システム状態の監視機能

$Date: 2019/07/03 00:31:23 $


概要

本機能は、システム状態を監視し、その状態に応じてSYSLOG出力などのイベントを発生させる機能です。

本機能では以下のシステム状態を監視します。

発生させることができるイベントは以下です。


対象機種とリビジョン

機種 ファームウェア
CPU使用率
メモリ使用率
内部温度
RTX830 Rev.15.02.10以降 -
NVR510 Rev.15.01.15以降 -
NVR700W Rev.15.00.16以降 -
RTX1210 Rev.14.01.34以降 Rev.14.01.05以降

詳細

システム状態を監視する

監視機能を有効にすると、以下のシステム状態を監視します。

以下のコマンドを設定することで監視機能を有効にすることができます。

監視しているシステム状態が、durationで指定した判定時間の間(内部温度は1秒固定)、上限の閾値に達した状態が続くと監視しているシステムの状態を知らせるイベントが発生します。

その状態から判定時間の間(内部温度は1秒固定)、継続して下限の閾値を下回った場合、監視しているシステムの状態を知らせるイベントが発生します。

システム状態の監視機能の初期設定は以下です。

発生するイベント

監視しているシステム状態が上限の閾値に達した、または、下限の閾値を下回った場合は以下のイベントが発生します。

SYSLOGの出力

本機能において出力されるSYSLOGメッセージの一覧を以下に示します。

レベル 出力メッセージ 意味
INFO
SYSTEM ALARM (over xx%): CPU yy [%] CPU使用率(yy)が上限の閾値(xx)に達した(*1)
SYSTEM ALARM (under xx%): CPU yy [%] CPU使用率(yy)が下限の閾値(xx)を下回った(*1)
SYSTEM ALARM (over xx%): CPUn yy [%] CPUnのCPU使用率(yy)が上限の閾値(xx)に達した(*2)
SYSTEM ALARM (under xx%): CPUn yy [%] CPUnのCPU使用率(yy)が下限の閾値(xx)を下回った(*2)
SYSTEM ALARM (over xx%): Memory yy [%] メモリ使用率(yy)が上限の閾値(xx)に達した
SYSTEM ALARM (under xx%): Memory yy [%] メモリ使用率(yy)が下限の閾値(xx)を下回った
SYSTEM ALARM (over xxC.): Temperature yy [C.] 内部温度(yy)が上限の閾値(xx)に達した(*3)
SYSTEM ALARM (under xxC.): Temperature yy [C.] 内部温度(yy)が下限の閾値(xx)を下回った(*3)

(*1)RTX1210
(*2)RTX830, NVR510, NVR700W
(*3)内部温度計搭載機種(RTX1210)のみ

ALARMランプの点灯/消灯

内部温度計搭載機種でのみ、対応しています。上限の閾値に達した場合は点灯、下限の閾値を下回った場合は消灯します。

SNMPトラップの送信

以下のコマンドを設定した場合、指定したホストへSNMPトラップを送信します。なお、内部温度に対するSNMPトラップの送信設定をするコマンドはありません

監視機能の設定

SNMPトラップの送信設定

SNMPトラップの内容

SNMPトラップによるSYSLOGの出力

SNMPトラップにおいて出力されるSYSLOGメッセージの一覧を以下に示します。

レベル 出力メッセージ 意味
DEBUG
[SNMPD] Send yrhCpuThresholdOver trap to IPアドレス (SNMPバージョン) CPU使用率が上限の閾値に達したため、IPアドレス宛にトラップを送信した(*1)
[SNMPD] Send yrhCpuThresholdUnder trap to IPアドレス (SNMPバージョン) CPU使用率が下限の閾値を下回ったため、IPアドレス宛にトラップを送信した(*1)
[SNMPD] Send yrhMultiCpuThresholdOver trap (CPUn) to IPアドレス (SNMPバージョン) CPUnのCPU使用率が上限の閾値に達したため、IPアドレス宛にトラップを送信した(*2)
[SNMPD] Send yrhMultiCpuThresholdUnder trap (CPUn) to IPアドレス (SNMPバージョン) CPUnのCPU使用率が下限の閾値を下回ったため、IPアドレス宛にトラップを送信した(*2)
[SNMPD] Send yrhMemoryThresholdOver trap to IPアドレス (SNMPバージョン) メモリ使用率が上限の閾値に達したため、IPアドレス宛にトラップを送信した
[SNMPD] Send yrhMemoryThresholdUnder trap to IPアドレス (SNMPバージョン) メモリ使用率が下限の閾値を下回ったため、IPアドレス宛にトラップを送信した

(*1)RTX1210
(*2)RTX830, NVR510, NVR700W

SNMPトラップの設定の詳細はSNMPを参照してください。

監視機能の停止

監視機能を停止するには、以下のコマンドを使用します。

ダッシュボードの警告との連動

ダッシュボードのリソースガジェットのCPU使用率およびメモリ使用率の警告検出は、80%を閾値として動作します。
ただし、監視機能のコマンドを有効にした場合、警告検出はsystem cpu thresholdコマンド、およびsystem memory thresholdコマンドで設定した値に従って動作します。


コマンド


関連文書