端末型プロバイダ接続に関する設定例


プロバイダ情報の登録


作成日2000/Apr/06
最終変更日2018/Nov/06
文書サイズ 35KB


[ 概要 ]


[ 端末型プロバイダ接続の設定(プロバイダ情報の登録) ]

  1. WWWブラウザで、ルータの「かんたん設定ページ」を開こう!

    設定用コンピュータをDHCPによるIPアドレス自動取得で起動し、
    WWWブラウザで「http://192.168.0.1/」にアクセスします。

  2. パスワードの設定画面が表示されます。

    2ヶ所のパスワード入力欄に同じパスワードを設定して ボタンを選択します。

    YAMAHA Remote Router RTA52i Rev.3.06.20 (Wed Mar 22 16:04:33 2000)
    RTA52i [△]


    RTA52i かんたん設定ページへ行く前に

    アクセスするためのパスワードを設定します。半角で8文字以内で入力してください。

    パスワード
    確認のため、同じものをもう一度入力してください。
    パスワード

    注意 このパスワードは、今後かんたん設定ページにアクセスする際に必要となりますので、忘れないように注意してください。アクセス時には「ユーザ名」と「パスワード」が要求されますが、「ユーザ名」は空欄とし、パスワードのみを入力してください。

    次のページに進みます。

  3. 正しく設定されると確認の画面が表示されます。

    ここでボタンを選択すると WWWブラウザにより「かんたん設定」にアクセスするパスワードが求められま す。

    パスワードの設定
    管理パスワードとログインパスワードを設定しました。
    「 OK 」ボタンを押すと再度パスワードの入力が求められます。「ユーザ名」は空欄のままとし、設定したパスワードのみを入力してください。

    かんたん設定へ

  4. WWWブラウザのパスワード入力画面例

    (Microsoft Internet Explorer風パスワード入力画面のレイアウト)
    ネットワークパスワードの入力

    ユーザ名とパスワードを入力してください。
    サイト192.168.0.1
    領域YAMAHA-RT [login, administrator]
    ユーザ名(U)
    パスワード(P)
    このパスワードを保存する

    (Netscape Navigator風パスワード入力画面のレイアウト)
    ユーザ名とパスワードの入力
    YAMAHA-RT [login, administrator] (192.168.0.1)に対するユーザ名を入力してください。
    ユーザ名:
    パスワード:

  5. 「RTA52iへようこそ」が表示されます。

    この画面で、かんたん設定を選びます。

    YAMAHA Remote Router RTA52i Rev.3.06.20 (Wed Mar 22 16:04:33 2000)
    かんたん設定△NetVolante△LINK
    RTA52i [△]

    RTA52i へようこそ


    手動接続/切断 手動接続/切断:
    設定されている接続相手に対して手動で接続や切断を行ないます。
    ログインユーザでアクセス可能です。
    料金/通信記録 料金/通信記録:
    料金や通信に関する記録を参照できます。
    ログインユーザでアクセス可能です。
    かんたん設定 かんたん設定:
    RTA52iの設定や管理を行ないます。
    ログインユーザではアクセスできません。管理ユーザでアクセス可能です。


  6. 「RTA52iかんたん設定ページへようこそ」が表示されます。

    この画面で、プロバイダ接続を選びます。

    RTA52i(192.168.0.1)-[かんたん設定ページ]
    かんたん設定△NetVolante△LINK
    RTA52i [△設定トップ△プロバイダ接続△LAN間接続△電話設定△付加機能△システム設定]



    RTA52i かんたん設定ページへようこそ

    このページではRTA52iの基本的な設定や操作ができます。ルータとしてお使いの場合は、プロバイダ接続LAN間接続を選んでください。下の絵をクリックするとそれぞれの画面へ進みます。



    ○必須項目 ルータとして使用する場合の必須事項です。TAとしてのみ使う場合は必要ありません。

    プロバイダ接続 プロバイダ接続:
    プロバイダと接続する設定を行ないます。
    ISDN回線、64kbit/s専用線、128kbit/s専用線が利用可能です。
    例えば、端末型ダイヤルアップ接続、LAN型ダイヤルアップ接続、OCNエコノミーなどが該当します。

    LAN間接続 LAN間接続:
    遠隔地のネットワーク(LAN)と接続する設定を行ないます。
    ISDN回線、64kbit/s専用線、128kbit/s専用線が利用可能です。
    ○オプション項目

    電話設定 電話設定:
    各TELポートのダイヤルイン番号やサブアドレス、フレックスホンなどを設定します。

    付加機能 付加機能:
    メール着信確認/転送機能やLAN版RVS-COM(ISDN-DCP)などの付加機能の設定を行ないます。

    システム管理 システム設定:
    パスワード、時刻などを設定します。メンテナンス用の内部情報も確認できます。

  7. 「プロバイダ接続の接続形態選択」

    この画面で、端末型ダイヤルアップによるプロバイダ接続を選びます。

    RTA52i(192.168.0.1)-[プロバイダ接続の接続形態選択]
    YAMAHA△NetVolante△LINK
    RTA52i [△設定トップ△プロバイダ接続△LAN間接続△電話設定△付加機能△システム設定]

    RTA52i プロバイダ接続の接続形態選択

    このページでは、プロバイダ接続をする場合の端末型接続またはネットワーク型接続の選択を行ないます。
    プロバイダとの契約を確認の上、どちらかの型を選択してください。


    2択 端末型ダイヤルアップによるプロバイダ接続:
    個人でプロバイダに加入している場合にはほとんどがこの接続です。
    ダイヤルアップするたびに与えられるひとつのIPアドレスをLAN側の接続で共有します。
    利用可能な回線は、ISDN回線です。
    ネットワーク型によるプロバイダ接続:
    プロバイダから固定的に複数のIPアドレスを与えられている場合の接続です。ルータのIPアドレスを変更した後は、それぞれのIPアドレスの変更も必要です。利用可能な回線は、ISDN回線および64kbit/sと128kbit/sの専用線です。

    一度設定されますと、次回からこの選択画面は現れません。選択しなおす場合は、プロバイダ接続の設定を削除してから、この画面を選択してください。


  8. 「端末型ダイヤルアップによるプロバイダ接続」画面を表示しよう!

    かんたん設定プロバイダ接続端末型

    この画面で、端末型プロバイダ接続に関する設定操作を行ないます。

    RTA52i(192.168.0.1)-[端末型プロバイダ接続]
    YAMAHA△NetVolante△LINK
    RTA52i [△設定トップ△プロバイダ接続△LAN間接続△電話設定△付加機能△システム設定]

    [ 端末型プロバイダ接続 ]


    プロバイダの登録
    まず、プロバイダの登録を行ないます。
    プロバイダは複数登録でき、簡単に切り替えることができます。


    現在の接続状態の確認
    回線は接続していません。
    最新情報に更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。


  9. プロバイダ情報を登録しよう!

    端末型プロバイダ接続の画面で、ボタンを押します。
    表示された画面で、プロバイダの登録情報(基本)を参考にして、プロバイダ情報を登録します。
    この説明では、以下のような情報を設定することにします。

    プロバイダ名YAMAHA (浜松)
    プロバイダの電話番号10123456789
    ユーザ名NetVolante
    パスワードRTA52i
    DNSサーバアドレスIPアドレスを指定する
    プライマリDNSサーバアドレス133.176.200.51
    セカンダリDNSサーバアドレス空欄

    かんたん設定イメージ
    RTA52i(192.168.0.1)-[端末型プロバイダ接続:新規登録]
    YAMAHA△NetVolante△LINK
    RTA52i [△設定トップ△プロバイダ接続△LAN間接続△電話設定△付加機能△システム設定]

    [ 端末型プロバイダ接続設定 ][ 新規登録 ]


    契約したインターネットプロバイダから通知された情報を設定します。(同じプロバイダを複数登録しないで下さい)
    DNSサーバアドレスの自動取得は、プロバイダが対応している必要があります。
    意図しない課金や接続を防ぐために、登録後には設定した通りの接続/切断が行なわれる事を確認してください。
    発信制限やユーザID/パスワード違いにより自動的に接続を禁止する場合がありますので、接続ができなくなった場合はそれぞれの項目を確認してください。
    プロバイダ名 半角32文字以内
    プロバイダの電話番号 1 半角入力32桁以内
    2 (省略可能)
    3 (省略可能)
    ユーザID 半角入力32文字以内
    パスワード 半角入力32文字以内
    DNSサーバアドレス
    プライマリDNSサーバアドレス 指定の場合半角入力
    セカンダリDNSサーバアドレス (省略可能)

    上記の項目を設定した後、登録ボタンで設定内容を登録してください。


    [注意]
    プロバイダ名に漢字が使えるかどうかは、設定に利用しているWWWブラウザなど の環境に依存します。 例えば、プロバイダ名に漢字を記述して「YAMAHA (浜松)」となるべきところ 「YAMAHA ()」となることがあります。 そのようなWWWブラウザを利用している環境では、 プロバイダ名などに漢字を利用することができないと思われますので、 半角の英数字で設定してください。

  10. 設定の入力が終ったら、 ボタンを選びます。

    正しく設定されると確認の画面が表示されます。 ここでボタンを選択します。

    プロバイダの登録
    接続するプロバイダを登録しました。

  11. ふたたび、端末型接続の画面が表示されましたか?

    でも、表示内容が少し変りましたね。
    これ以降、この画面で、「登録の修正」画面へ移動したり、登録を追加・削除したり、 手動接続、自動接続の設定などが行なえます。

    RTA52i(192.168.0.1)-[端末型プロバイダ接続]
    YAMAHA△NetVolante△LINK
    RTA52i [△設定トップ△プロバイダ接続△LAN間接続△電話設定△付加機能△システム設定]

    [ 端末型プロバイダ接続 ]


    プロバイダの登録
    接続状態
    プロバイダ名
    手動操作 最後の通信
    未接続1 YAMAHA (浜松)
    選択中
    なし

    プロバイダの削除
     

    自動接続設定
      自動接続を しない する 
      自動接続をする に設定すると、コンピュータからインターネットへアクセス(ブラウザやメールなど)が発生した時に自動的に回線を接続します。
    コンピュータやルータの設定/運用によっては、意図しない接続や長時間の接続による異常課金となる場合がありますので十分注意してください。

    プロバイダへの接続方式
     ひとつのプロバイダに接続する →接続先
     複数のプロバイダに同時接続する →同時接続方式

     

    CONN/DISCボタン接続/切断設定
     ボタンによる接続をしない する
     ボタンによる切断をしない する
     


    現在の接続状態の確認
    回線は接続していません。
    最新情報に更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。


  12. プロバイダ情報を確認しよう!

    端末型接続の画面で、 先程登録したプロバイダ情報「YAMAHA (浜松)」の ボタンを押します。

    RTA52i(192.168.0.1)-[端末型プロバイダ接続:修正]
    YAMAHA△NetVolante△LINK
    RTA52i [△設定トップ△プロバイダ接続△LAN間接続△電話設定△付加機能△システム設定]

    [ 端末型プロバイダ接続設定 ][ プロバイダ1:YAMAHA (浜松) ][ オプション設定 ]


    契約したインターネットプロバイダから通知された情報を設定します。(同じプロバイダを複数登録しないで下さい)
    DNSサーバアドレスの自動取得は、プロバイダが対応している必要があります。
    意図しない課金や接続を防ぐために、登録後には設定した通りの接続/切断が行なわれる事を確認してください。
    発信制限やユーザID/パスワード違いにより自動的に接続を禁止する場合がありますので、接続ができなくなった場合はそれぞれの項目を確認してください。
    プロバイダ名 半角32文字以内
    プロバイダの電話番号 1 半角入力32桁以内
    2 (省略可能)
    3 (省略可能)
    ユーザID 半角入力32文字以内
    パスワード 半角入力32文字以内
    DNSサーバアドレス
    プライマリDNSサーバアドレス 指定の場合半角入力
    セカンダリDNSサーバアドレス (省略可能)

    上記の項目を設定した後、登録ボタンで設定内容を登録してください。


    [操作]

    • →プロバイダ情報を変更する時選びます。 登録を行なうと、オプション設定の情報は初期化されます。


[ トラブル対策 ]

[ 関連するRTA52i用設定例 ]

[ 関連情報 ]

[ パソコンの設定に関する情報 ]



[ RTA52i (FAQ , 設定例集 / 端末型プロバイダ接続の設定例 (files) ]