LANマップ/スイッチ制御GUI/Yamaha LAN Monitor 機能比較表

$Date: 2018/05/16 01:23:51 $


1. はじめに

本ドキュメントでは、L2MSマスターWeb GUI (※)、およびユーティリティの機能差分について記しています。

2018年05月16日時点での最新版で比較を行っています。

(※) 従来はL2MSのスレーブの管理を行う機器を「コントローラー」と呼称していましたが、機能を拡張していく中でより相応しい名称「マスター」に変更しました。

マスター

L2MSマスターWeb GUI マスター ファームウェアリビジョン
LANマップ(ルーター) RTX830 Rev.15.02.03
NVR510 Rev.15.01.09
NVR700W Rev.15.00.10
RTX1210 Rev.14.01.28
LANマップ(スイッチ) SWX3200-28GT
SWX3200-52GT
Rev.4.00.05
SWX3100-10G Rev.4.01.05
SWX2310P-10G
SWX2310P-18G
SWX2310P-28GT
Rev.2.02.06
SWX2300-24G
SWX2300-16G
SWX2300-8G
Rev.2.00.13
スイッチ制御GUI FWX120 Rev.11.03.22
RTX810 Rev.11.01.28
NVR500 Rev.11.00.35
RTX1200 Rev.10.01.75
ユーティリティ ソフトウェアバージョン
Yamaha LAN Monitor Ver.1.0.3

スレーブ

スレーブ種別 スレーブ ファームウェアリビジョン
スタンダードL3スイッチ SWX3200-28GT
SWX3200-52GT
Rev.4.00.05
ライトL3スイッチ SWX3100-10G Rev.4.01.05
インテリジェントL2スイッチ SWX2310P-10G
SWX2310P-18G
SWX2310P-28GT
Rev.2.02.06
SWX2300-24G
SWX2300-16G
SWX2300-8G
Rev.2.00.13
スマートL2スイッチ SWX2200-8PoE Rev.1.01.04
SWX2200-24G
SWX2200-8G
Rev.1.00.08
シンプルL2スイッチ SWX2100-10PoE Rev.3.03.02
SWX2100-5PoE Rev.3.02.01
SWX2100-24G Rev.3.04.02
SWX2100-16G Rev.3.01.29
SWX2100-8G Rev.3.00.31
無線アクセスポイント WLX313 Rev.18.00.02
WLX402 Rev.17.00.08
WLX302 Rev.12.00.19
WLX202 Rev.16.00.10
ルーター RTX830 Rev.15.02.03
NVR510 Rev.15.01.09
NVR700W Rev.15.00.10
RTX1210 Rev.14.01.28

2. マスターとスレーブの対応表

スレーブ L2MSマスターWeb GUI ユーティリティ
LANマップ(ルーター) LANマップ(スイッチ) スイッチ制御GUI Yamaha LAN Monitor
RTX830 NVR510 NVR700W RTX1210 SWX3200 SWX3100 SWX2310P SWX2300 FWX120 RTX810 NVR500 RTX1200
SWX3200-28GT
SWX3200-52GT
× × × × × × × ×
SWX3100-10G × × × × × × × ×
SWX2310P-10G
SWX2310P-18G
SWX2310P-28GT
× × × × × × × ×
SWX2300-24G
SWX2300-16G
SWX2300-8G
SWX2200-8PoE
SWX2200-24G
SWX2200-8G
SWX2100-10PoE
SWX2100-5PoE
SWX2100-24G
SWX2100-16G
SWX2100-8G
WLX313 × × × × × × × ×
WLX402
WLX302
WLX202
RTX830 × × × × × × × × ×
NVR510 × × × × × × × × ×
NVR700W × × × × × × × × ×
RTX1210 × × × × × × × × ×

3. L2MSマスターWeb GUI/ユーティリティ対応機能表

機能 L2MSマスターWeb GUI ユーティリティ
LANマップ(ルーター) LANマップ(スイッチ) スイッチ制御GUI Yamaha LAN Monitor
スレーブのトポロジー表示
スレーブの異常検知(ループ異常、給電異常など)
端末MACアドレス表示
端末IPアドレス表示(※1) ○(※2)
端末自動検出 ×
端末のメーカー自動判別 ○(※2) ×
WLX無線接続端末自動検出 ×
端末マスターによる端末情報編集 ×
スナップショット(スレーブのみ)
スナップショット(スレーブ+端末) ×
Web GUIを開いていないときにバックグラウンドで
スナップショット異常検知
× ×
機器検索 ○(※2) ×
機器一覧 ×
一覧マップ ○(※2) × ×
メール通知 × ×
タグVLAN一括設定 ○(※3)
(SWX2300未対応)
×
マルチプルVLAN一括設定 ×
各ポートの帯域使用量確認 × × ×
端末のping監視 × × ×
PoE端末自動再起動 × × ×

(※1) マスターと通信を行っていない端末のIPアドレスは表示されません。

(※2) SWX2300のL2MSマスターは対応していません。

(※3) NVR510、およびNVR700WのL2MSマスターは、SWX2200以外のスイッチには対応していません。


L2MSマスターWeb GUIから実行可能なスレーブごとの設定・操作は以下のとおりです。
マスターごとのスレーブ対応状況はマスターとスレーブの対応表をご参照ください。

スレーブ 機能 L2MSマスターWeb GUI ユーティリティ
LANマップ(ルーター) LANマップ(スイッチ) スイッチ制御GUI Yamaha LAN Monitor
SWX3200-28GT
SWX3200-52GT
SWX3100-10G
スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く ○ (※1) ○ (※2) × ×
IPアドレス設定 × ○ (※2) × ×
スイッチの指定方法の設定 ○ (※1) ○ (※2) × ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※1) ○ (※2) × ×
SWX2310P-10G
SWX2310P-18G
SWX2310P-28GT
スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く ○ (※1) ○ (※2) × ×
ポートの給電操作 ○ (※1) ○ (※2) × ×
IPアドレス設定 × ○ (※2) × ×
スイッチの指定方法の設定 ○ (※1) ○ (※2) × ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※1) ○ (※2) × ×
SWX2300-24G
SWX2300-16G
SWX2300-8G
スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く
IPアドレス設定 × × ×
スイッチの指定方法の設定 ○ (※1) ○ (※2) × ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※1) ○ (※2) × ×
SWX2200-8PoE スイッチの設定・保守、ポートの設定 △ (※3)
ポートの給電操作
スイッチの指定方法の設定 ×
バックアップ経路の設定 × ×
SWX2200-24G
SWX2200-8G
スイッチの設定・保守、ポートの設定 △ (※3)
スイッチの指定方法の設定 ×
バックアップ経路の設定 × ×
SWX2100-10PoE
SWX2100-5PoE
スイッチの保守
ポートの給電操作
SWX2100-24G
SWX2100-16G
SWX2100-8G
スイッチの保守
WLX313 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く ○ (※1) ○ (※2) × ×
IPアドレス設定 ○ (※1) ○ (※2) × ×
無線APの指定方法の設定 ○ (※1) ○ (※2) × ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※1) ○ (※2) × ×
WLX402 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く
IPアドレス設定 ×
無線APの指定方法の設定 ○ (※2) ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※2) ×
WLX302 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く
IPアドレス設定 ×
無線APの指定方法の設定 ○ (※2) ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※2) ×
WLX202 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く
IPアドレス設定 ×
無線APの指定方法の設定 ○ (※2) ×
CONFIG取得・CONFIGの一括操作 ○ (※2) ×
RTX830 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く × × ×
NVR510 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く × × ×
NVR700W スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く × × ×
RTX1210 スレーブのWeb GUIをプロキシー経由で開く × × ×

(※1) NVR510、およびNVR700WのL2MSマスターは対応していません。

(※2) SWX2300のL2MSマスターは対応していません。

(※3) スイッチの設定の表示のみ可能です。


各機能の詳細については、関連情報の技術資料をご参照ください。


4. 関連情報


[EOF]