切断コード表


ヤマハRTシリーズの切断理由を示す数値


作成日1999/Dec/21
最終変更日2012/Apr/17
文書サイズ 59KB


[ 切断コードって何? ]


<独自拡張した切断コード(0)>
10進数16進数 ログ表記
説明
00h No error.
通信中または正常終了。
TTC標準JTQ850(JT-Q931)理由表示情報要素 (1〜111, 127)>
「正常クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
11h unallocated (unassigned) number(1)
欠番
存在しない番号に発信した。
相手先ISDN番号に間違いがある。
22h No route to specified transit network(2)
指定中継網へのルートなし。
相手先番号への中継網が存在しないかサービスを提供していない。
相手先番号に間違いがある。
33h No route to destination(3)
相手へのルートなし。
網が相手先番号へ着信を受け付けない。
相手先番号に間違いがある。
44h Send special information tone(4)
特殊可聴音の送出
55h Misdialled trunk prefix(5)
トランクプレフィックスの誤ダイヤル
66h Channel unaccepTABLE(6)
チャネル利用不可。
選択したBチャネルが使用できない。
すでに2つのBチャネルが使用されている可能性がある。
77h Call awarded and being deliverd in an established channel(7)
呼が設定済みのチャネルへ着呼
Bチャネルパケットの時に表示される。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
88h Preemption(8)
プリエンプション
99h Preemption - circuit reserved for reuse(9)
プリエンプション - 回線再利用のための回線予約
160h Normal call clearing(16)
正常切断。
1711h User busy(17)
着ユーザビジー。
発信した相手がすでに他の端末と通信中で通信できない。
相手が話中。
1812h No user responding(18)
着ユーザレスポンスなし。
発信したが規定時間内に何の反応も返ってこなかった。
相手の電源が切れているか、相手先番号が間違っている可能性がある。
1913h No answer from user (user alerted)(19)
着ユーザ呼出中/応答なし。
発信した相手から呼出(ALERT)による反応があったが、その後、規定時間内に応答の反応がなかった。
相手先番号が間違っている可能性がある。
2014h Subscriber absent(20)
加入者不在。
移動局と無線交信行えない。
相手の携帯電話などの電源が入っていないか圏外にいる。
2115h Call rejected(21)
通信拒否
何らかの理由で相手端末が着信を拒否した。ISDN関係のパラメータの不整合がある。
相手先番号が間違っている可能性がある。
また、相手側が着信可能な設定になっているか確認する。
2216h Number changed(22)
相手加入者番号変更。
相手の番号が変更されている。
相手先番号に間違いがある。
261ah Non-selected user clearing(26)
選択されなかったユーザの切断復旧。
着信に対して応答したが、他の端末の方が早く応答しており、自端末の応答は選択されなかった。
271bh Destination out of order(27)
相手端末故障中。
相手端末の電源OFFや故障、回線抜けなどにより相手インタフェースの起動不可。
通信中に電源をいきなり落した時など。
281ch Invalid number format (address incomplete)(28)
無効番号フォーマット(不完全番号)。
相手先ISDN番号が間違っている。
291dh Facility rejected(29)
ファシリティ拒否
要求したファシリティが網で提供できない。
301eh Response to STATUS ENQUIRY(30)
状態問合せへの応答。
網からの状態問合せに対する応答を示す。
311fh Normal, unspecified(31)
その他の正常クラス。
「リソース使用不可クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
3422h No circuit/channel available(34)
利用可回線/チャネルなし。
利用可能な回線/Bチャネルがない。
すでに2つのBチャネルが使用されている可能性がある。
3826h Network out of order(38)
網故障。
網に比較的長時間続きそうな障害が発生した。
しばらく使用を見合わせる必要がある。
3927h Permanent frame mode connection out of service(39)
固定フレームモード接続サービス停止
4028h Permanent frame mode connection operational(40)
固定フレームモード接続運用可
4129h Temporary failure(41)
一時的失敗。
網に比較的長時間続きそうもない障害が発生した。
再発信で接続できる可能性がある。
422ah Switching equipment congestion(42)
交換機輻輳(ふくそう)。
網に障害(交換機が高トラフィックで輻輳)が発生した。
しばらく使用を見合わせる必要がある。
432bh Access information discarded(43)
アクセス情報廃棄。
網が要求されたアクセス情報を相手に届けることができなかった。
しばらく使用を見合わせる必要がある。
442ch Requested circuit/channel not available(44)
要求回線/チャネル利用不可。
要求した回線/Bチャネルが相手側のインタフェースで提供できない。
すでに2つのBチャネルが使用されている可能性がある。
462eh Precedence call blocked(46)
優先呼ブロック
472fh Resources unavailable, unspecified(47)
その他のリソース使用不可クラス。
「サービス利用不可クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4931h Quality of service unavailable(49)
QOS(サービス品質)利用不可。
要求されたQOSが提供されない。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
5032h Requested facility not subscribed(50)
要求ファシリティ未契約。
要求された付加サービスが提供されない。
付加サービスに契約せずに、端末に付加サービスの設定がされている可能性がある。
5335h Outgoing calls barred within CUG(53)
CUG内発呼禁止
CUG(NTTのサービス名ではグループセキュリティサービス)関係のエラー
5537h Incoming calls barred within CUG(55)
CUG内着呼禁止
CUG(NTTのサービス名ではグループセキュリティサービス)関係のエラー
5739h Bearer capability not authorized(57)
伝達能力不許可。
許可していない伝達能力が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
583ah Bearer capability not presently available(58)
現在利用不可伝達能力。
利用不可である伝達能力が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
623eh Inconsistency in designated outgoing access information and subscriber class(62)
発信アクセス情報と契約クラスの不一致
633fh Service or option not available, unspecified(63)
その他のサービスまたはオプションの利用不可クラス。
「サービス未提供クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
6541h Bearer capability not implemented(65)
未提供伝達能力指定。
サポートしていない伝達能力が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
6642h Channel type not implemented(66)
未提供チャネル種別指定。
サポートしていないチャネル種別が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
6945h Requested facility not implemented(69)
未提供ファシリティ要求。
提供していない付加サービスが要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
7046h Only restricted digital information bearer capability is available(70)
制限デジタル情報伝達能力のみ可能。
非制限デジタルを要求されたが、制限デジタルのみサポートしている。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
794fh Services or option not implemented, unspecified(79)
その他のサービスまたはオプションの未提供クラス。
「無効メッセージクラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
8151h Invalid call reference value(81)
無効呼番号使用。
使用中のものと異なる呼番号のメッセージを受信した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
8252h Identified channel does not exist(82)
無効チャネル番号使用。
使用できないチャネル番号を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
8353h A suspended call exists, but this call identity does not(83)
指定された中断呼識別番号未使用。
中断された呼と異なる呼番号で再開しようとした。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
8454h Call identity in use(84)
中断呼識別番号使用中。
再開の可能性がある呼に対して中断を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
8555h No call suspended(85)
中断呼なし。
再開の可能性のある呼以外の呼に対して再開を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
8656h Call having the requested call identity has been cleared(86)
指定中断呼切断復旧済。
すでに切断した呼に対して再開を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
8757h User noet member of CUG(87)
ユーザはCUGのメンバでない
CUG(NTTのサービス名ではグループセキュリティサービス)関係のエラー
8858h Incompatible destination(88)
端末属性不一致。
端末属性が一致しない端末に発信した。
またはそのような端末からの着信を受け取った。
相手先番号が間違っている可能性がある。
例えば、自側が同期PPPで相手側がアナログモデムの場合のように、双方での端末属性の設定に不一致がある。
905ah Non-existent CUG(90)
未登録CUG
CUG(NTTのサービス名ではグループセキュリティサービス)関係のエラー
915bh Invalid transit network selection(91)
無効中継網選択。
誤ったフォーマットの中継網識別を受信した。
相手先番号が間違っている可能性がある。
955fh Invalid message, unspecified(95)
その他の無効メッセージクラス。
「手順誤りクラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
9660h Mandatory information element is missing(96)
必須情報要素不足。
必要な情報要素が不足していた。
不正な相手からの着信を受け取った。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
9761h Message type non-existent or not implemented(97)
メッセージ種別未定義または未提供。
認識できないメッセージを受信した。
不正な相手からの着信を受け取った。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
9862h Message not compatible with call state or message type non-existent or not implemented(98)
呼状態とメッセージ不一致又は、メッセージ種別未定義又は未提供。
網との間で状態の不一致が発生した。
本製品を再起動する必要がある。
9963h Information element/parameter non-existent or not implemented(99)
情報要素未定義。
未定義の情報要素を受信した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
10064h Invalid information element contents(100)
情報要素内容無効。
情報要素の内容に誤りがある。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
10165h Message not compatible with call state(101)
呼状態とメッセージ不一致。
網との間で状態の不一致が発生した。
本製品を再起動する必要がある。
10266h Recovery on timer expiry(102)
タイマ満了による回復。
レイヤ3でのタイムアウトが発生した。
10367h Parameter non-existent or not implemented, passed on(103)
未定義又は未提供のパラメーラの通過
1116fh Protocol error, unspecified(111)
その他の手順誤りクラス
「インタワーキングクラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
1277fh Interworking, unspecified(127)
その他のインタワーキングクラス。
<独自拡張した切断コード>
10進数16進数 ログ表記
説明
11270h Fail to establish L2-Link
L2リンクの設定に失敗した。
モジュラーケーブルの接続などを確認する必要がある。
545221h No response for my calling
相手が呼出中のまま応答せずにタイムアウトした。
相手先番号が間違っている可能性がある。
548224h Could not detect callback from other party
コールバック手順に成功して相手からコールバックされるのを待っていたがタイムアウトした。
相手先番号が間違っている可能性がある。
549225h Could not detect valid response for my callback request
コールバック手順の中でタイムアウトした。
相手先番号が間違っている可能性がある。
552228h Data transaction timer expired
切断タイマ(isdn disconnect time)による切断。
正常切断。
553229h Data transaction timer (SEND) expired
出力切断タイマ(isdn disconnect output time)による切断。
正常切断。
55422ah Data transaction timer (RECV) expired
入力切断タイマ(isdn disconnect input time)による切断。
正常切断。
55522bh Data transaction timer (FAST) expired
Fast Data 切断タイマ(isdn fast disconnect time)による切断。
正常切断。
55622ch Forced disconnect timer expired
強制切断タイマ(isdn forced disconnect time)による切断。
正常切断。
769301h Could not detect callback response
コールバックの応答がなかった。
コールバック手順での問題。
相手先番号が間違っている可能性がある。
770302h Fail to get callback response
コールバックの応答に失敗した。
コールバック手順での問題。
相手先番号が間違っている可能性がある。
772304h BRI connector trouble
回線コネクタ抜けにより発信失敗。
774306h Call retry prohibit
再発信禁止条件により発信失敗。
しばらくしてから再発信すれば接続できる。
78030ch Charge Limit
累積料金による発信制限により発信失敗。
通信履歴などで「意図しない接続」が行われていないことを確認後、累積料金情報をクリアする。
78130dh Connect Time Limit
累積接続時間による発信制限により発信失敗。
通信履歴などで「意図しない接続」が行なわれていないことを確認後、累積接続時間情報をクリアする。
78230eh Connect Count Limit
累積発信回数による発信制限により発信失敗。
通信履歴などで「意図しない接続」が行なわれていないことを確認後、累積発信回数情報をクリアする。
78330fh Loss of AC power
AC電源断により発信失敗。
バックアップ電池による動作中のため、発信できなかった。
817331h PPTP: No-Control-Connection-Error
トンネルが確立されていないのに発呼要求や着呼要求を受信した。
トンネルを確立している本製品間でそれぞれサーバ、クライアントの設定になっているか確認する。
818332h PPTP: Invalid-Message-length-Error
PPTP制御パケット(Control Connection Message)のフォーマットエラー。
接続相手が対応している機種か確認する。
819333h PPTP: Invalid-Message-field-Error
PPTP制御パケットの内容エラー。
接続相手が対応している機種か確認する。
820334h PPTP: Insufficient-Resources-Error
リソース不足エラー。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
821335h PPTP: Invalid-call-id-Error
Call ID エラー。PPTP呼制御パケットの識別ID不一致
接続相手が対応している機種か確認する。
822336h PPTP: Generic-PAC-Error
サーバ側(PAC)で起こったエラー。
接続相手が対応している機種か確認する。
823337h PPTP: Generic-PNS-Error
クライアント側(PNS)で起こったエラー。
接続相手が対応している機種か確認する。
824338h PPTP: TCP response waiting
TCPのレスポンス待ち。
接続相手先のホスト名またはIPアドレスを確認する。
825339h PPTP: TCP response timeout
TCP レスポンスのタイムアウトにより接続できない。
接続相手先のホスト名またはIPアドレスに誤りがあるか、接続相手先のサーバ/クライアントが起動していない可能性がある。
82633ah PPTP: No control connection message
接続相手の応答なし(Control Connection Message が通知されない)。
接続相手先が通信できる状態かどうかを確認する。
82733bh PPTP: Tunnel disconnect timer timeout
トンネル切断タイマ(pptp tunnel disconnect time)による切断。
正常切断。
82833ch PPTP: Keepalive failure
PPTP キープアライブによる発信に失敗した。
接続相手先が通信できる状態かどうかを確認する。
848350h PPPoE: Service-Name-Error
PPPoE接続でサーバによりサービスを拒否された。
要求したサービスがサーバにより拒否された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
849351h PPPoE: AC-System-Error
PPPoE接続でサーバによりサービスを拒否された。
サーバが高トラフィックで輻輳(ふくそう)している可能性がある。
850352h PPPoE: Generic-Error
PPPoE接続で回復不能なエラーが発生した。
ログに表示された理由のエラーが発生した。
851353h PPPoE: PADI Timeout
PPPoE接続でPADIタイムアウト。
接続先にサーバが存在しない。または、サーバまでの区間の回線状態が良くない可能性がある。
852354h PPPoE: PADR Timeout
PPPoE接続でPADRタイムアウト。
サーバまでの区間の回線状態が良くない可能性がある。
853355h PPPoE: Exceeds Maximum Connections
PPPoE同時接続数オーバー
同時接続数を越えて接続しようとした。
864360h WAN connector trouble
WANポートの回線コネクタ抜けにより発信失敗。
1025401h PIAFS: Negotiation failed
PIAFS接続でネゴシエーション失敗。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1026402h PIAFS: RTF out of range
PIAFS接続でRTFが範囲を超えている。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1027403h PIAFS: Timer T001 expired
PIAFS接続でT001タイムアウト。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1028404h PIAFS: Timer T002 expired
PIAFS接続でT002タイムアウト。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1029405h PIAFS: Timer T003 expired
PIAFS接続でT003タイムアウト。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1030406h PIAFS: Timer T101 expired
PIAFS接続でT101タイムアウト。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1031407h PIAFS: Link Release sent K times
PIAFS接続でリンク解放受付K回送出済。
相手がPIAFSに対応していないか、または無線区間を含む回線状態が良くない可能性がある。
1281501h PPP: LCP Timeout
PPP手順においてLCPタイムアウト。
設定誤りの可能性がある。
1282502h PPP: IPCP Timeout
PPP手順においてIPCPタイムアウト。
設定誤りの可能性がある。
1283503h PPP: IPXCP Timeout
PPP手順においてIPXCPタイムアウト。
設定誤りの可能性がある。
1284504h PPP: BCP Timeout
PPP手順においてBCPタイムアウト。
設定誤りの可能性がある。
1285505h PPP: IPV6CP Timeout
PPP手順においてIPV6CPタイムアウト。
設定誤りの可能性がある。
1296510h PPP: Peer refused callback
コールバックによる接続が拒否された。
設定誤りの可能性がある。
1297511h PPP: Peer refused authentication
相手による認証が拒否された。
設定誤りの可能性がある。
1298512h PPP: I refused authentication
自分が認証を拒否した。
設定誤りの可能性がある。
1299513h PPP: Authentication failed
相手の認証に失敗した。
設定誤りの可能性がある。
1300514h PPP: Authentication failed
相手に認証させるのに失敗した。
設定誤りの可能性がある。
1301515h PPP: Too many authentication failure
相手に認証させるのに失敗した回数が多すぎるため発信できない。
設定誤りの可能性がある。
1302516h PPP: Authentication timeout
相手の認証でタイムアウトした。
設定誤りの可能性がある。
1303517h PPP: Authentication timeout
相手に認証させるのにタイムアウトした。
設定誤りの可能性がある。
1304518h PPP: Too many MP faileure
MPに失敗した回数が多すぎるため発信できない。
設定誤りの可能性がある。
1305519h PPP: LCP Keepalive failure
LCP キープアライブによる発信に失敗した。
PPPoEサーバがダウンしているか、PPPoEサーバまでの回線のどこかに問題がある可能性がある。
130651ah PPP: Reject No-Encryption packet
暗号化ネゴシエーションの失敗による着信拒否。
接続相手先の暗号化の設定を確認する(暗号化なしの接続を許可するか、接続相手先の暗号化ありのMPPE40bit または MPPE128bit に設定する)。
3001bb9h SIP: NO SUCH CALLEE NAME
着ユーザ名前異常。
相手sipアドレスのホスト名の名前解決に失敗した。
相手sipアドレスが間違っているか、DNSサーバが停止している可能性がある。
3002bbah SIP: NO ROUTE TO DESTINATION
経路なし。
相手とインターネット電話をするための経路がない。
インターネットに接続されていない可能性がある。
3003bbbh SIP: CANNOT FIND CALLEE
着ユーザなし。
相手sipアドレスが存在しない。
相手sipアドレスが間違っている可能性がある。
3017bc9h SIP: CALLEE BUSY
着ユーザビジー。
発信した相手が既に他の端末と通信中で通信できない。
相手が話し中。
3018bcah SIP: NO RESPONSE
着ユーザレスポンスなし。
発信したが規定時間内に何の反応も返ってこなかった。
相手の電源が切れているか、相手sipアドレスが間違っている可能性がある。
3019bcbh SIP: ALERT TIMEOUT
着ユーザ呼出中/応答なし。
発信した相手から呼出(180 Ringing)による反応があったが、その後、一定時間内(3分)に応答の反応がなかった。
相手先番号が間違っている可能性がある。
3021bcdh SIP: REJECTED BY CALLEE
着ユーザ拒否
何らかの理由で相手端末が着信を拒否した。
相手sipアドレスが間違っている可能性がある。
また、相手側が着信可能な設定になっているか確認する。
3027bd3h SIP: CALLEE ERROR
相手端末故障中
相手端末の故障などにより相手インタフェースの起動不可。
相手端末障害により相手端末で着信が出来ない状態になっている可能性がある。
3028bd4h SIP: INVALID CONFIGURATION
設定間違い。
相手sipアドレスが長すぎる。
相手sipアドレスの設定が不正確である可能性がある。
3034bdah SIP: NO CHANNEL
インターネット電話用利用可ポート無し。
インターネット電話に使用するポートが確保できなかった。
既にインターネット電話用のすべてのポートが使用されている。
3057bf1h SIP: UNSUPPORTED MEDIA TYPE
メディア不一致。
相手と通信するための方式が違う。
相手が音声通話が出来ない製品の可能性がある。
3101c1dh SIP: INTERNAL ERROR
機器エラー。
本製品内部でエラーが発生した。
本製品がおかしな状態になっている可能性がある。
3102c1eh SIP: CALLEE IS MY OWN
自分宛。
本製品に発信しようとした。
自分宛には発信できません。
3200c80h SIP: OTHER ERROR
その他のインターネット電話機能のエラー
TTC標準JTQ850(JT-Q931)理由表示情報要素 (1〜111, 127)>を元に、
独自拡張したPBXインタフェース側に起因する切断コード (4001〜4111, 4127)>
「正常クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4001fa1h PBX interface: unallocated (unassigned) number(1)
欠番
PBXインタフェース側に起因:存在しない番号に発信した。
相手先ISDN番号に間違いがある。
4002fa2h PBX interface: No route to specified transit network(2)
PBXインタフェース側に起因:指定中継網へのルートなし。
相手先番号への中継網が存在しないかサービスを提供していない。
相手先番号に間違いがある。
4003fa3h PBX interface: No route to destination(3)
PBXインタフェース側に起因:相手へのルートなし。
網が相手先番号へ着信を受け付けない。
相手先番号に間違いがある。
4006fa6h PBX interface: Channel unaccepTABLE(6)
PBXインタフェース側に起因:チャネル利用不可。
選択したBチャネルが使用できない。
すでに2つのBチャネルが使用されている可能性がある。
4016fb0h PBX interface: Normal call clearing(16)
PBXインタフェース側に起因:正常切断。
4017fb1h PBX interface: User busy(17)
PBXインタフェース側に起因:着ユーザビジー。
発信した相手がすでに他の端末と通信中で通信できない。
相手が話中。
4018fb2h PBX interface: No user responding(18)
PBXインタフェース側に起因:着ユーザレスポンスなし。
発信したが規定時間内に何の反応も返ってこなかった。
相手の電源が切れているか、相手先番号が間違っている可能性がある。
4019fb3h PBX interface: No answer from user (user alerted)(19)
PBXインタフェース側に起因:着ユーザ呼出中/応答なし。
発信した相手から呼出(ALERT)による反応があったが、その後、規定時間内に応答の反応がなかった。
相手先番号が間違っている可能性がある。
4020fb4h PBX interface: Subscriber absent(20)
PBXインタフェース側に起因:加入者不在。
移動局と無線交信行えない。
相手の携帯電話などの電源が入っていないか圏外にいる。
4021fb5h PBX interface: Call rejected(21)
PBXインタフェース側に起因:通信拒否
何らかの理由で相手端末が着信を拒否した。ISDN関係のパラメータの不整合がある。
相手先番号が間違っている可能性がある。
また、相手側が着信可能な設定になっているか確認する。
4022fb6h PBX interface: Number changed(22)
PBXインタフェース側に起因:相手加入者番号変更。
相手の番号が変更されている。
相手先番号に間違いがある。
4026fbah PBX interface: Non-selected user clearing(26)
PBXインタフェース側に起因:選択されなかったユーザの切断復旧。
着信に対して応答したが、他の端末の方が早く応答しており、自端末の応答は選択されなかった。
4027fbbh PBX interface: Destination out of order(27)
PBXインタフェース側に起因:相手端末故障中。
相手端末の電源OFFや故障、回線抜けなどにより相手インタフェースの起動不可。
通信中に電源をいきなり落した時など。
4028fbch PBX interface: Invalid number format (address incomplete)(28)
PBXインタフェース側に起因:無効番号フォーマット(不完全番号)。
相手先ISDN番号が間違っている。
4030fbeh PBX interface: Response to STATUS ENQUIRY(30)
PBXインタフェース側に起因:状態問合せへの応答。
網からの状態問合せに対する応答を示す。
4031fbfh PBX interface: Normal, unspecified(31)
PBXインタフェース側に起因:その他の正常クラス。
「リソース使用不可クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4034fc2h PBX interface: No circuit/channel available(34)
PBXインタフェース側に起因:利用可回線/チャネルなし。
利用可能な回線/Bチャネルがない。
すでに2つのBチャネルが使用されている可能性がある。
4038fc6h PBX interface: Network out of order(38)
PBXインタフェース側に起因:網故障。
網に比較的長時間続きそうな障害が発生した。
しばらく使用を見合わせる必要がある。
4041fc9h PBX interface: Temporary failure(41)
PBXインタフェース側に起因:一時的失敗。
網に比較的長時間続きそうもない障害が発生した。
再発信で接続できる可能性がある。
4042fcah PBX interface: Switching equipment congestion(42)
PBXインタフェース側に起因:交換機輻輳(ふくそう)。
網に障害(交換機が高トラフィックで輻輳)が発生した。
しばらく使用を見合わせる必要がある。
4043fcbh PBX interface: Access information discarded(43)
PBXインタフェース側に起因:アクセス情報廃棄。
網が要求されたアクセス情報を相手に届けることができなかった。
しばらく使用を見合わせる必要がある。
4044fcch PBX interface: Requested circuit/channel not available(44)
PBXインタフェース側に起因:要求回線/チャネル利用不可。
要求した回線/Bチャネルが相手側のインタフェースで提供できない。
すでに2つのBチャネルが使用されている可能性がある。
4047fcfh PBX interface: Resources unavailable, unspecified(47)
PBXインタフェース側に起因:その他のリソース使用不可クラス。
「サービス利用不可クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4049fd1h PBX interface: Quality of service unavailable(49)
PBXインタフェース側に起因:QOS(サービス品質)利用不可。
要求されたQOSが提供されない。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4050fd2h PBX interface: Requested facility not subscribed(50)
PBXインタフェース側に起因:要求ファシリティ未契約。
要求された付加サービスが提供されない。
付加サービスに契約せずに、端末に付加サービスの設定がされている可能性がある。
4057fd9h PBX interface: Bearer capability not authorized(57)
PBXインタフェース側に起因:伝達能力不許可。
許可していない伝達能力が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4058fdah PBX interface: Bearer capability not presently available(58)
PBXインタフェース側に起因:現在利用不可伝達能力。
利用不可である伝達能力が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4063fdfh PBX interface: Service or option not available, unspecified(63)
PBXインタフェース側に起因:その他のサービスまたはオプションの利用不可クラス。
「サービス未提供クラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4065fe1h PBX interface: Bearer capability not implemented(65)
PBXインタフェース側に起因:未提供伝達能力指定。
サポートしていない伝達能力が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4066fe2h PBX interface: Channel type not implemented(66)
PBXインタフェース側に起因:未提供チャネル種別指定。
サポートしていないチャネル種別が要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4069fe5h PBX interface: Requested facility not implemented(69)
PBXインタフェース側に起因:未提供ファシリティ要求。
提供していない付加サービスが要求された。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4070fe6h PBX interface: Only restricted digital information bearer capability is available(70)
PBXインタフェース側に起因:制限デジタル情報伝達能力のみ可能。
非制限デジタルを要求されたが、制限デジタルのみサポートしている。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4079fefh PBX interface: Services or option not implemented, unspecified(79)
PBXインタフェース側に起因:その他のサービスまたはオプションの未提供クラス。
「無効メッセージクラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4081ff1h PBX interface: Invalid call reference value(81)
PBXインタフェース側に起因:無効呼番号使用。
使用中のものと異なる呼番号のメッセージを受信した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4082ff2h PBX interface: Identified channel does not exist(82)
PBXインタフェース側に起因:無効チャネル番号使用。
使用できないチャネル番号を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4083ff3h PBX interface: A suspended call exists, but this call identity does not(83)
PBXインタフェース側に起因:指定された中断呼識別番号未使用。
中断された呼と異なる呼番号で再開しようとした。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4084ff4h PBX interface: Call identity in use(84)
PBXインタフェース側に起因:中断呼識別番号使用中。
再開の可能性がある呼に対して中断を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4085ff5h PBX interface: No call suspended(85)
PBXインタフェース側に起因:中断呼なし。
再開の可能性のある呼以外の呼に対して再開を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4086ff6h PBX interface: Call having the requested call identity has been cleared(86)
PBXインタフェース側に起因:指定中断呼切断復旧済。
すでに切断した呼に対して再開を要求した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
4088ff8h PBX interface: Incompatible destination(88)
PBXインタフェース側に起因:端末属性不一致。
端末属性が一致しない端末に発信した。
またはそのような端末からの着信を受け取った。
相手先番号が間違っている可能性がある。
例えば、自側が同期PPPで相手側がアナログモデムの場合のように、双方での端末属性の設定に不一致がある。
4091ffbh PBX interface: Invalid transit network selection(91)
PBXインタフェース側に起因:無効中継網選択。
誤ったフォーマットの中継網識別を受信した。
相手先番号が間違っている可能性がある。
4095fffh PBX interface: Invalid message, unspecified(95)
PBXインタフェース側に起因:その他の無効メッセージクラス。
「手順誤りクラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
40961000h PBX interface: Mandatory information element is missing(96)
PBXインタフェース側に起因:必須情報要素不足。
必要な情報要素が不足していた。
不正な相手からの着信を受け取った。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
40971001h PBX interface: Message type non-existent or not implemented(97)
PBXインタフェース側に起因:メッセージ種別未定義または未提供。
認識できないメッセージを受信した。
不正な相手からの着信を受け取った。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
40981002h PBX interface: Message not compatible with call state or message type non-existent or not implemented(98)
PBXインタフェース側に起因:呼状態とメッセージ不一致又は、メッセージ種別未定義又は未提供。
網との間で状態の不一致が発生した。
ルーターを再起動する必要がある。
40991003h PBX interface: Information element/parameter non-existent or not implemented(99)
PBXインタフェース側に起因:情報要素未定義。
未定義の情報要素を受信した。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
41001004h PBX interface: Invalid information element contents(100)
PBXインタフェース側に起因:情報要素内容無効。
情報要素の内容に誤りがある。
(RT/RTA/RTX では通常表示されない)
41011005h PBX interface: Message not compatible with call state(101)
PBXインタフェース側に起因:呼状態とメッセージ不一致。
網との間で状態の不一致が発生した。
ルーターを再起動する必要がある。
41021006h PBX interface: Recovery on timer expiry(102)
PBXインタフェース側に起因:タイマ満了による回復。
レイヤ3でのタイムアウトが発生した。
4111100fh PBX interface: Protocol error, unspecified(111)
PBXインタフェース側に起因:その他の手順誤りクラス
「インタワーキングクラス」
10進数16進数 ログ表記
説明
4127101fh PBX interface: Interworking, unspecified(127)
PBXインタフェース側に起因:その他のインタワーキングクラス。
<独自拡張した切断コード>
10進数16進数 ログ表記
説明
41281020h PBX interface: BRI connector trouble
PBXインタフェースのモジュラーコネクタ抜け。
モジュラーケーブルの接続を確認する必要がある。
41291021h PBX interface: L2 error
PBXインタフェースのL2エラー。
モジュラーケーブルの接続、またはPBXの設定を確認する必要がある。
41301022h PBX interface: L3 error
PBXインタフェースのL3エラー。
41311023h PBX interface: L3 timeout
PBXインタフェースのL3タイマの満了による切断復旧。

[ 関連情報 ]