スタティックルーティング


1 機能概要

本製品では、IPネットワークでの経路制御としてスタティックルーティング(静的ルート情報)を使用することができます。
管理者がコマンド入力によって明示的にルート情報を登録することができます。
IPv4ネットワークの静的ルートとIPv6ネットワークの静的ルートの両方の設定が可能です。

静的ルート情報には、以下の2種類があります。

タイプ 説明
VLANインターフェースルート情報 ip/ipv6 address コマンドによるIPアドレス設定で自動登録されるルート情報
スタティックルート情報 ip/ipv6 route コマンドによるルート設定で登録されるルート情報

経路表の表示には、 show ip/ipv6 route コマンドを使用します。



2 用語の定義

特になし



3 機能詳細

3.1 VLANインターフェースルート情報

ip/ipv6 address コマンドによるIPアドレス設定で自動登録されるルート情報です。
本製品に直接接続されているネットワークのルート情報となり、インターフェースに関連付けられています。

VLAN1インターフェースにIPアドレスとして192.168.100.1/24を設定し、経路表を表示します。

Yamaha(config)# interface vlan1
Yamaha(config-if)# ip address 192.168.100.1/24
Yamaha(config-if)# exit
Yamaha(config)# exit
Yamaha#show ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP
       O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       * - candidate default

IP Route Table for VRF "default" 
C       192.168.100.0/24 is directly connected, vlan1

Gateway of last resort is not set


3.2 スタティックルート情報

ip/ipv6 route コマンドによるルート設定で登録されるルート情報です。
特定のネットワーク宛のルートを静的に設定したり、デフォルトゲートウェイを設定することができます。
デフォルトゲートウェイを設定する場合は、宛先ネットワークとして 0.0.0.0/0 を指定します。
ip route コマンドによるIPv4スタティック経路は最大1024個まで設定することができます。
ipv6 route コマンドによるIPv6スタティック経路は最大1024個まで設定することができます。

172.16.0.0/16宛の経路のゲートウェイを192.168.100.254に設定し、経路表を表示します。

Yamaha(config)# ip route 172.16.0.0/24 192.168.100.254
Yamaha(config)# exit
Yamaha# show ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP
       O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       * - candidate default

IP Route Table for VRF "default" 
S       172.16.0.0/16 [1/0] via 192.168.100.254, vlan1
C       192.168.100.0/24 is directly connected, vlan1

Gateway of last resort is not set

デフォルトゲートウェイとして192.168.100.200を設定し、経路表を表示します。

Yamaha(config)# ip route 0.0.0.0/0 192.168.100.200
Yamaha(config)# exit
Yamaha# show ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP
       O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       * - candidate default

IP Route Table for VRF "default" 
Gateway of last resort is 192.168.100.200 to network 0.0.0.0

S*      0.0.0.0/0 [1/0] via 192.168.100.200, vlan1
S       172.16.0.0/16 [1/0] via 192.168.100.254, vlan1
C       192.168.100.0/24 is directly connected, vlan1


3.3 経路表の表示

経路表には、実際にパケット転送で使用されるルート情報のみが登録されているIP転送表(FIB)とすべてのルート情報が登録されているIP経路表(RIB)の2つがあります。
VLANインターフェースルート情報とスタティックルート情報は、すべてIP経路表に登録されます。そして、その中から実際にパケット転送処理で使用されるルート情報のみがIP転送表に登録されます。

IP転送表とIP経路表を表示するには、 show ip/ipv6 route コマンドを使用します。
経路表では、VLANインターフェースルート情報とスタティックルート情報は以下のように表示されます。

タイプ 表示
VLANインターフェースルート情報 C - connected
スタティックルート情報 S - static

show ip/ipv6 routeでオプションを指定しない場合、IP転送表が表示されます。
show ip/ipv6 routeでdatabaseオプションを指定することでIP経路表を表示することができます。
また、その他のオプションを指定することでサマリー情報や特定の経路の情報のみを表示することもできます。

オプション 説明
IPアドレス 指定したIPアドレス宛にパケットを転送するとき使用されるルート情報を表示する。
IPアドレスとプレフィックス 指定した情報と一致するルート情報を表示する。
database 設定されている全てのルート情報(IP経路表)を表示する。
summary IP経路表のサマリー情報を表示する

show ip route コマンドの詳しい使用方法については、コマンドリファレンスを参照してください。

3.4 ルート情報の優先度(管理距離)

ルート情報には、Administrative Distanceと一般的に呼ばれる優先度が存在します。
これは、VLANインターフェースルート情報とスタティックルート情報で同じ宛先へのルート情報が登録されたとき、どちらを優先するか決めるために使用されます。
ルート情報の優先度は、スタティックルーティングに限らずダイナミックルーティングも含めて適用することができます。
スタティックルーティングのルート情報の優先度は、 ip route コマンド末尾のオプションにより1~255の範囲で指定することができます。
小さい値のほうが優先度が高くなり、初期状態では以下の優先度となります。

タイプ 優先度の初期値 優先度の変更方法
VLANインターフェースルート情報 なし(他のどのルート情報よりも優先) 設定変更不可。
スタティックルート情報 1 ip/ipv6 route コマンド末尾のオプションにより1~255の範囲で指定可能。


3.5 ルーティング機能の有効化

ip/ipv6 forwarding コマンドでルーティング機能の有効/無効を切り替えることができます。
初期状態では、IPv4, IPv6ともにルーティング機能は有効となっています。



4 関連コマンド

関連コマンドについて、以下に示します。
コマンドの詳細は、コマンドリファレンスを参照願います。

機能種別 操作項目 操作コマンド
ルート情報の設定 スタティックルート情報の設定 ip route / ipv6 route
スタティックルート情報の表示 show ip route / show ipv6 route
ルート情報の表示 show ip route / show ipv6 route
ルーティング機能の設定 ルーティング機能の設定 ip forwarding / ipv6 forwarding
ルーティング機能の状態表示 show ip forwarding / show ipv6 forwarding



5 注意事項

特になし


6 関連文書

特になし


トップへ戻る