Technical Notes

ネットワーク構築時にご活用いただける設定情報、お問い合わせの多い情報をまとめました。
LAN の設計、スイッチの設置・設定時にご活用下さい。

技術情報 スイッチの設定例 FAQ

技術情報

SWXシリーズに関係するネットワークの技術情報についてまとめました。
ネットワークの設計だけでなく、スキルの向上などに役立ててください。

SDVoE
SDVoE (Software Defined Video over Ethernet) について

4K映像・音声・制御データを非圧縮で長距離映像伝送を行うAV over IP規格であるSDVoE。
SDVoEの概要とSDVoE環境でヤマハ10ギガビット対応スイッチを活用する場合の設定方法についてまとめました。

詳しく見る

スイッチの設定例

SWXシリーズの代表的な機能とその設定例についてまとめました。
該当する設定内容を選択し、ご確認ください。
設定例一覧

保守・運用機能

ご購入いただいた製品の設定開始までの手順について説明します。
具体的にはCONSOLEポートTelnetSSHWebブラウザーを使用した設定について説明します。

通信トラフィックの観測方法について説明します。
具体的には、ヤマハスイッチ独自のトラフィック観測機能の設定と、SDカードを利用したバックアップ方法、バックアップしたCSVデータの活用方法について説明します。
また、ミラーリングを使用したトラフィックの確認方法についても説明します。

ネットワークに接続されている端末の監視方法について説明します。
具体的には、ヤマハスイッチ独自の端末の監視機能の設定をベースに、スケジュール機能との連携などについて説明します。

日頃の保守・運用業務を軽減するネットワークの可視化構成管理について説明します。
具体的には、ネットワークの可視化を実現するヤマハ独自のLANマップの設定方法Ansibleを使用した運用の自動化について説明します。
仮想化

レイヤ2の仮想化技術として、ポートベースVLANタグVLANマルチプルVLANプライベートVLAN の設定方法について説明します。
帯域確保・冗長化

ネットワーク構成の単一障害点(SPOF)を除去するためのスイッチの冗長化機能について説明します。
具体的には、VRRPとSTPで構成する方法と、スタックとリンクアグリゲーションで構成する方法について説明します。
IPアドレス管理・ルーティング

ダイナミックルーティングプロトコルとして、比較的小規模なネットワークで利用されるRIP、大規模で複雑なネットワークで利用されるOSPFの設定について説明します。

特定のポリシー(送信元/宛先IPv4アドレス、IPプロトコル種別、送信元/宛先ポート番号など)に従ってルーティングを行うポリシーベースルーティングの設定について説明します。
認証・セキュリティ

ネットワークに接続する端末とユーザーを認証する仕組みとして、トリプル認証 (IEEE 802.1x認証, WEB認証, MACアドレス認証) の設定について説明します。

クライアントから通知される情報をもとに、認証を行うRADIUSサーバー機能の設定について説明します。
トリプル認証 (IEEE 802.1x認証, WEB認証, MACアドレス認証) と組み合わせることでスイッチ単体で認証の仕組みを実現できます。
トラフィック制御

ネットワーク上で特定の通信のために帯域を予約し、一定の通信速度を保証するQoSについて説明します。
具体的には、DiffServe802.1p 優先制御帯域保証帯域制限などについて説明します。

ネットワークの通信要件に従って、通信アクセスを制御するACL(Access Control List)について説明します。

FAQ (よくあるご質問)

製品の使用方法や販売に関するご質問など、お問い合わせの多い内容を掲載しております。
該当するご質問内容を選択し、ご確認ください。

LANの構成管理

L2MSマネージャーとなるネットワーク機器によって、L2MSエージェントを管理できる台数が異なります。
各製品の 最新のファームウェア での管理台数は、以下のようになっています。
製品 L2MSエージェント管理台数
スイッチ SWX3220 シリーズ 128台
SWX3200 シリーズ 128台
SWX3100 シリーズ 128台
SWX2320 / SWX232xP シリーズ 128台
SWX2310 / SWX2310P シリーズ 128台
SWX2300 シリーズ 32台
ルーター RTX1220 / RTX1210 / RTX830 64台
RTX1200 / RTX810 32台
NVR700W / NVR510 64台
FWX120 32台
PCアプリ LANモニター 上限なし (PCのスペックに依存します)
注意事項

L2MSエージェントとなるスイッチの配下に多数のスイッチを配置すると、稀に LAN マップでネットワーク構成を正しく表示できないことがあります。
以下に L2MSエージェントとなるスイッチの配下に配置できる上限台数を示します。
こちらの情報を参考に、ネットワーク構成を検討してください。

L2MSエージェントスイッチ 配下に設置可能な L2MSエージェント機器の台数
SWX2100 シリーズ SWX2100-8G 8台
SWX2100-16G / SWX2100-24G 64台
SWX2100-5PoE 4台
SWX2100-10PoE 64台
SWX2110 シリーズ SWX2110-5G / SWX2110-8G 16台
SWX2110-16G 64台
SWX2110P-8G 16台
SWX2200 シリーズ SWX2200-8G / SWX2110-24G 64台
SWX2200-8PoE 64台
SWX2210 シリーズ SWX2210-8G / SWX2210-16G / SWX2210-24G 64台
SWX2210P-10G / SWX2210P-18G / SWX2210P-28G 64台
SWX23xx / SWX3100 / SWX32xx シリーズ 127台

ネットワーク内の推奨管理台数は、 最大 200 台 です。
推奨管理台数を超える端末が存在する場合、Web GUIのLANマップの動作が重くなったり、応答しなくなることがあります。
必要に応じて、L2MSのマネージャー機器で、端末の管理機能を無効にしてください。

他社スイッチでL2MSフレームを遮断するような動作をしない限り、他社スイッチのダウンリンク側にあるL2MSのエージェントスイッチも表示されます。
ただし、他社スイッチはLANマップ上では表示されません。
他社スイッチが存在する場合、上位ヤマハスイッチのダウンリンク側に、直接L2MSのエージェントスイッチが存在するように表示されます。
インターフェース

以下の弊社製品を使用することを推奨しますが、各規格に準拠したものであれば使用できます。
なお、他社製品を使用する場合は動作保証外となります。
SFP モジュール SFP+ モジュール

データ通信のために使用できます。ご利用する環境に合わせて、YDAC-10G-3M、YDAC-10G-1Mのいずれかをご使用ください。
なお、ダイレクトアタッチケーブルを使用して接続する場合は、必ず機器同士のアースが同電位となるように接続してください。アースの電位が異なる機器同士を接続すると、誤動作や故障の原因となる恐れがあります。
ルーティング

各機能を単体で使用した場合の経路数の上限は、以下となります。
分類 機能 L3スイッチ L2スイッチ
SWX3220 シリーズ SWX3200 シリーズ SWX3100 シリーズ SWX232x シリーズ SWX2310 シリーズ
IPv4 スタティック経路 1024 512 384 128 128
RIP v1/v2 1024 900 256 - -
OSPF v2 8192 4096 - - -
IPv6 スタティック経路 1024 512 128 32 32
RIPng 1024 900 128 - -
OSPF v3 8192 2048 - - -
- ポリシーベースルーティング 128 128 32 - -
注意事項
  • スイッチ自体で使用するIPアドレスの数や、ARPテーブルの登録状況によっては、上記の上限を満たせない場合があります。
  • 機能を併用する場合は、上記の上限を満たせない場合があります。
その他

カードタイプ: microSDカード/microSDHCカード、 ファイルフォーマット: FAT16/FAT32 であれば、どのメーカーの製品でも利用できます。
一例として、以下の製品で問題なく利用できることを確認しております。
Transcend
  • TS8GUSD500S
  • TS16GUSDHC4
Panasonic
  • RP-SMGA04GJK
TOSHIBA
  • MSDAR40N16G
トップへ