ヤマハRTシリーズのネットワークゲームのための設定ヒント


ネットワークアプリケーションの個別対策方法(静的IPマスカレード)


作成日1998/Sep/29
最終変更日2018/Nov/06
文書サイズ 18KB


[ 個別対策方法 ]


[ 確実な解決策 ]

  1. LAN-TA機能

    NetVolante RTA52iなどのLAN-TA機能を持ったルータでLAN-TA接続をする

    LAN-TA機能とは Microsoft社のWindows95やWindows98などの 「Microsoft(R) VPN Adapter/ マイクロソフト(R)仮想プライベートネットワーク」 という機能を利用して、LAN上の端末(Windows)からTAを使用しているような PPP接続(PPP Adapterおよびダイヤルアップネットワーク) を利用可能とする機能です。

  2. TA機能

    NetVolante RTA50iNetVolante RTA52iなどのTA機能を持ったルータでTA接続をする

  3. NAT

    アドレス変換されると利用できないアプリケーションは、 NATが利用できません。


[ CU-SeeMe ]


[ VDO Live ]


[ ICQ ]


[ IP Messenger (ipmsg) ]


[ hotline (HL,ホットライン) ]


[ Apple, QuickTime4 ]


[ IRC ]


[ Microsoft, NetMeeting ]


[ MSN Messenger Service 3.0 または NetMeeting 3.01 ]

 

[ アプリケーションの個別対策 ]

  1. ネットワークゲームの個別対策方法(静的IPマスカレード)
  2. DirectX(DirectPlay)対応ネットワークゲームの個別対策方法
  3. ネットワークアプリケーションの個別対策方法(静的IPマスカレード)
  4. ネットワークアプリケーションの個別対策方法(TA,NAT,or else)
  5. PlayOnlineTMおよびFINAL FANTASY(R) XIの設定方法


[ RTA50i用設定例 (files) ]


[ RTA52i用設定例 (files) ]


[ RTシリーズの設定方法 ]

  1. コンソールによるの設定操作の紹介
  2. RT80iのWWW設定によるの設定操作の紹介
  3. ネットボランチ RTA50iのWWW設定によるの設定操作の紹介
  4. ネットボランチ RTA52iのWWW設定によるの設定操作の紹介
  5. ゲーム端末のIPアドレスを固定する方法


[ 参考情報 ]



[ ネットワークゲームのための設定ヒント (files) / RTA50i用設定例 (files) / RTA52i用設定例 (files) ]
[ コンソール設定 / NAT / NATディスクリプタ / NATとIPマスカレードのFAQ ]