SWX2210Pシリーズ 技術資料

ヤマハ SWX2210Pシリーズをお買い上げいただきありがとうございます。
お使いになる前に本書をよくお読みになり、正しく設置や設定を行ってください。
本書中の警告や注意を必ず守り、正しく安全にお使いください。








1 このページの使い方

  1. ファームウェアバージョンを選択します。
    画面上部「ファームウェアバージョン」 をお使いの機器のバージョンに変更してください。
    初期状態では、 最新のファームウェアバージョン が選択されています。

  2. 表示モードを選択します。
    画面上部「表示モード」 を選択してください。
    初期状態では、 基本機能 が選択されています。

  3. 調べたい項目を選択します。
    画面左アコーディオンメニュー から、 表示したい項目 を選択してください。


2 スタートアップガイド

ご購入いただいた SWX2210Pシリーズ の設定開始までの手順について説明をします。
SWX2210Pシリーズは、以下の3つの方法で設定をすることができます。

2.1 TELNET, Webブラウザーによる設定の開始手順

  1. 設定に使用するPC、必要な機材を準備します。
  2. 設定に使用する PC の IP アドレス を変更します。
    本製品には、初期状態で 192.168.100.240/24 が設定されています。
    設定に使用する PC の IPアドレスは 192.168.100.0/24 のセグメントとなるように設定します。
  3. PC と 本製品を カテゴリ 5以上の イーサネットケーブル で接続します。
  4. 本製品の電源を入れます。本製品の起動には、 約60秒 かかります。
    起動が完了すると、イーサネットケーブルを接続したLANポートのランプが通信速度/モードに応じた点灯になります。
  5. 設定用PCより、本製品にアクセスします。
  6. 以降、本製品の利用環境にあわせた設定を行います。

2.2 L2MSマスター を使用した設定

L2MSマスターとして動作している機器と本製品を接続し、L2MSマスターを介して本製品の設定を行う方法です。
この方法ではL2レベルのプロトコルで設定を行うため、本製品とL2MSマスターが異なるネットワークのIPアドレスを保有している場合にも設定を行うことができます。
例えば、本製品のIPアドレスを忘れてしまいTELNETやWebブラウザーでアクセスできなくなってしまった場合、L2MSマスターと本製品を接続することで、本製品に付与されたIPアドレスを確認したり設定を変更したりすることができます。
L2MSマスターとして使用できる機器および詳細な使用方法については L2MS 技術資料 を参照してください。

2.3 本製品の設定を工場出荷時の状態に戻す

本製品の設定を工場出荷時の状態に戻すには、以下の3つの方法があります。

LED MODEボタン で工場出荷時の状態に戻すには、以下の手順に従ってください。

  1. 本製品前面の LED MODEボタン を押した状態で電源を入れる
  2. LED MODEボタン を押し続けた状態で約10秒待つ
  3. POWERインジケーターを除くすべてのLEDインジケーターが橙色に点灯したら、 LED MODEボタン を離す。

3 ファームウェア更新について

安定した運用をしていただくために、本製品には新機能の追加、不具合対応が行われている最新のファームウェアを適用することをお勧めします。
お使いのバージョンをご確認の上、対応をお願いします。


4 Web GUI 機能について

本製品の最新ファームウェアでは、以下の設定機能に対応しています。


5 使用上のご注意


6 サポート窓口のご案内

トップへ戻る