4.26.3 スタック情報の表示

[書式]

[入力モード]

非特権EXECモード、特権EXECモード

[説明]

スタックに関する設定やステータスの情報を表示する。

表示内容は以下のとおり。
  • スタック機能の設定(Stack)
  • 自身のスタックID[設定値](Configured ID)
  • 自身のスタックID[運用値](Running ID)
  • 自身のステータス(Status)
  • 自身のスタックポートで使うIPアドレスの範囲(Subnet on stack port)
  • スタック構成時のMACアドレス(Virtual MAC-Address)
  • スタックメンバーごとの情報
    • スタックID[運用値](ID)
    • モデル名(Model)
    • ステータス(Status)
    • ロール(Role)
    • シリアル番号(Serial)
    • 物理MACアドレス(MAC-Address)
  • スタックポートごとの情報
    • インターフェース番号(Interface)
    • ステータス(Status)
スタックメンバー毎のステータス(Status)では以下のいずれかを表示する。
Status 説明
Setting メンバースイッチ間でスタックを構成するために必要な設定を行っている状態。
Active メンバースイッチ間でスタックが構成されている状態。
Inacive 障害が発生し、仮想化されたスイッチから離脱している状態。
Standalone スタック機能が有効だが、メンバースイッチとネゴシエーションが取れず、1台で運用している状態。起動してから一度もスタックが構成されていないことを示す。
Standalone(separated) スタック機能が有効だが、メンバースイッチとネゴシエーションが取れず、1台で運用している状態。起動してからスタックが構成されていたことを示す。
Disable スタック機能が無効な状態。

[ノート]

本コマンドはスタック対応機種でのみ実行できる。

[設定例]

スタック情報を表示する。

SWX3220#show stack
Stack: Enable

Configured ID        : 1
Running ID           : 1
Status               : Active
Subnet on stack port : Auto-ip
Virtual MAC-Address  : 00a0.de00.0000

ID  Model          Status      Role     Serial       MAC-Address
------------------------------------------------------------------------
1   SWX3220-16MT   Active      Master   S000000000   00a0.de00.0000
2   SWX3220-16MT   Active      Slave    S000000000   00a0.de00.0000

Interface    Status
------------------------------------------------------------------------
port1.15     up
port1.16     up
port2.15     up
port2.16     up