4.8.4 ログの出力レベル(debug)の設定

[書式]

[初期設定]

no logging trap debug

[入力モード]

グローバルコンフィグレーションモード

[説明]

debugレベルのログをSYSLOGに出力する。no形式で実行した場合は出力しない。

debugレベルを有効にすると大量のログが出力されるため、必要な場合のみ有効にする。

logging hostコマンドでSYSYLOGサーバーに通知する場合、ホスト側には十分なディスク領域を確保しておくことが望ましい。デフォルト設定は出力しない。

[設定例]

debugレベルのログをSYSLOGに出力する。

SWX222x(config)#logging trap debug