リブートログ保存機能

$Date: 2021/03/31 06:52:37 $

概要

ルーターの設定間違いやファームウェアのバグなどにより意図しないリブートが発生した場合、ルーターのRAM上にはリブート直前のSYSLOGは保存されているため、リブート発生直後であれば原因の解析をすることができます。

しかし、再起動後の運用でもSYSLOGは常に出力され続けているため、SYSLOGはそのうち上書きされてしまいます。

本機能では、意図しないリブートが発生したときは、直前のSYSLOGを退避用エリアに保存することで、再起動後でもリブート直前のSYSLOGを参照できるようになり、原因の解析をすることができるようになります。

退避されたログは、show log savedコマンドで確認することができます。show log savedコマンドはshow techinfoコマンドを実行した時も実行されます。

以下の操作により再起動をした場合、再起動直前のSYSLOGは退避ログとして保存されません。
(これらの操作をする前に保存されていた退避ログは消えずに残っています)

退避されたログはclear log savedコマンドで削除できます。 また、以下の操作をした場合は消えてしまいます。


対応機種とファームウェアリビジョン

機種 ファームウェア
退避ログの表示 退避ログの削除
vRX VMware ESXi版すべてのリビジョン
vRX Amazon EC2版
RTX1220
RTX830
NVR510
NVR700W
RTX1210すべてのリビジョンRev.14.01.11以降
RTX5000Rev.14.00.18以降
RTX3500Rev.14.00.18以降
FWX120Rev.11.03.22以降
RTX810Rev.11.01.28以降
NVR500Rev.11.00.16以降Rev.11.00.35以降
RTX1200Rev.10.01.36以降Rev.10.01.71以降
SRT100Rev.10.00.61以降 -
RTX3000Rev.9.00.56以降 -

コマンド

退避ログの表示

[書式]
show log [saved] [reverse]
show log external-memory [backup [FILEID]]
less log [saved] [reverse]
[設定値及び初期値]
[説明]
ルーターの動作状況を記録したログを表示する。

ログは以下の行数だけ保持することができる。 最大数を越えた場合には、発生時刻の古いものから消去されていく。最大数以上のログを保存する場合には、syslog host コマンドでログを SYSLOG サーバーに転送して、そちらで保存する必要がある。

意図しないリブートが発生したときは、'saved' を指定することでリブート直前のログを表示することができる。

このコマンドでは、通常は発生時刻の古いものからログを順に表示するが、'reverse' を指定することで新しいものから表示させることができる。

パワーオフログ保存機能のない機種では、ルーターの電源を切るとログは消去される。
[ノート]
restart コマンドや TFTP によるファームウェアのバージョンアップなどで電源を入れたままルーターが再起動した場合でも、電源を切らない限りはログは保存される。

saved オプションは、RTX3000 Rev.9.00.56 以降、SRT100 Rev.10.00.61 以降、RTX1200 Rev.10.01.36 以降、NVR500 Rev.11.00.16 以降のファームウェア、および、Rev.11.01 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。

external-memory を指定した場合は以下の制限がある。

external-memory を指定して、external-memory syslog filename コマンドが設定されていない場合は実行エラーとなる。

external-memory、backup パラメータは RTX1200 Rev.10.01.11 以降のファームウェア、および、Rev.11.00 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。
FILEID パラメータは Rev.11.01 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。

退避ログの削除

[書式]
clear log [saved]
[設定値及び初期値]
[説明]
ログをクリアする。
[ノート]
saved オプションは、Rev.10.01.71 以降のRTX1200、Rev.11.00.35 以降のNVR500、Rev.11.01.28 以降のRTX810、Rev.11.03.22 以降のFWX120、Rev.14.00.18 以降のRTX5000/RTX3500、Rev.14.01.11 以降のRTX1210のファームウェア、および、Rev.15.00 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。

参考情報


[EOF]