「v6プラス」対応機能

$Date: 2018/08/31 05:43:14 $


概要

日本ネットワークイネイブラー株式会社が提供する「v6プラス」を利用してインターネット接続をする機能を提供します。

※「v6プラス」は、日本ネットワークイネイブラー株式会社の登録商標(または商標)です。


注意事項

「v6プラス」のサービスを提供しているプロバイダ等との契約が必要です。また、フレッツ光ネクスト回線でIPv6 IPoE接続の契約が必要です。

ONU直下での動作を推奨しますが、「v6プラス」に対応しておらず配下にIPv6アドレスを配布するホームゲートウェイであれば動作が可能です。「v6プラス」に対応したホームゲートウェイの配下では動作しません。

本機能は、ポートセービング IP マスカレード機能を使う必要があります。nat descriptor backward-compatibilityコマンドの設定値が1では正常に動作しません。

MAP-Eでは使用できるポート番号が限定されているため、特定のポート番号を使うアプリケーションは動作しません。また、LAN側にサーバーを構築し、WAN側からアクセスする事も困難です。

UDPの場合は、1セッション毎に1ポートを専有するので、割り当てられたポートの数だけしか通信できません。


対応機種とファームウェアリビジョン

ヤマハRTシリーズでは、以下の機種およびファームウェアで、「v6プラス」対応機能をサポートしています。

機種 ファームウェア
RTX830 Rev.15.02.03以降
NVR510 Rev.15.01.13以降
NVR700W Rev.15.00.14以降
RTX1210 Rev.14.01.28以降

詳細

「v6プラス」はMAP-Eという技術を使って実現しています。そのため、設定や状態の表示ではmap-eという文字を使います。

IPv6の通信は、フレッツ光ネクストで提供されるIPv6 IPoEを利用して行います。

IPv4のインターネットには、IPv4 over IPv6トンネルを利用して通信します。この時、トンネルに設定したIPマスカレードでグローバルIPv4アドレスに変換され、ポート番号が割り当てられます。 このグローバルIPv4アドレスやポート番号は、MAP-Eのマップルールに従って自動的に決定されます。これらを固定で設定する事はできません。

マップルールは、ルーターの起動後やトンネル設定後に、自動的にサーバーから取得します。取得したルールに従って、即時に、IPv4アドレスやポート番号を決定します。

マップルールを取得できていない時は、トンネルはダウンして通信はできません。


設定・操作方法

既存の以下のコマンドにmap-eというキーワードが設定できます。

コマンド

状態表示

show status tunnelコマンドでは、以下のように表示されます。
tunnel1# show status tunnel
TUNNEL[1]:
説明:
  インタフェースの種類: MAP-E
  IPv6: 2001:db8::1
  トンネルインタフェースは接続されています
  開始: 2018/01/19 15:53:05
  通信時間: 28分50秒
  受信: (IPv4) 2 パケット [184 オクテット]
        (IPv6) 0 パケット [0 オクテット]
  送信: (IPv4) 2 パケット [184 オクテット]
        (IPv6) 0 パケット [0 オクテット]

show nat descriptor addressコマンドでは、以下のように表示されます。
# show nat descriptor address
NAT/IPマスカレード 動作タイプ : 2
参照NATディスクリプタ : 1, 適用インタフェース : TUNNEL[1](1)
Masqueradeテーブル
    外側アドレス: map-e/203.0.113.1
    ポート範囲: 8176-8177, 12272-12273, 16368-16369, 20464-20465, 24560-24561,
28656-28657, 32752-32753, 36848-36849, 40944-40945, 45040-45041, 49136-49137, 5
3232-53233, 57328-57329, 61424-61425, 65520-65521   43 セッション
  -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-
      No.       内側アドレス    セッション数  ホスト毎制限数         種別
       1     192.168.100.240              41           65534         dynamic
       2       192.168.100.1               1           65534         dynamic
       3       192.168.100.2               1           65534         dynamic
---------------------
有効なNATディスクリプタテーブルが1個ありました
※マップルールが取得できていない時は、外側アドレスやポート範囲の情報は表示されません。

設定例

設定例 その1

設定例 その2

設定例 その3


関連文書