インターネット接続に最適な低価格ルータ
                「RT100i」の販売を開始します

ヤマハではこの度、インターネット接続に最適な ISDN リモートルータ
「RT100i」を開発しました。3月1日より販売を開始いたします。

新製品「RT100i」は、長年ヤマハで培われてきた ISDN 技術、LAN 技術
を結集した BRI インターフェイスの低価格、コンパクトなリモートルー
タです。当初は TCP/IPだけを対象としていますが、IPX も本年6月頃サ
ポートする予定です。

RT100iは当初、住友商事株式会社のルートを通じて販売を開始します。
価格は26万円です。期間限定発売記念キャンペーン特別価格として'95年
4月28日までのご注文分については 19万8千円で販売いたします。

● 基本スペック
LAN インタフェース               10BASE5(DB-15)
                                 10BASE-T(RJ-45,NORMAL/REVERSE)
WAN インタフェース               ISDNまたはディジタル専用線(RJ-45)
シリアル インタフェース(設定用)  RS232C,DB-9,1200〜9600bps
表示                             LED 5個
                                 ( Power,B1ch,B2ch,Link(10BASE-T),Data )
寸法                             228 x 152 x 41 mm
重量                             950g
電源電圧                         AC100V
電源周波数                       50/60 Hz
最大消費電力                     5 W(ただし、トランシーバ消費分は含まず)
同時接続                         2対地
接続設定箇所                     30箇所 + anonymous
ルーティング対象プロトコル       IP,IPX(IPXは6月予定)
ルーティングプロトコル           RIP
管理プロトコル                   SNMP(4月予定)
WANプロトコル                    PPP
セキュリティ                     パケットフィルタリング
                                      IPアドレス,プロトコル,ポート
                                      ソース/デスティネーション
                                      IN/OUT,LAN側/WAN側
                                 ISDN識別着信
                                 パスワード(ユーザ,管理)
                                 PAP,CHAP
設定手段                         シリアル,TELNET,ISDN(遠隔地のRT100i)
                                 TFTP でのダウンロード/アップロード
                                 RARP での IP アドレスの取得
プログラムのアップデート         TFTP によるダウンロード
ロギング                         メモリに蓄積,SYSLOG での出力
ログの内容                       ISDN呼制御,PPP のリンクパケット,
                                 フィルタリングされたパケット,料金など
データ圧縮                       CCP(Predictor1)、VJC

● 特長
・業界標準の採用
   - PPP の採用
         PAP, CHAP, IP Address オプション, VJ-Compression, CCP/PREDICTOR
   - CIDR対応
        スタティックルーティングにすれば、ネットマスクを自由に
        設定することが可能
   - PP側のルーティング
        PP側はNumbered/Unnumbered が選べる(IPアドレスの枯渇に対処)
        また PP側でもDyanmic/Static 両方のルーティングが選べる
   - ProxyArp
   - RARP
・ISDNと専用線の両方で使用可能
    - ISDNか専用線かはコマンドで選択
    - RT100iはそのままで、ISDN から専用線に移行できる
・容易な設定
    - 日本語(SJIS,EUC)/英語(ASCII)をコマンドで選択
    - コマンド入力サポート機能の充実
          コマンド/パラメータの補完、ヒストリ、行編集
          help 機能
    - 標準的な場合、双方 7 行で設定可能
      <例>
        # ip lan address xxx.xxx.xxx.xxx
        # isdn local address 314-159-2653/RT100i-A
        # pp select 1
        # isdn remote address 589-793-2384/RT100i-B
        # ip pp route add net yyy.yyy.yyy.yyy 3
        # pp enable 1
        # save
・万全のセキュリティ
   - 識別着信
         通信相手の電話番号で識別し、登録した相手のみと接続できる
         用にする機能。ISDNの特徴を最大限に活用。他社にはあまり見
         られない機能である。
         ただし、anonymous の設定もできる
   - パケットフィルタリング
         2箇所(LAN,WAN)2方向(in,out)の設定ができる。
         アドレス、ポートについて ソース/デスティネーションの設定が可能。
         Established も設定できる。TCP のフィルタリングに威力
         PPP の CHAP/PAPも装備
・高速
   - ハードウェアバルクの採用(自社製LSI)により、ISDNの2B接続時
     高効率の転送を実現。実測値としては、FTP で 114kbit/s (圧縮
     なし)を観測している
   - 自社製 LSI の使用により、ISDN接続までの時間が短い。1秒以内で
     の接続を観測している
・Flash ROMの採用
   - ソフトウェアのバージョンアップ
        tftp にてソフトウェアのバージョンアップが可能
   - 設定内容も Flash ROM に格納
・同時2対地、設定30箇所
     各相手先毎に完全に独立してパラメータを設定できる
・安価なコールバック
     コールバックを要求する方は無料
・多種類の設定手段
   - serial, telnet, isdn(遠隔地のRT100i)にて同じ操作ができる
   - RARPによる IP アドレスの取得
   - tftp にて設定をファイルに取り出すことができる。
     設定ファイルをRT100iに送信することで設定できる
・豊富なロギング
   - 累積料金
   - フィルタリングされたパケット
   - ISDN の呼制御や PPP のリンク確立までのパケットがログにとれるので、
     他機種との接続チェックが容易である
・SYSLOG
     ログは RT100i 内のメモリに貯めるとともに、SYSLOG としても出力
     できる
・ISDN直結
     ISDN回線に直結するので、外付けのTAは不要
・10BASE-T のクロススイッチの装備
     リバースに設定すると、コンピュータに直結できるので、
      LAN が設置されていないサイトではハブが不要である
・PCカード(発売予定)と接続可能

● 問い合わせ先
   住友商事株式会社名古屋支社
   機電部 福田
   TEL 052-963-2141  FAX 052-963-2202

   ヤマハ株式会社電子デバイス事業部
   システム機器推進部営業課 榊(さかき)
   TEL 0539-62-3125  FAX 0539-62-5054
   sakaki@adl.yamaha.co.jp

   尚、技術的な質問は
   tanaka@adl.yamaha.co.jp
   までお願いします。