YMS-VPN8-CP(同時接続ライセンス版)のFAQ
(よくある質問とその答え)


[ RTシリーズFAQ / YMS-VPN8-CP's FAQ ]


作成日2020/May/11
最終変更日 2020/May/18
文書サイズ 15KB


[製品]

  1. 製品を購入した際の納品物を教えてください
  2. 1台のルーターに同時接続ライセンス版を複数登録することは可能でしょうか?
    また、その際の同時接続数は最大何台でしょうか?
  3. 同時接続ライセンス版を1台のルーターに複数登録した場合、PC側のライセンスはどのように登録すればよいでしょうか?
  4. VPN対地数が1000のRTX3500の場合、YMS-VPN8-CP10×100ライセンス、もしくはYMS-VPN8-CP100×10ライセンスを購入すれば、1000台のクライアント端末をVPN接続できるという理解でよいでしょうか?
  5. Mac OS/iOS/AndroidなどのWindows以外のOSでの使用は可能でしょうか?
  6. YMS-VPN8のライセンス数より多く同時接続されてしまった場合、クライアントPCの動作はどうなりますか?

[有償保守]

  1. 有償保守サービスを更新しなかった場合、2年目以降も「同時接続ライセンス(YMS-VPN8-CP)」は使用可能でしょうか?
  2. なぜ同時接続ライセンス版のみ有償保守なのでしょうか?
  3. 購入して現在利用中の同時接続ライセンス証書をなくしてしまいましたが、ライセンスキーを確認する方法はありますか?
  4. 登録したメールアドレスが分からない/もう使えないため、ユーザー登録サイトにアクセスできません
  5. 「同時接続ライセンス版(YMS-VPN8-CP)」を3年前に購入して有償保守には加入していません。「同時接続ライセンス版(YMS-VPN8-CP)」を追加で購入したいのですが、保守はどのようにすればよいでしょうか?
  6. 同時接続ライセンスを追加で購入しましたが、保守の期間をそろえることはできますか?また、保守契約を1本にまとめることはできますか?
  7. 保守更新の案内はどういった形で届きますか?
  8. 初年度ライセンス購入時に、次年度以降の有償保守サービスの同時購入は可能でしょうか?

[保守遡及]

  1. 保守期間が切れてから有償保守を申し込んだ際の起算日はいつになりますか?
  2. 問い合せをしたいのですが有償保守が切れていました。どのようにすればよいでしょうか?
  3. 有償保守を遡って発注しましたが、保守証書が届いていません。問い合わせは可能でしょうか?
  4. ライセンスの遡り加入は何年まで可能でしょうか?

[試用版]

  1. 今30日間の試用ライセンスを使用していますが、ライセンス証書が届きました。どのようにライセンスを適用すればよいでしょうか?
  2. 試用ライセンスは30日後以降は使えなくなりますか?

[製品]

  1. 製品を購入した際の納品物を教えてください

    ライセンスキーを記載したライセンス証書を送付いたします。

    証書には「ルーターキー」と「クライアントキー」が記載されています。ソフトウェアは、証書に記載のサイトへユーザー登録していただくことによりダウンロードが可能となります。

    証書のサンプルは以下になります。
    lisence

  2. 1台のルーターに同時接続ライセンス版を複数登録することは可能でしょうか?また、その際の同時接続数は最大何台でしょうか?

    1台のルーターに複数の同時接続ライセンス版を登録することは可能です。

    最大接続数はルーターのVPN対地数になります。ルーターの対地数は「トンネルの数(VPNの対地数)に制限はありますか? 」を参照してください。

    ルーター同士の拠点間接続でも、VPNを使用している場合はその分もVPN対地数の合計に含まれます。

  3. 同時接続ライセンス版を1台のルーターに複数登録した場合、PC側のライセンスはどのように登録すればよいでしょうか?

    PC側のライセンスキーはどれをご利用いただいても結構です。

    ルーターに登録されている複数のライセンスキーの最大数まで、同時接続は可能です。
    http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/example/vpnclient/ymsvpn8cp.html#license-add

  4. VPN対地数が1000のRTX3500の場合、YMS-VPN8-CP10×100ライセンス、もしくはYMS-VPN8-CP100×10ライセンスを購入すれば、1000台のクライアント端末をVPN接続できるという理解でよいでしょうか?

    「他に拠点間VPN接続を行っておらず、Windows端末からのリモートVPNのみ」という条件でしたら、その通りです。

    1000台で使用するが同時接続は行わない場合は、同時接続を行うクライアント端末数分の同時接続ライセンスをご購入ください。

  5. Mac OS/iOS/AndroidなどのWindows以外のOSでの使用は可能でしょうか?

    YMS-VPN8はWindows用のソフトウェアになりますので、Mac OS/iOS/Androidでご利用いただくことはできません。

    また、Mac OSについては弊社ルーター製品とのL2TP/IPsec(VPN)接続の動作確認が取れておりませんので、サポート対象外になります。

    Android/iOSについてはOSデフォルトのVPN設定を利用したヤマハルーターとの接続確認済みで、設定例も公開しております。VPNクライアントソフトウェアをご購入いただく必要はありません。

  6. YMS-VPN8のライセンス数より多く同時接続されてしまった場合、クライアントPCの動作はどうなりますか?

    ライセンス数以上の接続を受けることはできません。例えば、YMS-VPN8-CP100の場合、101台目以降は接続することはできません。

    ソフトウェア上では“VPN接続が失敗しました。接続設定が正しいことを確認してください。”という接続エラーを示すメッセージが表示されます。トンネル超過を示すエラーメッセージではないため、ルーターのログを同時にご確認いただく必要があります。ルーターのログは「YMS-VPN8-CPの設定例」を参照してください。

[有償保守]

  1. 有償保守サービスを更新しなかった場合、2年目以降も「同時接続ライセンス版(YMS-VPN8-CP)」は使用可能でしょうか?

    原則として有償保守の更新をお願いしていますが、更新しない場合も製品のご利用は可能です。

    有償保守を更新されずに期限が切れた状態でお問い合わせいただいた場合は、サポートをお受けすることはできません。

  2. なぜ同時接続ライセンス版のみ有償保守なのでしょうか?

    同時接続ライセンス版には、インストールが可能なPCの台数に制限はありません。障害発生時の再現や切り分けのケースが多岐に渡るため、他製品とは異なる保守スキームを適用させていただいております。

  3. 購入して現在利用中の同時接続ライセンス証書をなくしてしまいましたが、ライセンスキーを確認する方法はありますか?

    ルーターのconfigにライセンスキーが記載されています。ipsec ike license-keyコマンドで設定されている行がそれにあたります。

    ユーザー登録をしたメールアドレスが分かれば、ユーザー登録サイトからも確認が可能です。
    https://www.yamaha.co.jp/router/regist/index.php

  4. 登録したメールアドレスが分からない/もう使えないため、ユーザー登録サイトにアクセスできません

    登録情報の照会、変更が必要な場合は、紙面でのみ受け付けられます。

    ご登録時の企業名、住所宛てに書類を送付しますので、必要事項を記入してご返送いただければ照会、変更が可能です。

    照会、変更が必要な場合は、ヤマハルーターお客様ご相談センター(https://network.yamaha.com/support/contact)にお問い合わせください。

  5. 「同時接続ライセンス版(YMS-VPN8-CP)」を3年前に購入して有償保守には加入していません。「同時接続ライセンス版(YMS-VPN8-CP)」を追加で購入したいのですが、保守はどのようにすればよいでしょうか?

    販売店経由で「同時接続ライセンス版(YMS-VPN8-CP)」の新規ライセンスをご購入ください。

    保守はライセンスごとの契約ですので新規購入分についての質問には回答いたしますが、保守有効期限切れのライセンスに関する質問には回答はいたしかねます。また、「同じルーターにライセンスを追加登録する方法」についてのご質問も回答できません。

  6. 同時接続ライセンスを追加で購入しましたが、保守の期間をそろえることはできますか?また、保守契約を1本にまとめることはできますか?

    保守はライセンス単位で年ごとの仕組みになっております。月割りなどでの調整の仕組みもありません。

    また、保守はライセンスごとに対して申し込んでいただく仕組みになっているため、一本化することはできません。

    複数の同時接続ライセンスをご購入のお客様は、お手数をお掛けすることになり申し訳ありません。

  7. 保守更新の案内はどういった形で届きますか?

    更新時期の1〜2か月前に、ユーザー登録で記載いただいたご担当者様宛に申込書を郵送いたします。

  8. 初年度ライセンス購入時に、次年度以降の有償保守サービスの同時購入は可能でしょうか?

    できません。次年度以後の有償保守サービスは次年度の更新時にご購入ください。

    その時点で、最長5年分をまとめてご購入が可能です。有償保守サービスは1〜5年でご選択いただけます。
    https://network.yamaha.com/support/warranty/vpn_cp/request_201905.pdf

[保守遡及]

  1. 保守期間が切れてから有償保守を申し込んだ際の起算日はいつになりますか?

    保守期間終了日の翌日が起算日となります。

  2. 問い合せをしたいのですが有償保守が切れていました。どのようにすればよいでしょうか?

    有償保守を必要期間分ご購入ください。

    年間保守ライセンスのため現在より1年以上の有効期間が残るように有償保守をご購入いただく必要があります。

    hosyu
  3. 有償保守を遡って発注しましたが、保守証書が届いていません。問い合わせは可能でしょうか?

    領収書など販売店での受付完了を示す証憑をご提示いただければ対応させていただきます。

  4. ライセンスの遡り加入は何年まで可能でしょうか?

    何年でも遡ることは可能です。

    有償保守ライセンスは最長5年になるので、5年以上の遡りの際は必要年数になるよう複数の保守ライセンスをご購入ください。

[試用版]

  1. 今30日間の試用ライセンスを使用していますが、ライセンス証書が届きました。どのようにライセンスを適用すればよいでしょうか?

    一度アンインストールしてから同時接続ライセンス版のソフトウェアをインストールしてください。

    同時接続ライセンス版のソフトウェアはユーザー登録サイトでライセンス登録後にダウンロード可能です。
    https://www.yamaha.co.jp/router/regist/index.php

    ソフトウェアライセンス版であれば、タスクトレイ内のYMS-VPN8アイコンのバージョン情報からライセンス入力が可能です。

  2. 試用ライセンスは30日後以降は使えなくなりますか?

    はい。ライセンス規定上、ご使用いただけません。


[ 関連情報 ]


[ RTシリーズFAQ / YMS-VPN8-CP's FAQ ]


※「戻る/進む」はブラウザの履歴が使用されます