ファームウェアの準備


リリースについて

IPsec機能については、過去に大きな変更が2回あり、 コマンドや動作が変化しているため、注意が必要です。 最新版はリリース3というファームウェア群ですが、 過去にリリース1、リリース2というファームウェア群が提供された時期があります。 これらのリリースについて、まとめると次のようになります。

リリース1

初期のIPsecの実装で、当時のInternet-Draftに基づいています。 提供された機種とリビジョンは以下のとおりです。

系列 リビジョン ハードウェア
Rev.3.00系 Rev.3.00.09以降 RT100i/RT102i/RT140ipe/RT200i
Rev.3.01系 Rev.3.01.07 RT103i

[リリース1の特徴]

リリース2

中期のIPsecの実装で、当時のInternet-Draftに基づいています。 提供された機種とリビジョンは以下のとおりです。

系列 リビジョン ハードウェア
Rev.3.01系 Rev.3.01.11以降 RT100i/RT102i
Rev.4.00系 Rev.4.00.02〜Rev.4.00.14 RT103i/RT140ipef/RT200i

[リリース2の特徴]

リリース3

後期のIPsecの実装で、RFC2401〜2409、RFC2451に基づいています。 提供された機種とリビジョンは以下のとおりです。対応している機種では、 できる限り、リリース3を使用してください。

系列 リビジョン ハードウェア
Rev.4.00系 Rev.4.00.18以降 RT103i/RT140ipef/RT200i
Rev.4.02系 Rev.4.02.01以降 RT52pro
Rev.6.00系 Rev.6.00.01以降 RT300i
Rev.6.01系 Rev.6.01.01以降 RT140iepf/RT300i
Rev.6.02系 Rev.6.02.01以降 RT105iep/RT140iepf/RT300i

[リリース3の特徴]

[リリース3の注意点]


IPsec機能のトップページへ

[関連ドキュメント]


[ YAMAHA RT / ネットボランチ / 検索 / RFC / 技術資料 / 設定例集 / RT's FAQ ]

Copyright (C) 1995〜2006, YAMAHA Corporation.