ネットボランチ専用ユーティリティ
(御案内と配布)


[ WWWサーバ機能の脆弱性について ]

[ RTA50i / RTA50iのFAQ (files) / RTA50iの設定例集 ]
[ リビジョンアップの御案内]
[ マニュアル / ファームウェア / ユーティリティ ]
[ ネットボランチ・ホームページ / お問い合せ先 ]


[ 目次 ]


[ RTA50i専用ユーティリティ ]


[ かんたんパソコン設定のダウンロード ]

  1. 動作可能なOSについて

  2. それでは、ダウンロードしてみましょう。
    それぞれのご利用環境に応じたユーティリティをクリック(ダウンロード)して下さい。

    種類更新日サイズファイル名
    Windows版 2010/Jul/21 1,769,384バイト RTAut120.exe
    Macintosh版 2010/Jul/21 384,128バイト RTAut120.sit


[ Windows XP対応モデム定義(.inf)ファイルのダウンロード ]

Windows XP対応モデム定義ファイル (RTA50i/RTA52i共通)

[ Windows版ユーティリティ ]


[ Macintosh版ユーティリティ ]

  1. ダウンロードプログラムの実行 (指定ディレクトリへの復元/解凍)

    1. ダウンロードしたファイルを確認する。

      • RTAut121.sit: 配布ファイル
      • RTA50i: 解凍されたファイルのあるフォルダ

    2. [ RTA50i ]フォルダが作られていないときは?

      自動解凍されない場合は、StuffIt Expanderのインストールが必要です。

    3. [ RTA50i ]フォルダの中に以下のファイルがある。

      • お読みください: ダウンロード後、最初にお読み頂く文書
      • CCLファイル: CCLを収めたフォルダ
      • かんたんパソコン設定: 起動プログラム
      • ユーティリティ: プログラムのフォルダ

  2. 使い方

    「解凍フォルダ:RTA50i:お読みください」をお読みください。

  3. 配付版 Ver 1.21の変更点

  4. 配付版 Ver 1.20の変更点 (製品のCD-ROM版との差分情報)


[ 関連情報へのリンク ]


[ WWWサーバ機能の脆弱性について ]

[ RTA50i / RTA50iのFAQ (files) / RTA50iの設定例集 ]
[ リビジョンアップの御案内]
[ マニュアル / ファームウェア / ユーティリティ ]
[ ネットボランチ・ホームページ / お問い合せ先 ]


※「戻る/進む」はブラウザの履歴が使用されます
[ ヤマハルーター / ネットボランチ / 検索 / RFC / 技術資料 / 設定例集 / RT's FAQ ]