RT300iのFAQ


Rev.4系からRev.6系へのコマンド仕様の変更点


新規作成日2000/Jun/12
最終変更日2018/Nov/06
文書サイズ 14KB


コマンド仕様は、Rev.4からRev.6となり何か変わりましたか?


[ Rev.4→Rev.6の仕様変更内容 ]

項目説明
noコマンド
defaul値の設定表示
noコマンドにより、設定を消去するということを可能にします。 従来はデフォルト値の設定や、あるいは消去コマンド、 消去用パラメータの設定などで設定 を消去していましたが、 これが、noコマンドで統一されます。 これに伴い、多くの消去コマンドは廃止されます。
ip filter directed-broadcast
ip filter source-route
デフォルト値がoff→onに変更。
特にdirected-broadcastは、RFC2644(BCP0034)でもデ フォルト値はONにすべきと記述されている。
ip lan address
ip lan netmask
ip lan broadcast
ip pp local address
ip pp netmask
ip INTERFACE address IP/NETMASK [broadcast BROADCAST-IP]
・INTERFACEは、LANインタフェース名またはpp

ブロードキャストアドレスは、ディレクティッド・ブロードキャストになった。 しかし、任意のアドレスをブロードキャストアドレスに設定することも可能。

ip lan secondary address
ip INTERFACE secondary address IP/NETMASK
・INTERFACEは、LANインタフェース名

ブロードキャストアドレスは、ディレクティッド・ブロードキャストのみ。

ブロードキャストアドレス
broadcast address
defaultのブロードキャストアドレスが、 リミテッド・ブロードキャスト(limited broadcast address,255.255.255.255)から、 ディレクティッド・ブロードキャスト(directed broadcast address)に変更
プライマリアドレスには、任意のアドレスが指定可能。
セカンダリアドレスには、ディレクティッド・ブロードキャストのみ。
(bri/priの統一)
pp line
bri line
pri line
line type WAN-INTERFACEコマンドに統合
(bri/priの統一)
isdn local address
bri local address
isdn local address WAN-INTERFACEコマンドに統合
(bri/priの統一)
pp bind bri
pp bind pri
pp bind WAN-INTERFACEコマンドに統合
(bri/priの統一)
remote setup
remote setup bri
remote setup WAN-INTERFACEコマンドに統合
(bri/priの統一)
bri terminator
isdn terminator
pp account threthold
clear pp account
account threthold pp
clear account pp
schedule at 入力形式の変更
schedule at ID [DATE]TIME pp PEER COMMAND
schedule at ID [DATE]TIME tunnel TUNNEL COMMAND
schedule at ID [DATE]TIME * COMMAND
queueコマンドのキーワードの順番 queueに関するコマンドでは、コマンド名の一番最初がインタフェース名 になっているものがあるので、それらを'queue INTERFACE'の順番に改めます。
ipx lan network 初期値が設定されていたが、未設定に変更
bridge group LAN1とPP1がブリッジされる設定だったが、未設定に変更
ppp pap maxauthreq
ppp chap maxchallenge
デフォルト値を2から10に変更
RIP関連機能の見直し RIPを使わない設定とする。
従来は、RIPを使わないように設定できなかった。

[ 新設 ]

  • rip use
  • rip preference
  • ip INTERFACE rip send
  • ip INTERFACE rip receive
  • ip INTERFACE rip trust gateway
  • ip INTERFACE rip hold routing
  • show ip rip table

[ 継承 ]

  • ip INTERFACE rip auth key KEY
  • ip INTERFACE rip auth type TYPE
  • ip INTERFACE rip filter FNUM...
  • ip INTERFACE rip hop DIR HOP
  • ip INTERFACE rip connect send
  • ip INTERFACE rip disconnect send
  • ip INTERFACE rip connect interval
  • ip INTERFACE rip disconnect interval

・INTERFACEは、LANインタフェース名またはpp
ARP情報の生存時間 14400秒から1200秒へ変更する。
ログインパスワードの最大長
管理パスワードの最大長
ログインパスワード、管理パスワードを最大32文字まで設定できるようにする。
相手先ISDN番号の最大値 isdn remote addressコマンドで指定できるISDN番号の数を32に増やす。
ブリッジフィルタの数 10から100に増やす。

[ Rev.4→Rev.6で、新設されたコマンド ]

項目説明
ip routeコマンド スタティック経路設定は、 RTA50i/RTA52iと同様のフィルタ型ルーティングを採用した。
interface resetコマンド 従来RTシリーズにおいては、BRIポートでISDN回線と専用線の回線種別を変更した際、その設定を有効にす るために装置全体の再起動が必要であった。 このコマンドにより装置の再起動は必要なくなる。

[ RT300i専用コマンド(RT300i用の拡張機能) ]

新設項目説明
system power 2 use 電源ユニット用スロット2で、電源ユニットを利用しているかどうかの設定をする。
system temperature threshold 本体内部の温度監視機能の温度異常を検出〜報告する閾値を設定する
lan type LANインタフェースの通信速度を設定する。
show config list 内蔵FlashROMに保存されている設定を一覧表示する。
拡張項目説明
show config ファイル名 内蔵FlashROMやPCMCIAカードスロットに挿入されたFlash ATAカードに 保存された設定を参照することができる。 ファイル名を省略した時には現在使用中の設定が表示される。
save ファイル名 内蔵FlashROMやPCMCIAカードスロットに挿入されたFlash ATAカードに 設定を保存することができる。 ファイル名を省略した時には起動時に用いた設定ファイルに保存される。
restart ファイル名 内蔵FlashROMやPCMCIAカードスロットに挿入されたFlash ATAカードに 保存された設定を起動用設定としてルータを再起動する。 ファイル名を省略した時には起動用設定ファイルの変更は行なわない。
show environment 従来の情報に加えて、動作中のファームウェアファイルと設定ファイルの情報、 電源・ファン・内部温度の状態、 インタフェースモジュール情報などを表示するようになった。
cold start RT300iでは、cold startコマンドの動作を以下のようにする。
  1. 内蔵FlashROM上の設定ファイルをすべて削除する
  2. 再起動ファームを内蔵ファームウェアに変更する
  3. 再起動

[ RT300i用の設定値調整 ]

項目 RT103iRT140シリーズRT200iRT300i
LAN側の出力キュー長のdefault値
queue lanN length
40 200
PPインタフェース数 30 100 100 100
TUNNELインタフェース数
IPsecトンネルの最大対地数
10 20 100

[ Rev.4→Rev.6で、削除されたコマンド ]

  1. show config系以外の設定表示コマンド(〜の設定を表示する)の廃止
    show auth, show bridge filter, show bridge filter list, show bridge lan1,
    show bridge lan2, show bridge pp, show dhcp, show dhcp scope, show dns, 
    show dns static, show fr, show ip filter, show ip filter list, show ip host, 
    show ip icmp, show ip lan1, show ip lan2, show ip pp, show ip tos supersede, 
    show ipx filter, show ipx filter list, show ipx lan1, show ipx lan2, 
    show ipx pp, show isdn local, show isdn local bri, show isdn local pri, 
    show isdn remote, show lan1 queue, show lan2 queue, 
    show nat descriptor config, show pp config, show pp queue, show ppp bacp, 
    show ppp bcp, show ppp ccp, show ppp chap, show ppp ipcp, show ppp ipxcp,
    show ppp lcp, show ppp mp, show ppp mscbcp, show ppp pap, 
    show queue class filter, show radius, show remote list, show schedule,
    show snmp, show syslog, show tftp, show wins, show pp config 
    
  2. noコマンドにより必要のなくなった削除コマンド
    bridge filter delete, dhcp delete scope, dhcp scope unbind,
    dns server select delete, dns static delete, ip filter delete,
    ip host delete, ipsec sa policy delete, ipsec sa delete,
    ipsec transport delete, ipx filter delete, ipx sap delete,
    queue class filter delete, schedule delete, bridge lan1 learning delete,
    bridge lan2 learning delete, bridge pp learning delete, ip lan1 route delete,
    ip lan2 route delete, ip pp route delete, ip tunnel route delete, 
    ipx lan1 route delete, ipx lan2 route delete, ipx pp route delete,
    nat descriptor delete, nat descriptor masquerade static delete,
    nat descriptor static delete, pp auth clear myname, pp auth delete username,
    pri leased delete channel, lan1 queue class property clear,
    lan2 queue class property clear, pp queue class property clear 
    
  3. ip routeコマンドにより必要のなくなったコマンド
    ip pp route add, ip pp route delete, ip lan route add, ip lan route delete
    
  4. RIP機能の見直しにより必要のなくなったコマンド
    ip lan routing protocol, ip pp rip listen, ip pp routing protocol, 
    ip pp rip listen
    
  5. NATディスクリプタにより必要のなくなったNAT系コマンド(Rev.1系〜Rev.3系)
    nat use, nat masquerade, nat masquerade rlogin, nat masquerade static,
    nat masquerade static delete, nat address global, nat address private,
    nat timer, clear nat dynamic, show nat config, show nat address
    

[ 関連情報 ]



[ RT300i / RT300i's FAQ ]