7. 困ったときは

7.1. お問い合わせになる前に

本書の内容をご覧になり、問題が解決できるかどうかご確認ください。それでも、問題が解決しない場合は、サポート窓口までご相談ください。

7.2. サポート窓口のご案内

  • ヤマハルーターお客様ご相談センター
    TEL : 03-5651-1330
    FAX : 053-460-3489

  • ご相談受付時間
    9:00 ~ 12:00 13:00 ~ 17:00(土・日・祝日、弊社定休日、年末年始は休業とさせていただきます)

  • お問い合わせページ

7.3. 症状・原因・対策

  1. ライセンス設定に関するトラブル

    症状 原因 対策

    本製品へのログイン時に「Valid license is not found. Operates in speed limited mode.」というメッセージがコンソールに出力される

    現在の日付設定で有効となるライセンスがインポートされていない

    ・ vrx user コマンドでユーザーIDとパスワードが正しく設定されているか確認する

    ・ show status license vrx コマンドでライセンスの有効期限を確認する

    ・ ライセンスがインポートされていない場合は「ライセンスを本製品にインポートする」の説明に従って、ライセンスをインポートする
    (⇒ 本製品へライセンスをインポートする )

    本製品へのログイン時に「The License expires on yyyy/mm/dd.」というメッセージがコンソールに出力される

    現在有効なライセンスの満了日まで3ヶ月以内となった

    ライセンスを継続して利用する場合は、「ライセンスを本製品にインポートする」の説明に従って、次年度版ライセンスをインポートする
    (⇒ 本製品へライセンスをインポートする )

    本製品へのログイン時に「License is invalidated because there is a possibility that the date was changed improperly. Operates in speed limited mode.」というメッセージがコンソールに出力される

    ルーターの日付が不正に変更された可能性があるため、ライセンスが無効となった

    ルーターの日付設定を確認する

    インポートしたライセンスの情報が本製品に反映されない

    vrx user コマンドの設定が変更された

    vrx user コマンドでユーザーIDとパスワードが正しく設定されているか確認する

    ルーターの現在の日付がライセンスの有効期限の範囲外となっている

    ・ show status license vrx コマンドでライセンスの有効期限を確認する

    ・ ルーターの日付設定を確認する

  2. インターネット経由の通信ができない

    症状 原因 対策

    SSHで本製品にアクセスできない

    AWSのセキュリティグループの設定でSSHが許可されていない

    AWSマネジメントコンソールにアクセスし、セキュリティグループの設定から、SSH(TCPの22番ポート)の通信を許可するように変更する

    参考ドキュメント:

    公開鍵認証を使用しているときに、間違った秘密鍵を選択している

    vRXインスタンスの作成時に設定したキーペアを使用しているか確認する

    パスワード認証を使用しているときに、ログインユーザーが設定されていない、もしくは誤ったログインユーザーが設定されている

    login userコマンドでユーザー名とパスワードが正しく設定されているか確認する

    本製品のコンソールから restart コマンドを実行したり、AWS マネジメントコンソールから vRX インスタンスの再起動を実行したりしたことにより、SSH が切断された

    vRXインスタンスが再起動するまでしばらく待ってから再度SSHで接続してログインする

    IPv4 や SSH の設定を誤った

    ・ AWS マネジメントコンソールで EC2 インスタンスを再起動し、最後に保存した設定を復元する

    ・ AWS マネジメントコンソールで EC2 インスタンスを停止させ、インスタンスのユーザーデータに正しい設定を格納した上で起動する

    本製品からPINGの応答が返って来ない

    AWSのセキュリティグループの設定でICMPが許可されていない

    AWSマネジメントコンソールにアクセスし、セキュリティグループの設定から、ICMPの通信を許可するように変更する

    参考ドキュメント:

    本製品が起動していない

    「本製品を起動する」の説明に従って、本製品を起動する
    (⇒ 本製品を起動する )

    通信速度が遅い

    現在の日付設定で有効となるライセンスがインポートされていない

    ・ vrx user コマンドでユーザーIDとパスワードが正しく設定されているか確認する

    ・ show status license vrx コマンドでライセンスの有効期限を確認する

    ・ ライセンスがインポートされていない場合は「ライセンスを本製品にインポートする」の説明に従って、ライセンスをインポートする
    (⇒ 本製品へライセンスをインポートする )

  3. VPN接続ができない

    症状 原因 対策

    拠点間接続(IPsec)経由の VPN 通信ができない

    基本ライセンスとVPNオプションライセンスがインポートされていない

    • show status license vrx コマンドを使用して基本ライセンスとVPNオプションライセンスの2つが表示されるか確認する

    • ライセンスが表示されない場合は、「ライセンスを本製品にインポートする」の説明に従ってライセンスをインポートする
      (⇒ 本製品へライセンスをインポートする )

    経路情報が誤って設定されている

    経路情報に接続先の LAN のネットワークアドレスが正しく設定されているか確認する

    L2TP/IPsec を用いたリモートアクセスができない

    L2TP/IPsec クライアント(YMS-VPN8 やスマートフォン等)の設定が間違っている

    ・ 接続先の IP アドレスまたはホスト名が正しいか確認する

    ・ L2TP/IPsec の事前共有鍵が正しいか確認する

    ・ ユーザー名とパスワードが正しいか確認する

    L2TP/IPsec クライアント(YMS-VPN8 やスマートフォン等)に付与する IP アドレスが、AWS の VPC 内で使用しているネットワークアドレスに従属している

    「L2TP/IPsec を用いたリモートアクセス」の設定例のように、AWS の VPC 側と L2TP/IPsec クライアント(YMS-VPN8 やスマートフォン等)側で異なるネットワークアドレスになるように本製品の設定を変更する
    (⇒ L2TP/IPsec を用いたリモートアクセス )

  4. VPC内の通信ができない

    症状 原因 対策

    他のEC2インスタンスと通信できない

    通信相手の EC2 インスタンスの MTU が 1500 byteを超えている

    各インスタンスの MTU 設定方法にしたがって、MTU を 1500 byte 以下に設定する

    参考ドキュメント:

    EC2 インスタンスのネットワークインターフェイスに割り当てられていない IPv4 アドレスを使用している

    DHCP で IPv4 アドレスを取得するように設定する
    または、AWS マネジメントコンソールでネットワークインターフェイスに割り当てられたプライベート IPv4 アドレスを確認し、本製品の LAN インタフェースに設定する

    EC2 インスタンスのネットワークインターフェイスに割り当てられていない IPv6 アドレスを使用している

    AWS マネジメントコンソールでネットワークインターフェイスに割り当てられた IPv6 アドレスを確認し、本製品の LAN インタフェースに設定する

    参考ドキュメント:

    LAN間の通信ができない

    AWSのネットワークインターフェースの設定で送信元/送信先チェックが「有効」になっている

    AWSマネジメントコンソールにアクセスし、ネットワークインターフェースの設定から、送信元/送信先チェックを「無効」に変更する
    参考ドキュメント:

    AWSのセキュリティグループの設定で目的の通信が許可されていない

    AWSマネジメントコンソールにアクセスし、セキュリティグループの設定から、目的の通信を許可するように変更する
    参考ドキュメント:

  5. ファイルシステムに関するトラブル

    症状 原因 対策

    ファイルサーバーをマウントできない

    ファイルサーバーと通信ができない

    本製品の ping コマンドを利用してファイルサーバーと通信できるか確認する

    Sambaサーバーのユーザー名とパスワードが間違っている

    ・ Sambaサーバーのユーザー名とパスワードが正しいか確認する

    ・ 「外部ストレージをマウントする」の説明に従って、Sambaサーバーをマウントする
    (⇒ 外部ストレージをマウントする )

ヤマハ株式会社
© 2019-2020 Yamaha Corporation
2020年02月 発行
Ver.1.02