http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/relnote/Rev.14.01/relnote_14_01_36.html
Revision : 14.01.36
Release : May. 2020, ヤマハ株式会社

RTX1210 Rev.14.01.36 リリースノート


ファームウェアのリビジョンアップを行う前に必ずお読みください


Rev.14.01.26以降のファームウェアへリビジョンアップを行う際には以下の点にご注意ください。

Rev.14.01.26では以下の変更をしています。

RTX1210 Rev.14.01.26 リリースノート 」より、

1. 本機にアクセスするときのセキュリティーを強化した。
8. 工場出荷状態の設定にtelnetd host lanコマンドを追加した。

Rev.14.01.26以降のファームウェアを使用して工場出荷状態からプロバイダーを設定すると、上記のコマンドが設定されているため遠隔からTELNETでログインができなくなります。
遠隔からTELNETでログインをする場合はtelnetd hostコマンドの設定を変更してください。


Rev.14.01.35 からの変更点


■機能追加

  1. L2MSでWLX212に対応した。

  2. RIPv2において、RIP広告動作を変更できるようにした。

    ○RIPv2での広告動作モードの設定

    [書式]
    rip advertise mode mode
    no rip advertise mode [mode]
    [設定値及び初期値]
    • mode
      • [設定値] :
        設定値 説明
        1 RIPの送信インターフェースが属するネットワークアドレスと広告する経路の宛先ネットワークアドレスが一致し、サブネットマスクが異なる場合は、その経路を広告しない。
        2 RIPの送信インターフェースが属するネットワークアドレスと広告する経路の宛先ネットワークアドレスが一致し、サブネットマスクが異なる場合は、その経路を広告する。
      • [初期値] : 1
    [説明]
    RIPv2でRIP送信インターフェースが属するネットワークアドレスと広告する経路の宛先ネットワークアドレスが一致し、サブネットマスクが異なる場合、当該経路の広告動作をmodeの設定値によって変更する。
    本コマンドに対応していないリビジョンでは、modeの設定値が1のときの動作をする。
    RIPv1の動作には影響はない。
    [ノート]
    RTX1210 Rev.14.01.36以降で使用可能。
  3. BGP機能でMED属性が付与されていない経路のデフォルトのMED値を設定するコマンドを追加した。

    ○BGPの最適経路選択におけるMED属性が付加されていない経路のデフォルトのMED値の設定

    [書式]
    bgp default med med
    no bgp default med [med]
    [設定値及び初期値]
    • med
      • [設定値] : 0 .. 2147483647
      • [初期値] : 2147483647
    [説明]
    BGPの最適経路選択で、MED属性が付加されていない経路に対するデフォルトのMED値を設定する。 本コマンドが設定されていない場合、MED属性が付加されていない経路は最大のMED値(2147483647)を持つことになり、優先度は最低となる。 本コマンドの設定は、MED属性が付加されている経路には影響しない。
    [ノート]
    RTX1210はRev.14.01.36以降で使用可能
  4. DHCPリレーエージェント機能で使用する始点ポート番号を設定するコマンドを追加した。

    ○DHCPリレーエージェント機能で使用する始点ポート番号の設定

    [書式]
    dhcp relay srcport port
    no dhcp relay srcport [port]
    [設定値及び初期値]
    • port
      • [設定値] : ポート番号(1-65535)
      • [初期値] : 68
    [説明]
    DHCPリレーエージェント機能で使用する始点ポート番号を設定する。
    [ノート]
    RX1210 Rev.14.01.36以降で使用可能。

■仕様変更

  1. OCNバーチャルコネクトサービスの固定IP契約で、起動時にルーターが保持しているMAPルールのプレフィックスと受信したプレフィックスが一致しない場合でも、トンネルがアップするよう変更した。

  2. IPv6でNGN網を介したリナンバリングが発生したとき、または、マルチプレフィックスになったとき、直後に配下の端末が持つ優先度の低いプレフィックスを無効にするよう変更した。

  3. ネットボランチDNSのIPv6のホストアドレスが未設定の状態で、グローバルIPv6アドレスが割り当てられたとき、DEBUGレベルの以下のログを出力しないよう変更した。

    [DDNS] Indication IPv6 address is assigned
    [DDNS] Received Indication IPv6 address.

  4. DHCPサーバー機能で、特定の機器でDHCPNAKが認識できなかったのを、認識できるようにした。

  5. dhcp scope optionコマンドで、オプション番号252に文字列を設定できるようにした。この変更に伴い、オプション番号252で設定されたconfigは文字列で出力するようにした。

  6. Web GUIのかんたん設定の[プロバイダー接続]および詳細設定の[プロバイダー接続]で接続種別にIPv6 IPoE接続を選択したとき、以下のIPv4 over IPv6トンネルを設定できるようにした。

  7. Web GUIの詳細設定の[セキュリティー]-[IPフィルター]で、IPv6フィルターを設定できるようにした。

  8. Web GUIのLANマップのSWX2210/SWX2210Pシリーズの[ポートの設定]ダイアログで、QoSの設定項目にポート優先度を追加した。

■バグ修正

  1. IPv6でマルチポイントトンネルが確立すると、その後の動作が不安定になり、リブートすることがあるバグを修正した。

    Rev.14.01.34以降で発生する。

  2. SSHクライアント機能で、以下の操作を行うとリブートするバグを修正した。

  3. Web GUIのダッシュボードでVPN接続状態(リモートアクセス)ガジェットを表示させながらpp auth usernameコマンドを設定するとリブートすることがあるバグを修正した。

  4. Anonymousインターフェースを選択した状態でshow status netvolante-dns ppコマンドを実行するとリブートするバグを修正した。

  5. schedule atコマンドで、TIMEに時刻形式以外のパラメーターを指定したntpdateコマンドが設定されているとき、Web GUIの以下のページを開くとリブートすることがあるバグを修正した。

    1. かんたん設定の[基本設定]-[日付と時刻の設定]
    2. 管理の[本体の設定]
  6. ipsec transportコマンドを設定するとメモリーリークが発生するバグを修正した。

  7. YNOエージェント機能で、YNOマネージャーのファームウェア更新機能によってファームウェアを更新したとき、YNOマネージャーのジョブの実行結果に更新前のリビジョンが表示されるバグを修正した。

  8. IPマスカレード機能で、TCP, UDP, ICMP, GRE以外のプロトコルのNATエントリーが存在するとき、当該プロトコルの外から内向きのパケットを受信すると不要なNATエントリーが登録されることがあるバグを修正した。

    Rev.14.01.35で発生する。

  9. インターフェースIDが::1の動的IPv6アドレスが割り当てられたとき、ネットボランチDNSが使用できないバグを修正した。

  10. L2TP/IPsec接続で、送信元IPアドレスが同じ接続要求を同時に3つ以上受信した場合、接続を受けたトンネルで新規接続を受けることができなくなることがあるバグを修正した。

  11. 既に受信したことのあるRAと同じRAを再受信したとき、パケットロスが発生することがあるバグを修正した。

  12. マルチプレフィックス状態で、1つのプレフィックスの寿命が尽きたとき、IPIPトンネルがダウンしてしまうバグを修正した。

  13. RIPv1において、RIP広告の受信設定がテキスト型認証方式と認証キーの設定をしているとき、受け取ったRIP広告を破棄するバグを修正した。

  14. RIPv2において、RIP広告の受信設定が以下のとき、認証方式の種類に関わらず認証方式と認証キーの設定をしている送信側からのRIP広告を不正に受け取ってしまうバグを修正した。

  15. ネットボランチDNSのIPv6のホストアドレスが設定されている状態で、DHCPv6によりグローバルIPv6アドレスが割り当てられたとき、ネットボランチDNSが自動更新されないバグを修正した。

  16. dhcp scope optionコマンドで、オプション値に特殊文字(?#|>\'"(空白))を含む文字列を設定したとき、コンソール上で正しく設定内容が表示されないバグを修正した。

  17. bgp import filterコマンドで、設定したmetricの値がshow status bgp neighbor advertised-routesコマンドで表示されないバグを修正した。

  18. console characterにen.asciiが設定されているとき、show ipv6 addressコマンド実行時に表示される括弧が文字化けするバグを修正した。

    Rev.14.01.35で発生する。

  19. console characterにja.eucまたはja.utf8が設定されているとき、import sshd authorized-keysコマンドの実行時に表示される一部が文字化けするバグを修正した。

  20. 以下のコマンドで、無効なポート番号を設定できるバグを修正した。
    表示上の問題であり、機能には影響はない。

  21. Web GUIの詳細設定の[セキュリティー]-[IPフィルター]のTOPページで[?]ボタンをクリックしたとき、「2.トップページ」がフォーカスされた状態でヘルプページが開くバグを修正した。

  22. Web GUIの管理の[保守]-[ファームウェアの更新]-[ネットワーク経由でファームウェアを更新]で、ファームウェアの更新に失敗したときにエラーメッセージが正しく表示されないバグを修正した。

  23. Web GUIのかんたん設定の[プロバイダー接続]でプロバイダー接続の新規設定を行うとき、インターフェースの選択ページで初期選択されているラジオボタンに応じたパンくずリストが表示されないバグを修正した。

  24. Web GUIの以下のページで、IPv4 over IPv6トンネルインターフェースの種別が空欄になるバグを修正した。

  25. Web GUIの以下のヘルプページで、誤記を修正した。

  26. コマンドヘルプの誤記を修正した。


■更新履歴

May. 2020, Rev.14.01.36 リリース
Jun. 2020, 仕様変更[4] 追加

以上