4.24.3 スタック情報の表示

[書式]


[入力モード]

非特権EXECモード、特権EXECモード

[説明]

スタックに関する設定やステータスの情報を表示する。

表示内容は以下のとおり。
  • スタック機能の設定(Stack)
  • 自身のスタックID[設定値](Configured ID)
  • 自身のスタックID[運用値](Running ID)
  • 自身のステータス(Status)
  • 自身のスタックポートで使うIPアドレスの範囲(Subnet on stack port)
  • スタック構成時のMACアドレス(Virtual MAC-Address)
  • スタックメンバーごとの情報
    • スタックID[運用値](ID)
    • モデル名(Model)
    • ステータス(Status)
    • ロール(Role)
    • シリアル番号(Serial)
    • 物理MACアドレス(MAC-Address)
  • スタックポートごとの情報
    • インターフェース番号(Interface)
    • ステータス(Status)

[ノート]

本コマンドはスタック対応機種でのみ実行できる。

[設定例]

スタック情報を表示する。

SWX3200#show stack
Stack: Enable

Configured ID        : 1
Running ID           : 1
Status               : Active
Subnet on stack port : Auto-ip
Virtual MAC-Address  : 00a0.de00.0000

ID  Model          Status      Role     Serial       MAC-Address
------------------------------------------------------------------------
1   SWX3200-52GT   Active      Master   S000000000   00a0.de00.0000
2   SWX3200-52GT   Active      Slave    S000000000   00a0.de00.0000

Interface    Status
------------------------------------------------------------------------
port1.51     up
port1.52     up
port2.51     up
port2.52     up