}) started.

システムの起動が完了した。

02

info

No

[SYSTEM] <5102> AP Restarting.

システムが再起動した。

03

info

No

[SYSTEM] <5103> Downloading firmware.

ファームウェアをダウンロードしている。

04

info

No

[SYSTEM] <5104> Failed to download firmware. ({REASON})

理由{REASON}によりファームウェアのダウンロードに失敗した。

05

info

No

[SYSTEM] <5105> Revision Updating to Rev.{REVISION}. ({METHOD})

ファームウェアの更新中。

06

info

No

[SYSTEM] <5106> Revision Updating completed.

ファームウェアの更新が完了した。

07

info

No

[SYSTEM] <5107> Revision Updating failed due to invalid firmware. ({REASON})

ファームウェアが不正なためファームウェアの更新ができなかった。

08

info

No

[SYSTEM] <5108> Revision Updating failed due to writing error.

書き込みエラーによりファームウェアの更新ができなかった。

09

info

No

[SYSTEM] <5109> Login GUI from {CLIENT_IPADDR}.

Web設定画面にログインした。

10

info

No

[SYSTEM] <5110> Logout GUI from {CLIENT_IPADDR}.

Web設定画面からログアウトした。

11

info

No

[SYSTEM] <5111> Completed NTP Synchronization. {DATE_AND_TIME} offset {OFFSET_SEC} sec

NTPサーバーへの同期が完了した。

12

info

No

[SYSTEM] <5112> {IP_ADDR} was assigned by DHCP.

DHCPよりIPアドレスを取得した。

13

notice

No

[SYSTEM] <5113> Log messages were saved to FLASH Memory.

ログメッセージが不揮発性メモリに書き込まれた。

14

info

No

[SYSTEM] <5114> Restoring configuration file. ({METHOD})

設定ファイルを復元した。

15

info

No

[SYSTEM] <5115> Restoring config: Format error on line {LINE_NUM}. Skip the line.

コンフィグの復元: {LINE_NUM}行目にフォーマットエラーがあるのでその行をスキップする。

16

info

No

[SYSTEM] <5116> Importing CSV file. ({TARGET})

CSVファイルをインポートする。

17

info

No

[SYSTEM] <5117> Importing CSV ({TARGET}): Format error on line {LINE_NUM}. Skip the line.

CVSファイルのインポート: {LINE_NUM}行目にフォーマットエラーがあるためその行をスキップする。

18

info

No

[SYSTEM] <5118> Wired LAN interface ({INTERFACE_NAME}:{PORT_NUM}): Link UP

有線インターフェースがリンクアップした。

19

info

No

[SYSTEM] <5119> Wired LAN interface ({INTERFACE_NAME}:{PORT_NUM}): Link DOWN

有線インターフェースがリンクダウンした。

20

info

No

[SYSTEM] <5120> Wireless LAN interface ({FREQ} / {INTERFACE_NUM}): UP

無線インターフェースがUpした。

21

info

No

[SYSTEM] <5121> Wireless LAN interface ({FREQ} / {INTERFACE_NUM}): DOWN

無線インターフェースがDownした。

52 RADIUSサーバー

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[RADIUSD] <5201> RADIUS server started.

RADIUS サーバー機能のプロセスを開始した。

02

info

No

[RADIUSD] <5202> RADIUS server stopped.

RADIUS サーバー機能のプロセスを停止した。

03

info

No

[RADIUSD] <5203> Authentication succeeded. User-Name: {USER-NAME}

ユーザー認証に成功した。

04

info

No

[RADIUSD] <5204> Authentication failed. User-Name: {USER-NAME}

ユーザー認証に失敗した。

05

info

No

[RADIUSD] <5205> Connected SSID is not allowed. User-Name: {USER-NAME} SSID: {CONNECTED_SSID}

このSSIDの接続は許可されていない。

06

info

No

[RADIUSD] <5206> STA MAC address is not allowed. User-Name: {USER-NAME} STA: {STA_MACADDR}

端末のMACアドレスの接続は許可されていない。

07

info

No

[RADIUSD] <5207> User ID not Found. User-Name:{USER-NAME}

ユーザーIDが見つからなかった。

08

info

No

[RADIUSD] <5208> Authentication Credential incorrect. User-Name:{USER-NAME} Reason:{REASON}

ユーザー認証で使用された資格情報が正しくない。{REASON}には"Password failure / Unknown CA / Certificate revoked / Certificate expired / Other"のいずれかが入る。

09

debug

No

[RADIUSD] <5209> Authentication Credential incorrect. User-Name:{USER-NAME} Reason:{REASON}

debug用にログ<5208>より詳細な{REASON}が出力される。

53 DHCPサーバー

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[DHCPD] <5301> DHCP server started.

DHCPサーバー機能のプロセスを開始した。

02

info

No

[DHCPD] <5302> DHCP server stopped.

DHCPサーバー機能のプロセスを停止した。

03

info

No

[DHCPD] <5303> IP address ({IP_ADDR}) was allocated. ({MACADDR})

IPアドレスを割り当てた。

04

info

No

[DHCPD] <5304> IP address ({IP_ADDR}) was released. ({MACADDR})

割振っていたIPアドレスが解放された。

05

info

No

[DHCPD] <5305> IP address ({IP_ADDR}) allocation was extended. ({MACADDR})

IPアドレスの割り当てを延長した。

06

info

No

[DHCPD] <5306> IP address ({IP_ADDR}) was declined from the client. ({MACADDR})

IPアドレスの割り当てはクライアントから拒否された。

07

info

No

[DHCPD] <5307> No IP address could be allocated due to DHCP pool exhaustion. ({MACADDR})

DHCPで払い出すアドレスが枯渇したためIPアドレスを割り当てることができなかった。

54 L2MS

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[L2MS] <5401> L2MS(slave) started.

L2MSスレーブ機能のプロセスを開始した。

02

info

No

[L2MS] <5402> L2MS(slave) stopped.

L2MSスレーブ機能のプロセスを停止した。

03

info

No

[L2MS] <5403> Locked by controller ({CON_MACADDR}).

L2MSコントローラーの制御下に入った。

04

info

No

[L2MS] <5404> Unlocked by controller ({CON_MACARRR}).

L2MSコントローラーの制御下から外れた。

05

info

No

[L2MS] <5405> L2MS was enabled.

L2MSスレーブ機能が有効になった。

06

info

No

[L2MS] <5406> L2MS was disabled.

L2MSスレーブ機能が無効になった。

07

info

No

[L2MS] <5407> L2MS was disabled and unlocked by controller ({CON_MACADDR}).

L2MS機能が無効になり、L2MSコントローラーの制御下から外れた。

08

debug

No

[L2MS] <5408> Dropped block({BLOCK_NUM}) during transmission config.

パケットが欠落したためコンフィグの送信に失敗した。

09

debug

No

[L2MS] <5409> Dropped block({BLOCK_NUM}) during reception config.

アクセス違反のためコンフィグの受信に失敗した。

10

debug

No

[LSM2] <5410> Transfer config read error({ERR_NUM}).

コンフィグの送信中に読み出しエラーが発生した

11

debug

No

[L2MS] <5411> Transfer config cannot open.

ファイルオープンエラーが発生したためコンフィグの送信に失敗した。

12

debug

No

[L2MS] <5412> Transfer config cannot write({ERR_NUM}).

コンフィグの送信中に書き込みエラーが発生した。

13

debug

No

[L2MS] <5413> Transfer config CRC error({HASH} {HASH}).

ハッシュ値が一致しないためコンフィグの送信に失敗した。

14

info

No

[L2MS] <5414> Applying received config started.

コンフィグの適用処理を開始した。

15

debug

No

[L2MS] <5415> Line {NUMBER}: {COMMAND}.

適用中のコマンドの表示

16

info

No

[L2MS] <5416> Applying received config completed.

コンフィグの適用処理が完了した。

17

debug

No

[L2MS] <5117> Applying config {PROGRESS} %.

コンフィグを適用中。PROGRESSは進捗率。

55 メール通知

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[MAIL] <5501> Mail Notification Process started. (TYPE: {TYPE})

メール通知機能のプロセスを開始した。

02

info

No

[MAIL] <5502> Mail Notification Process completed. (TYPE: {TYPE})

メール通知機能のプロセスを完了した。

03

info

No

[MAIL] <5503> Mail Notification Process failed. (TYPE: {TYPE})

メール通知機能のプロセスが失敗した。

04

info

No

[MAIL] <5504> Waiting for 30 seconds to pass.

30秒後にメール通知をリトライする。

05

info

No

[MAIL] <5505> Connecting to mail server succeeded.

メールサーバーとの接続が確立した。

06

info

No

[MAIL] <5506> Connecting to mail server failed.

メールサーバーとの接続を確立できなかった。

07

info

No

[MAIL] <5507> Mail sending succeeded.

メールの送信が成功した。

08

info

No

[MAIL] <5508> Mail sending failed.

メールの送信が失敗した。

09

info

No

[MAIL] <5509> Mail sending is retried. (COUNT: {COUNT})

メールの送信をリトライした。

56 LAN-無線連動機能

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[KEEPALIVE] <5601> Disable Wireless LAN.

無線LANを無効にした。

02

info

No

[KEEPALIVE] <5602> Enable Wireless LAN.

無線LANを有効にした。

03

info

No

[KEEPALIVE] <5603> unreachable Echo Request to {IP_ADDR}.

{IP_ADDR}に対して到達性がないと判断した。

04

info

No

[KEEPALIVE] <5604> reachable Echo Request to {IP_ADDR}.

{IP_ADDR}に対して到達性があると判断した。

05

info

No

[KEEPALIVE] <5605> Not found IP address.

IPアドレスまたはVLANが正しく設定されていない。

06

info

No

[KEEPALIVE] <5606> Not found default gateway.

デフォルトゲートウェイが設定されていない。

07

info

No

[KEEPALIVE] <5607> Not found default gateway in DHCP lease information.

DHCPのリース情報にデフォルトゲートウェイが含まれていない。

08

info

No

[KEEPALIVE] <5608> Target IP address {IP_ADDR} cannot be used.

{IP_ADDR}は宛先として使用できない。

09

debug

No

[KEEPALIVE] <5609> SEND Echo Request to {IP_ADDR}.

{IP_ADDR}に対してICMP Echo Requestを送信した。

10

debug

No

[KEEPALIVE] <5610> RECV Echo Reply from {IP_ADDR}.

{IP_ADDR}からICMP Echo Replyを受信した。

57 Captive Portal

メッセージ番号 Severity Airlink メッセージ 説明

01

info

No

[CP] <5701> Login STA ({STA_MACADDR}). CP: {CPNUMBER} E-Mail: {EMAILADDRESS} Timer: {REAUTHTIMER} min.

Captive Portalでユーザー認証が成功し、STA ({STA_MACADDR})がネットワークを使用できる状態になった。

02

info

No

[CP] <5702> Logout STA ({STA_MACADDR}). CP: {CPNUMBER} E-Mail: {EMAILADDRESS} REASON: {REASON}

STA ({STA_MACADDR})がネットワークを使用できない状態になった。

03

debug

No

[CP] <5703> Redirected HTTP request to CP page by STA ({STA_MACADDR}). CP: {CPNUMBER}

STA ({STA_MACADDR})のHTTPリクエストをCaptive Portalページに転送した。

04

info

No

[CP] <5704> {IP_ADDR} was assigned by DHCP. CP: {CPNUMBER}

Captive Portalページが使用するIPアドレス {IP_ADDR} をDHCPで取得した。(このログが表示されるのはController-APのみである)

05

info

No

[CP] <5705> Maximum number of CP clients was exceeded.

Captive Portal機能で扱えるクライアント数の制限値を超えたため、クライアントの認証処理が失敗した。


※Airlink欄が Yes となっている項目は、airlink log の設定によってログ出力のon/offが切り替わります。