6.3.12 スパニングツリーの状態表示

[書式]


[キーワード]

interface : 表示するインターフェースを指定する

[パラメーター]

ifname : LAN/SFPポートまたは論理インターフェースの名前
表示するインターフェース

[入力モード]

非特権EXECモード、特権EXECモード

[説明]

スパニングツリーの状態を表示する。

interfaceを省略した場合は、全てのインターフェースの状態が表示される。

MSTPの場合はCIST(インスタンス #0)の情報を表示する。

以下の項目が表示される。

項目 説明
Bridge up スパニングツリープロトコルの有効/無効
Root Path Cost ルートブリッジのパスコスト
Root Port ルートポートのインターフェースインデックス番号。ルートブリッジのときは 0 と表示される。論理インターフェースの場合は論理インターフェースのインターフェースインデックス番号で表示される。
Bridge Priority ブリッジプライオリティ
Forward Delay ルートブリッジの転送遅延時間設定値
Hello Time ルートブリッジのハロータイム設定値
Max Age ルートブリッジの最大エージング時間設定値
Root Id ルートのブリッジ識別子。ルートのブリッジプライオリティ(16進数先頭4桁)とMACアドレスで構成される
Bridge Id ブリッジ識別子。ブリッジプライオリティ(16進数先頭4桁)とMACアドレスで構成される
topology change(s) トポロジーチェンジが発生した回数(厳密にはTCフラグの付いたBPDUの数を示す)
last topology change 最後にトポロジーチェンジが発生した日時
Ifindex インターフェースインデックス番号
Port Id インターフェースのポートID
Role インターフェースの役割。Disabled、Designated、Rootport、Alternateのいずれか
State インターフェースの状態。Listening、Learning、Forwarding、Discardingのいずれか
Designated Path Cost パスコスト
Configured Path Cost インターフェースのパスコスト設定値
Add type Explicit ref count インターフェースが所属するSTPドメインの数
Designated Port Id DesignatedポートのID
Priority インターフェースのプライオリティ
Root ルートのブリッジ識別子。ルートのブリッジプライオリティ(16進数先頭4桁)とMACアドレスで構成される
Designated Bridge ブリッジ識別子。ブリッジプライオリティ(16進数先頭4桁)とMACアドレスで構成される
Message Age メッセージ経過時間
Hello Time ハロータイム設定値
Forward Delay 転送遅延時間設定値
Forward Timer 実際の転送遅延タイマー
Msg Age Timer インターフェースがBPDUの情報を破棄するタイマー。初期設定の場合、STPは20秒から、RSTP/MSTPは Hello Time×3の時間をカウントダウンする
Hello Timer ハローの送信に使用するタイマー。0になった時点でハローパケットを送信する
topo change timer トポロジーチェンジタイマー
forward-transitions インターフェースがForward Stateになった回数
Version スパニングツリープロトコルの動作モード(バージョン)
Received 受信したBPDUのタイプ
Send 送信するBPDUのタイプ
portfast configured エッジポートの設定値と現在の状態。portfast off、portfast on、edgeport onのいずれか
bpdu-guard インターフェースのBPDUガード機能の設定値と現在の状態
bpdu-filter インターフェースのBPDUフィルタリング機能の設定値と現在の状態
root guard configured ルートガード機能の設定値と現在の状態
Configured Link Type インターフェースのリンクタイプの設定値と現在の状態。point-to-point またはshared
auto-edge configured オートエッジの設定値と現在の状態

[設定例]

LANポート #1のスパニングツリーの状態を表示する。

SWX232x>show spanning-tree interface port1.1
% Default: Bridge up - Spanning Tree Enabled  - topology change detected
% Default: CIST Root Path Cost 0 - CIST Root Port 0 -  CIST Bridge Priority 32768
% Default: Forward Delay 15 - Hello Time 2 - Max Age 20 - Transmit Hold Count 6 - Max-hops 20
% Default: CIST Root Id 8000ac44f2300110
% Default: CIST Reg Root Id 8000ac44f2300110
% Default: CIST Bridge Id 8000ac44f2300110
% Default: 6 topology change(s)  - last topology change Tue Feb 27 19:52:52 2018

%   port1.1: Port Number 905 - Ifindex 5001 - Port Id 0x8389 - Role Designated - State Forwarding
%   port1.1: Designated External Path Cost 0 -Internal Path Cost 0
%   port1.1: Configured Path Cost 20000  - Add type Explicit ref count 1
%   port1.1: Designated Port Id 0x8389 - CIST Priority 128  -
%   port1.1: CIST Root 8000ac44f2300110
%   port1.1: Regional Root 8000ac44f2300110
%   port1.1: Designated Bridge 8000ac44f2300110
%   port1.1: Message Age 0 - Max Age 20
%   port1.1: CIST Hello Time 2 - Forward Delay 15
%   port1.1: CIST Forward Timer 0 - Msg Age Timer 0 - Hello Timer 1 - topo change timer 0
%   port1.1: forward-transitions 1
%   port1.1: Version Multiple Spanning Tree Protocol - Received MSTP - Send MSTP
%   port1.1: No portfast configured - Current  portfast off
%   port1.1: bpdu-guard  disabled  - Current bpdu-guard off
%   port1.1: bpdu-filter disabled  - Current bpdu-filter off
%   port1.1: no root guard configured     - Current root guard off
%   port1.1: Configured Link Type point-to-point - Current point-to-point
%   port1.1: No auto-edge configured - Current port Auto Edge off