かんたん設定の基本操作例


pingの動作を観測する


作成日2000/Apr/06
最終変更日2018/Nov/06
文書サイズ8.8KB


[ 概要 ]


[ pingの動作を観測する ]

  1. ログをクリアしよう!

    を選びますと、ログがクリアされます。

    しかし、「LANインタフェースを通過するパケットのログを残す」設定だと、クリア後のかんたん設定との通信が記録されてしまいます。

  2. ping

    設定端末などからルータにpingを実行します。

    Windows95/Windows98などでは、 MS-DOSプロンプト から ping.exe を以下のように実行します。

    Microsoft(R) Windows 98
       (C)Copyright Microsoft Corp 1981-1998.
    
    C:\WINDOWS> ping 192.168.0.1
    
    Pinging 192.168.0.1 with 32 bytes of data:
    
    Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
    
    Ping statistics for 192.168.0.1:
        Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
    Approximate round trip times in milli-seconds:
        Minimum = 2ms, Maximum =  2ms, Average =  2ms
    
    C:\WINDOWS>
    

    また、pingを実行するユーティリティは、以下のURLでも紹介しています。

  3. ログを確認してみよう!

    WWWブラウザの「再読み込み」や ボタンによって、 最新のログを表示させます。

    Syslog表示 Configへ
    各種状態やパケットのやりとりを表わすものです。「最新情報」ボタンで更新します。ブラウザの再読み込み/更新ボタンでも更新されます。
    
    〜〜〜〜〜 関係の無い部分を省略 〜〜〜〜〜
    
    2000/04/06 10:45:01: LAN1 Passed at OUT(100) filter: TCP 192.168.0.1:80 > 192.168.0.2:1122
    2000/04/06 10:45:01: same message repeated 1 times
    2000/04/06 10:45:01: LAN1 Passed at IN(100) filter: TCP 192.168.0.2:1122 > 192.168.0.1:80
    2000/04/06 10:45:29: LAN1 Passed at IN(100) filter: ICMP 192.168.0.2 > 192.168.0.1 : echo request
    2000/04/06 10:45:29: LAN1 Passed at OUT(100) filter: ICMP 192.168.0.1 > 192.168.0.2 : echo reply
    2000/04/06 10:45:30: LAN1 Passed at IN(100) filter: ICMP 192.168.0.2 > 192.168.0.1 : echo request
    2000/04/06 10:45:30: LAN1 Passed at OUT(100) filter: ICMP 192.168.0.1 > 192.168.0.2 : echo reply
    2000/04/06 10:45:31: LAN1 Passed at IN(100) filter: ICMP 192.168.0.2 > 192.168.0.1 : echo request
    2000/04/06 10:45:31: LAN1 Passed at OUT(100) filter: ICMP 192.168.0.1 > 192.168.0.2 : echo reply
    2000/04/06 10:45:32: LAN1 Passed at IN(100) filter: ICMP 192.168.0.2 > 192.168.0.1 : echo request
    2000/04/06 10:45:32: LAN1 Passed at OUT(100) filter: ICMP 192.168.0.1 > 192.168.0.2 : echo reply
    2000/04/06 10:46:59: LAN1 Passed at IN(100) filter: TCP 192.168.0.2:1123 > 192.168.0.1:80
    2000/04/06 10:46:59: LAN1 Passed at OUT(100) filter: TCP 192.168.0.1:80 > 192.168.0.2:1123
    
    〜〜〜〜〜 関係の無い部分を省略 〜〜〜〜〜
    
    

    ログに記録されている情報について
    ログの内容説明
    2000/04/06 10:45:01: 記録した時刻を表します。
    LAN1 Passed at OUT(100) LAN1側OUT方向の100番のフィルタにより通過(pass)したことを表します
    LAN1 Passed at IN(100) LAN1側IN方向の100番のフィルタにより通過(pass)したことを表します
    ICMP プロトコルがICMPであったことを表しています。
    192.168.0.1 IPアドレスが192.168.0.1であることを表しています。 つまり、RTA52iです。
    192.168.0.2 IPアドレスが192.168.0.2あることを表しています。 つまり、pingを実行している端末です。
    ICMP 192.168.0.2 > 192.168.0.1 : echo request 送信元(192.168.0.2)から送信先(192.168.0.1)への ICMP(echo request)パケット
    ICMP 192.168.0.1 > 192.168.0.2 : echo reply 信元(192.168.0.1)から送信先(192.168.0.2)への ICMP(echo reply)パケット


[ 関連設定例 ]

[ 関連情報 ]



[ RTA52i (FAQ , 設定例集 / かんたん設定の基本操作 (files) ]