優先制御

$Date: 2017/10/11 10:53:51 $

LANインタフェースで優先制御を行う場合の参考情報です。

優先制御の総合的な情報及びBRI/PRI回線インタフェースで優先制御/帯域制御 を行う場合の情報は、 RTシリーズのFAQ / Queue をご参照ください。


対応機種とファームウェア

機種 ファームウェア
RTX830 Rev.15.02.01以降
NVR510 Rev.15.01.02以降
NVR700W Rev.15.00.02以降
RTX1210 Rev.14.01.05以降
RTX5000 Rev.14.00.08以降
RTX3500 Rev.14.00.08以降
FWX120 Rev.11.03.02以降
RTX810 Rev.11.01.04以降
NVR500 Rev.11.00.06以降
RTX1200 Rev.10.01.07以降
SRT100 Rev.10.00.08以降
RT58i Rev.9.01.09以降
RTX3000 Rev.9.00.08以降
RT107e Rev.8.03.15以降
RTX1100 Rev.8.02.31以降
RTX1500 Rev.8.02.14以降
RTV700 Rev.8.00.23以降
RT57i Rev.8.00.11以降
RTX2000 Rev.7.01.26以降
RTX1000 Rev.7.01.04以降

動作概要

優先制御では、リアルタイム性が重視されるデータやロスを最小限に抑えたい データを、その他のデータよりも優先して送ることができます。

QoSの動作模式図

図: QoSの動作模式図

パケットは、クラス分け部でクラス毎に分類され、クラス別のキューに保存さ れます。スケジューラがクラス別キューを順番に見ることによって、パケット の出力順を制御します。優先制御の場合は、クラスの番号が大きい程優先順位 が高く、上位のクラスにパケットがある限りはスケジューラは下位のクラスか らパケットを取り出しません。

優先制御は、以下のコマンドで制御します。

queue class filter
queue INTERFACE class filter list
クラス分けを制御します。
queue INTERFACE length
queue INTERFACE class property
クラス別キューのパラメータを設定します。
(queue INTERFACE class propertyコマンドは優先制御では使用しません。)
queue INTERFACE type 優先制御を使うことを設定します。
speed INTERFACE スケジューラがキューからパケットを取り出す速度を設定します。

特に、LANインタフェースではspeed INTERFACEコマンドが重要です。このコマ ンドが設定されていないと、スケジューラは100Mbit/sあるいは10Mbit/sといっ たLANインタフェースの物理的な速度でキューからパケットを取り出そうとし ます。しかし、そもそも入力側からパケットが入ってくる速度も最大でLANイ ンタフェースの速度なので、パケットがキューに溜りません。パケットが溜ら ないと並べ替えを行なうことができず、優先制御を働かせることができません。 そのため、出力インタフェースでは実際のWAN回線の速度に応じてspeed INTERFACEコマンドでパケットの出力速度を調整する必要があります。


設定例

LAN2側の送出速度を10Mbit/sとしUDPパケットを優先させる

speed lan2 10m 送出帯域を10Mbit/sに制限します
queue lan2 type priority 優先制御を使用します
queue class filter 1 4 ip * * udp * * 優先するパケットのフィルタを定義します
queue lan2 class filter list 1 フィルタをインタフェースに適用します

LAN2側の送出速度を8Mbit/sとしSIP,RTP関連のパケットを優先させる

speed lan2 8m 送出帯域を8Mbit/sに制限します
queue lan2 type priority 優先制御を使用します
queue class filter 1 4 ip * * tcp * 5060 SIPで利用するTCPポートを優先します
queue class filter 2 4 ip * * udp * 5004-5060 SIPで利用するUDPポートを優先します
queue lan2 class filter list 1 2 フィルタをインタフェースに適用します

PPPoEで接続するLAN2の送出速度を10Mbit/sとしUDPパケットを優先させる

PPPoEでカプセル化される前のPPインタフェースでクラスフィルタを適用して パケットのクラス分けを行い、出力直前のLANインタフェースのキューで優先 制御を行います。

speed lan2 10m 送出帯域を10Mbit/sに制限します
queue lan2 type priority 出力LANで優先制御を使用します
pp select 1  
pppoe use lan2 LAN2でPPPoEを使用します
queue class filter 1 4 ip * * udp * * 優先パケットのフィルタを定義します
queue pp class filter list 1 フィルタをPPインタフェースに適用します
pp enable 1  

性能

RTX2000の優先制御の性能

RTX1500の優先制御の性能

RTX1210の優先制御の性能

RTX1200の優先制御の性能

RTX1000、RT57i、RTV700の優先制御の性能

RTX810の優先制御の性能

FWX120の優先制御の性能

NVR700Wの優先制御の性能

NVR500の優先制御の性能


参考情報