LAN側やルータ機能の設定例


DHCP機能を利用してIPアドレスを固定割り当てする方法


作成日2000/Mar/07
最終変更日2018/Nov/06
文書サイズ 30KB


[ 概要 ]


[ DHCP機能を利用してIPアドレスを固定割り当てする方法 ]

  1. RTA50iを工場出荷状態に設定します。

    工場出荷状態のルータにアクセスすると....

    1. 「IPアドレスを自動取得する」に設定した端末上のWWWブラウザで、 ルータにアクセスする( http://192.168.0.1/ )します。
    2. パスワードの設定画面が表示され、パスワードを設定します。
    3. パスワードの設定が終ると、パスワード入力が求められます。
    4. ユーザ名は空欄、パスワードには設定したパスワードを入力します。
    5. 「かんたん設定ページへようこそ」が表示されます。

  2. (おまけ) コンソール(シリアルまたはtelnet)を使って、 工場出荷状態ののDHCP機能の状態を確認するコンソール操作です。

    Password:         
    
    RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
      Copyright (c) 1994-2000 Yamaha Corporation.
    00:a0:de:00:00:fa
    Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    > administrator
    Password:         
    # show config
    # RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    # MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    # Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.254/24
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    # show dhcp
    DHCPサービス: Server
    DHCPスコープ: 1
      IPアドレスの範囲: 192.168.0.2-192.168.0.254
          ネットマスク: 24
            リース時間: 72時間 0分
        最大リース時間: 72時間 0分
    # show dhcp status
    DHCPスコープ番号: 1
       ネットワークアドレス: 192.168.0.0
                   割り当て中アドレス: 192.168.0.2
     クライアントイーサネットアドレス: 00:80:98:e0:ee:6f
                         リース残時間: 2日 23時間 59分 7秒
     スコープの全アドレス数: 253
             除外アドレス数: 0
       割り当て中アドレス数: 1
         利用可能アドレス数: 252
    # quit
    > quit
    
    ※かんたん設定でアクセスすると設定は、少し変ることがあります。

  3. 工場出荷状態のの画面を表示し ます。

    システム管理
    と選択することにより、コマンド入力設定ログが参照できます。

    YAMAHA
    システム管理:内部情報

    Config表示 Syslogへ
    設定内容を表わすものです。直接コマンドを入力して設定を変更することもできます。
    #	RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    #		MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    #		Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    login password *
    administrator password *
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.191/24
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


    Syslog表示 Configへ
    各種状態やパケットのやりとりを表わすものです。「最新情報」ボタンで更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。
    2000/03/07 09:00:07: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:00:09: RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000) starts
    2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:02:54: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:02:57: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:38: Logout from TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:59: Configure save in Nonvolatile memory
    

  4. IPアドレスを固定割り当てする端末のMACアドレス(物理アドレス)を調べよう!

    • のDCHPログで、IPアドレス割り 当て記録を調べます。

      2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
      

      このようなログで「00:80:98:e0:ee:6f」のように表示されていま す。

    • Windows95/Windows98など

      winipcfg.exeで表示される 「アダプタアドレス」の項目で「00-80-98-e0-ee-6f」のように表示されています。

    • WindowsNT/Windows2000など

      ipconfg.exeを 「ipconfig /all」と実行します。 「Physical Address」の項目で「00-80-98-e0-ee-6f」のように表示されています。

    • Macintosh (OpenTransport, TCP/IP)

      [アップルメニュー]→[コントロールパネル]→[AppleTalk] →経由先:[Ethernet]→[情報]で、表示される「AppleTalk情報」で 確認できます。 「ハードウェア アドレス」の項目で「00 80 98 e0 ee 6f」のように表示されています。

  5. IPアドレスを固定割り当てする設定をしよう!

    MACアドレスが「00:80:98:e0:ee:6f」である機器のIPアドレスを 「192.168.0.100」と固定割り当てする設定コマンドを入力します。

    以下のコマンドを「コマンド入力」の入力枠に入力して ボタンを押します。
    dhcp scope bind 1 192.168.0.100 00:80:98:e0:ee:6f
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


  6. 入力結果が報告されましたか?

    システム管理:内部情報:コマンド入力
    コマンド dhcp scope bind 1 192.168.0.100 00:80:98:e0:ee:6f を入力しました。

    入力確認情報で、正しく入力できたか確認します。 ボタンで、 画面に戻ります。

  7. コマンド入力が設定に反映されているか確認します。

    YAMAHA
    システム管理:内部情報

    Config表示 Syslogへ
    設定内容を表わすものです。直接コマンドを入力して設定を変更することもできます。
    #	RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    #		MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    #		Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    login password *
    administrator password *
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.191/24
    dhcp scope bind 1 192.168.0.100 00:80:98:e0:ee:6f
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


    Syslog表示 Configへ
    各種状態やパケットのやりとりを表わすものです。「最新情報」ボタンで更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。
    2000/03/07 09:00:07: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:00:09: RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000) starts
    2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:02:54: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:02:57: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:38: Logout from TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:59: Configure save in Nonvolatile memory
    

  8. DHCPサーバ機能の割り当て領域が変更になりました。

    IPアドレスの割り当て領域の設定が変更されましたが、 Windows98に新しいIPアドレスは割り当てられておりません。 winipcfg.exeで [すべて解放(A)]→[すべて書き換え(W)]を実行します。

    すこし時間が掛りますが、Windows98のIPアドレスが「192.168.0.2」に代わって、 「192.168.0.100」が割り当てられます。

    telnetを接続したままIPアドレスの変更操作([すべて解放(A)]→[すべて書 き換え(W)])が行なわれると、telnetは接続を継続できなくります。 機器によっては、その後、telnetで接続できなくなることがありますので、 IPアドレスの変更操作を行なう場合には、telnetは事前に切断しておくように 注意しましょう。

  9. (おまけ) コンソール(シリアルまたはtelnet)を使って、 新しいIPアドレスを割り当てた後のDHCP機能の状態を確認するコンソール操作です。

    Password:         
    
    RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
      Copyright (c) 1994-2000 Yamaha Corporation.
    00:a0:de:00:00:fa
    Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    > administrator
    Password:         
    # show config
    # RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    # MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    # Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    login password *
    administrator password *
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.191/24
    dhcp scope bind 1 192.168.0.100 00:80:98:e0:ee:6f
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    # show dhcp
    DHCPサービス: Server
    DHCPスコープ: 1
      IPアドレスの範囲: 192.168.0.2-192.168.0.191
          ネットマスク: 24
            リース時間: 72時間 0分
        最大リース時間: 72時間 0分
          予約アドレス: 192.168.0.100 = 00:80:98:e0:ee:6f
    # show dhcp status
    DHCPスコープ番号: 1
       ネットワークアドレス: 192.168.0.0
                   割り当て中アドレス: 192.168.0.100
     クライアントイーサネットアドレス: 00:80:98:e0:ee:6f
                         リース残時間: 2日 23時間 58分 55秒
     スコープの全アドレス数: 190
             除外アドレス数: 0
       割り当て中アドレス数: 1
         利用可能アドレス数: 189
    # show log
    2000/03/07 09:00:07: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:00:09: RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000) starts
    2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:02:54: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:02:57: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:38: Logout from TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:59: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:05:57: same message repeated 2 times
    2000/03/07 09:05:57: [DHCPD] Allocates 192.168.0.100: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:06:34: Login succeeded for Serial
    2000/03/07 09:06:35: Logout from Serial
    2000/03/07 09:06:43: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:06:45: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    # quit
    > quit
    

  10. 画面で、 ボタンを押して、 最新状態のログを表示して、IPアドレスの割り当て状態を確認します。

    YAMAHA
    システム管理:内部情報

    Config表示 Syslogへ
    設定内容を表わすものです。直接コマンドを入力して設定を変更することもできます。
    #	RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    #		MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    #		Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    login password *
    administrator password *
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.191/24
    dhcp scope bind 1 192.168.0.100 00:80:98:e0:ee:6f
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


    Syslog表示 Configへ
    各種状態やパケットのやりとりを表わすものです。「最新情報」ボタンで更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。
    2000/03/07 09:00:07: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:00:09: RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000) starts
    2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:02:54: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:02:57: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:38: Logout from TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:59: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:05:57: same message repeated 2 times
    2000/03/07 09:05:57: [DHCPD] Allocates 192.168.0.100: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:06:34: Login succeeded for Serial
    2000/03/07 09:06:35: Logout from Serial
    2000/03/07 09:06:43: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:06:45: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:07:26: Logout from TELNET: 192.168.0.100
    

  11. IPアドレスを固定割り当て設定を削除しよう!

    MACアドレスが「00:80:98:e0:ee:6f」である機器のIPアドレスを 「192.168.0.100」と固定割り当てする設定コマンドである以下の コマンドを削除します。
    dhcp scope bind 1 192.168.0.100 00:80:98:e0:ee:6f
    

    192.168.0.100」を予約するコマンドは、以下のコマンドにより 削除することができます。
    dhcp scope unbind 1 192.168.0.100
    

    以下のコマンドを「コマンド入力」の入力枠に入力して ボタンを押します。
    dhcp scope unbind 1 192.168.0.100
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


  12. 入力結果が報告されましたか?

    システム管理:内部情報:コマンド入力
    コマンド dhcp scope unbind 1 192.168.0.100 を入力しました。

    入力確認情報で、正しく入力できたか確認します。 ボタンで、 画面に戻ります。

  13. コマンド入力が設定に反映されているか確認します。

    YAMAHA
    システム管理:内部情報

    Config表示 Syslogへ
    設定内容を表わすものです。直接コマンドを入力して設定を変更することもできます。
    #	RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    #		MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    #		Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    login password *
    administrator password *
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.191/24
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


    Syslog表示 Configへ
    各種状態やパケットのやりとりを表わすものです。「最新情報」ボタンで更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。
    2000/03/07 09:00:07: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:00:09: RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000) starts
    2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:02:54: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:02:57: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:38: Logout from TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:59: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:05:57: same message repeated 2 times
    2000/03/07 09:05:57: [DHCPD] Allocates 192.168.0.100: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:06:34: Login succeeded for Serial
    2000/03/07 09:06:35: Logout from Serial
    2000/03/07 09:06:43: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:06:45: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:07:26: Logout from TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:09:43: Configure save in Nonvolatile memory
    

  14. DHCPサーバ機能の割り当て領域が元に戻りました。

    IPアドレスの割り当て領域の設定が変更されましたが、 Windows98に新しいIPアドレスは割り当てられておりません。 winipcfg.exeで [すべて解放(A)]→[すべて書き換え(W)]を実行します。

    Windows98のIPアドレスが「192.168.0.100」に代わって、 「192.168.0.2」が割り当てられるような気がしますが、 実際は「192.168.0.100」のままです。

    これは、Windows98が以前割り当てられたIPアドレスを覚えていて、 できるだけ前回と同じIPアドレスを割り当てて欲しいと要求するためです。

  15. 画面で、 ボタンを押して、 最新状態のログを表示して、IPアドレスの割り当て状態を確認します。

    YAMAHA
    システム管理:内部情報

    Config表示 Syslogへ
    設定内容を表わすものです。直接コマンドを入力して設定を変更することもできます。
    #	RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000)
    #		MAC Address : 00:a0:de:00:00:fa
    #		Memory 4Mbytes, 1LAN, 1BRI
    login password *
    administrator password *
    ip lan address 192.168.0.1/24
    dhcp service server
    dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.191/24
    analog supplementary-service pseudo call-waiting
    
    コマンド入力 Configへ
    ブラウザで入力可能なコマンドには制限があります。ping や traceroute などの実行コマンドや、help や show で始まる表示コマンドは使えません。


    Syslog表示 Configへ
    各種状態やパケットのやりとりを表わすものです。「最新情報」ボタンで更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。
    2000/03/07 09:00:07: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:00:09: RTA50i Rev.3.04.44 (Fri Jan 14 09:42:53 2000) starts
    2000/03/07 09:02:20: [DHCPD] Allocates 192.168.0.2: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:02:54: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:02:57: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:38: Logout from TELNET: 192.168.0.2
    2000/03/07 09:03:59: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:05:57: same message repeated 2 times
    2000/03/07 09:05:57: [DHCPD] Allocates 192.168.0.100: 00:80:98:e0:ee:6f
    2000/03/07 09:06:34: Login succeeded for Serial
    2000/03/07 09:06:35: Logout from Serial
    2000/03/07 09:06:43: Login succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:06:45: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:07:26: Logout from TELNET: 192.168.0.100
    2000/03/07 09:09:43: Configure save in Nonvolatile memory
    2000/03/07 09:10:35: [DHCPD] Allocates 192.168.0.100: 00:80:98:e0:ee:6f
    


[ トラブル対策 ]

[ 関連情報 ]

[ パソコンの設定に関する情報 ]



[ RTA50i (FAQ , 設定例集 / LAN側やルータ機能の設定例 (files) ]