5. 設定例

5.1. VPNの設定

5.1.1. 拠点-AWS間のIPsec接続

拠点に置いたヤマハルーターとAWS上にデプロイした本製品間をIPsecトンネルで繋ぐ 設定例です。

構成

AWS構成図
IPsec トンネル
vRXの設定例
administrator password *
login user (ユーザー名)
vrx user (ユーザー名) (パスワード)
ip route default gateway dhcp lan 2
ip route 172.16.10.0/24 gateway tunnel 1
ip lan1 address dhcp
ip lan2 address dhcp
ip lan2 nat descriptor 1
tunnel select 1
 ipsec tunnel 1
  ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike local address 1 192.168.10.254
  ipsec ike nat-traversal 1 on
  ipsec ike pre-shared-key 1 text (共有キー)
  ipsec ike remote address 1 any
  ipsec ike remote name 1 vRX-test key-id
  tunnel enable 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.10.254 udp 500
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.10.254 udp 4500
nat descriptor masquerade static 1 3 192.168.10.254 tcp 22
ipsec auto refresh on
telnetd service off
dns server dhcp lan2
sshd service on
sshd host key generate *
RTX830の設定例
ip route default gateway pp 1
ip route 192.168.0.0/16 gateway tunnel 1
ip lan1 address 172.16.10.1/24
pp select 1
 pp always-on on
 pppoe use lan2
 pp auth accept (認証情報)
 pp auth myname (ユーザー名) (パスワード)
 ppp lcp mru on 1454
 ppp ipcp ipaddress on
 ip pp mtu 1454
 ip pp nat descriptor 1
 pp enable 1
tunnel select 1
 ipsec tunnel 1
 ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
 ipsec ike keepalive use 1 on heartbeat
 ipsec ike local address 1 172.16.10.1
 ipsec ike local name 1 vRX-test key-id
 ipsec ike nat-traversal 1 on
 ipsec ike pre-shared-key 1 text (共有キー)
 ipsec ike remote address 1 (本製品のElastic IP)
 tunnel enable 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor masquerade static 1 1 172.16.10.1 udp 500
nat descriptor masquerade static 1 2 172.16.10.1 udp 4500
ipsec auto refresh on

5.1.2. L2TP/IPsec を用いたリモートアクセス

L2TP/IPsecを用いてインターネット越しにvRXの配下のプライベートネットワークへ接続する場合の設定例です。

構成

AWS構成図
L2TP/IPsec トンネル

important 重要

  • AWSの制限のため、vRXに割り当てているサブネットとは異なるサブネットのアドレスをL2TPクライアントに割り当てています。

  • L2TPクライアントに割り当てられるアドレスをAWSのセキュリティーグループのインバウンドに追加して必要な通信プロトコルを許可してください。

L2TPクライアントの情報

PPPoE等によりInternetに接続
接続先:本製品のパブリックIPv4アドレス
IPsec事前共有鍵 : yamaha1
PPP認証のユーザー名 : l2tp_user1
PPP認証のパスワード : l2tp_password1

vRXの情報
LAN2 : パブリックIPv4アドレス(Elastic IPなどにより設定)
プライベートIPv4アドレス(DHCPにより取得(192.168.20.1など))
LAN1 : プライベートIPv4アドレス(DHCPにより取得(192.168.10.1など))
L2TPクライアントへ配布するIPv4アドレス:172.16.0.10~100

vRXの設定例
vrx user (ユーザー名) (パスワード)
ip route default gateway dhcp lan2
ip lan1 address dhcp
ip lan2 address dhcp
pp select anonymous
 pp bind tunnel1
 pp auth request mschap-v2
 pp auth username l2tp_user1 l2tp_password1
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ipcp msext on
 ip pp remote address pool 172.16.0.10-172.16.0.100
 ip pp mtu 1258
 pp enable anonymous
tunnel select 1
 tunnel encapsulation l2tp
 ipsec tunnel 101
  ipsec sa policy 101 1 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike keepalive use 1 off
  ipsec ike nat-traversal 1 on
  ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha1
  ipsec ike remote address 1 any
 l2tp tunnel disconnect time off
 l2tp syslog on
 ip tunnel tcp mss limit auto
 tunnel enable 1
ipsec auto refresh on
ipsec transport 1 101 udp 1701
telnetd service off
dns server dhcp lan2
l2tp service on
sshd service on
sshd host key generate *

5.2. Web サーバー公開の設定

VPC内に設置されたウェブサーバーを本製品を通して公開する場合の設定例です。

caution 注意

ウェブサーバーに設定されているネットワークインターフェース、および本製品のLAN2インターフェースに
設定されているセキュリティグループのインバウンドルールを変更する必要があります。
TCPの80番ポートもしくは443番ポートへのアクセスを許可するルールを追加してください。

構成

AWS構成図
サーバー公開
vRXの設定例
vrx user (ユーザーID) (パスワード)
ip route default gateway dhcp lan2
ip lan1 address dhcp
ip lan2 address dhcp
ip lan2 nat descriptor 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.10.254 tcp 22
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.10.100 tcp www
telnetd service off
dns server dhcp lan2
sshd service on
sshd host key generate *

5.3. 冗長化されたネットワークにVPN接続を行う

複数のアベイラビリティゾーンに分けて構築された可用性の高いシステムに対して、IPsecを用いたVPN接続を行う場合の構成例です。

メインのvRXインスタンスが停止した場合やアベイラビリティゾーンに障害が起きた場合でも、バックアップ経路を使用してVPC内のインスタンスとの通信を維持することが可能です。

この設定例では、RTX830 - vRX(A)間のIPsecトンネルをメイン経路とし、RTX830 - vRX(B)間のIPsecトンネルをバックアップ経路としています。
RTX830にip keepaliveコマンドを設定し、vRX(A)のLAN1への到達性を監視することで、障害検出時にバックアップ経路に切り替えることができます。

caution 注意

この設定例は、拠点側発のユニキャスト通信のみに対応しています。
VPC内のインスタンス発のユニキャスト通信やマルチキャスト通信には対応していません。

また、IPsec接続を確立させるためには、vRX(A)のLAN2インターフェースおよびvRX(B)のLAN2インターフェースに設定されているセキュリティグループのインバウンドルールを変更する必要があります。
RTX830の外側アドレスからUDPの500番ポートおよびUDPの4500番ポートへアクセスできるようにルールを追加してください。

important 重要

VPC内部のロードバランサーにアクセスするために、vRX(A)とvRX(B)のLAN1にIPマスカレードの設定を行う必要があります。

構成

AWS構成図
バックアップ経路
vRX(A)の設定例
vrx user (ユーザーID) (パスワード)
ip route default gateway dhcp lan2
ip route 172.16.10.0/24 gateway tunnel 1
ip route 192.168.0.0/16 gateway dhcp lan1
ip lan1 address dhcp
ip lan1 nat descriptor 1
ip lan2 address dhcp
tunnel select 1
 ipsec tunnel 1
  ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike local address 1 192.168.20.254
  ipsec ike nat-traversal 1 on
  ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha2aws
  ipsec ike remote address 1 any
  ipsec ike remote name 1 tunnelA key-id
 tunnel enable 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
ipsec auto refresh on
telnetd service off
dns server dhcp lan2
sshd service on
sshd host key generate *
vRX(B)の設定例
vrx user (ユーザーID) (パスワード)
ip route default gateway dhcp lan2
ip route 172.16.10.0/24 gateway tunnel 1
ip route 192.168.0.0/16 gateway dhcp lan1
ip lan1 address dhcp
ip lan1 nat descriptor 1
ip lan2 address dhcp
tunnel select 1
 ipsec tunnel 1
  ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike local address 1 192.168.120.254
  ipsec ike nat-traversal 1 on
  ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha2aws
  ipsec ike remote address 1 any
  ipsec ike remote name 1 tunnelB key-id
 tunnel enable 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
ipsec auto refresh on
telnetd service off
dns server dhcp lan2
sshd service on
sshd host key generate *
RTX830の設定例
ip route default gateway pp 1
ip route 192.168.0.0/16 gateway tunnel 1 keepalive 1 gateway tunnel 2 weight 0
ip keepalive 1 icmp-echo 5 5 192.168.10.254
ip lan1 address 172.16.10.1/24
pp select 1
 pp always-on on
 pppoe use lan2
 pp auth accept pap chap
 pp auth myname (プロバイダに接続するID) (プロバイダに接続するパスワード)
 ppp lcp mru on 1454
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ipcp msext on
 ppp ccp type none
 ip pp nat descriptor 1
 pp enable 1
tunnel select 1
 ipsec tunnel 1
  ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike keepalive use 1 on heartbeat
  ipsec ike local address 1 172.16.10.1
  ipsec ike local name 1 tunnelA key-id
  ipsec ike nat-traversal 1 on
  ipsec ike pre-shared-key 1 text yamaha2aws
  ipsec ike remote address 1 (vRX(A)のLAN2に関連付けられたElastic IP)
 tunnel enable 1
tunnel select 2
 ipsec tunnel 2
  ipsec sa policy 2 2 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike keepalive use 2 on heartbeat
  ipsec ike local address 2 172.16.10.1
  ipsec ike local name 2 tunnelB key-id
  ipsec ike nat-traversal 2 on
  ipsec ike pre-shared-key 2 text yamaha2aws
  ipsec ike remote address 2 (vRX(B)のLAN2に関連付けられたElastic IP)
 tunnel enable 2
nat descriptor type 1 masquerade
ipsec auto refresh on
telnetd host lan
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 172.16.10.2-172.16.10.191/24
dns server pp 1

5.4. AWS Direct Connectを使用した拠点間通信

VPC内に設置された本製品を経由して拠点間通信を行う場合の構成例です。
VPC内のサーバーにアクセスする場合の設定例は以下のリンクをご参照下さい。

important 重要

VPNの設定を行わずに拠点間通信を行おうとすると、仮想プライベートゲートウェイでパケットが折り返されてしまうため、
本製品を経由した拠点間通信を行う際には、本製品を経由した拠点間通信を行う際には、拠点ルーターと本製品の間でVPNの設定を行う必要があります。

AWS Direct Connectの詳細については、以下のドキュメントを参照してください。

構成

AWS構成図
AWS Direct Connectで拠点間通信
vRXの設定例
vrx user (ユーザーID) (パスワード)
ip route 172.16.10.0/24 gateway tunnel 1
ip route 172.16.20.0/24 gateway tunnel 2
ip route default gateway dhcp lan2
ip lan1 address dhcp
ip lan2 address dhcp
tunnel select 1
 tunnel encapsulation ipip
 tunnel endpoint address 192.168.10.254 (RTX830(A)のWAN側IPアドレス)
 tunnel enable 1
tunnel select 2
 tunnel encapsulation ipip
 tunnel endpoint address 192.168.20.254 (RTX830(B)のWAN側IPアドレス)
 tunnel enable 2
telnetd service off
dns server dhcp lan2
sshd service on
sshd host key generate *
RTX830(A)の設定例
ip route 172.16.20.0/24 gateway tunnel 1
ip lan1 172.16.10.1/24
vlan lan2/1 802.1q vid=(VLAN番号)
ip lan2/1 address (RTX830(A)のWAN側IPアドレス/ネットマスク)
tunnel select 1
 tunnel encapsulation ipip
 tunnel endpoint address (RTX830(A)のWAN側IPアドレス) 192.168.10.254
 tunnel enable 1
bgp use on
bgp autonomous-system (RTX830(A)側のAS番号)
bgp neighbor 1 (AWS側のAS番号) (AWS側のIPアドレス) hold-time=30 local-address=(RTX830(A)のWAN側IPアドレス)
bgp neighbor pre-shared-key 1 text (BGP認証キー)
bgp import filter 1 include 0.0.0.0/0
bgp import (AWS側のAS番号) static filter 1
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 172.16.10.2-172.16.10.191/24
RTX830(B)の設定例
ip route 172.16.10.0/24 gateway tunnel 1
ip lan1 172.16.20.1/24
vlan lan2/1 802.1q vid=(VLAN番号)
ip lan2/1 address (RTX830(B)のWAN側IPアドレス/ネットマスク)
tunnel select 1
 tunnel encapsulation ipip
 tunnel endpoint address (RTX830(B)のWAN側IPアドレス) 192.168.20.254
 tunnel enable 1
bgp use on
bgp autonomous-system (RTX830(B)側のAS番号)
bgp neighbor 1 (AWS側のAS番号) (AWS側のIPアドレス) hold-time=30 local-address=(RTX830(B)のWAN側IPアドレス)
bgp neighbor pre-shared-key 1 text (BGP認証キー)
bgp import filter 1 include 0.0.0.0/0
bgp import (AWS側のAS番号) static filter 1
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 172.16.20.2-172.16.20.191/24

caution 注意

RTX830(A)およびRTX830(B)の設定完了後、下記コマンドを実行して、BGPの設定を有効化してください。

bgp configure refresh