不正アクセス検知時のメール通知機能

$Date: 2017/10/11 12:06:59 $


概要

不正アクセス検知機能(IDS)によって不正アクセスを検知すると、設定したメールアドレスに対して検知した内容をメールで通知します。

▲ページの先頭へ

注意事項

▲ページの先頭へ

対応機種

機種 リビジョン GUI対応
RTX830 Rev.15.02.01以降
NVR510 Rev.15.01.02以降 ×
Rev.15.01.09以降
NVR700W Rev.15.00.02以降 ×
Rev.15.00.10以降
RTX1210 Rev.14.01.05以降 ×
Rev.14.01.20以降
RTX5000 Rev.14.00.08以降 ×
RTX3500 Rev.14.00.08以降 ×
FWX120 Rev.11.03.02以降
RTX810 Rev.11.01.04以降
NVR500 Rev.11.00.06以降
RTX1200 Rev.10.01.07以降
SRT100 Rev.10.00.27以降
RTX3000 Rev.9.00.34以降 ×
▲ページの先頭へ

詳細

▲ページの先頭へ

GUI

ここではSRT100、RTX1200のGUIについて説明します。

1. メール通知機能 メイン画面

メイン画面

メイン画面の「通知内容の設定」にセレクトメニューを追加し、"状態メール通知"の設定画面、および"不正アクセス検知"の設定画面を選択して移動できるようにします。


2. 不正アクセス検知時のメール通知機能 設定画面

設定画面

上図で設定するコマンドは以下。

"通知内容"で表示される内容は、以下の動作に従います。

▲ページの先頭へ

コマンド

▲ページの先頭へ

設定例

不正アクセス検知、メールサーバー、メールテンプレートおよびトリガの設定を行います。
設定が完了した後、不正アクセス検知機能によって不正アクセスが検知されると同時にメールが通知されます。

ip lan1 intrusion detection in on
mail server name 1 (サーバー名)
mail server smtp 1 (SMTPサーバーのアドレス)
mail template 1 1 From:(送信元メールアドレス) To:(送信先メールアドレス) Subject:(サブジェクト名)
mail notify 1 1 trigger intrusion lan1 in


例)
Model: SRT100
Revision: Rev.10.00.27
Name: yamaha-srt100-00a0de07fc07
Time: 2007/10/23 08:58:53
Template ID: 1

ID   時刻                インタフェース    不正アクセス検知内容
------------------------------------------------------------------------------
0001 2007/10/23 08:58:53        LAN1 [ in] ICMP too large
                                           (192.168.100.2   -> 192.168.100.1  )
▲ページの先頭へ