4.16.3 ファームウェア更新で使用するHTTPSプロキシーサーバーの設定

[書式]

[パラメーター]

server : A.B.C.D
HTTPSプロキシーサーバーのIPv4アドレス
  : X:X::X:X
HTTPSプロキシーサーバーのIPv6アドレス

IPv6リンクローカルアドレスを指定する場合は、送出インターフェースも指定する必要がある(fe80::X%vlanN の形式)

  : 半角英数字および半角記号(255文字以内)
HTTPSプロキシーサーバーのFQDN
port : <1-65535>
HTTPSプロキシーサーバーのリスニングポート番号

[初期設定]

no firmware-update https-proxy

[入力モード]

グローバルコンフィグレーションモード

[説明]

WEBサーバーに置かれているファームウェアファイルを使ってファームウェア 更新するときのHTTPSプロキシーサーバーを設定する。

HTTPSプロキシーサーバーが設定されていない場合、HTTPSプロキシーサーバーを経由せずにファームウェア更新が行われる。

no形式で実行した場合は、HTTPプロキシーサーバーの設定を削除する。

[設定例]

HTTPSプロキシーサーバーを192.168.100.1(ポート番号8080)に設定する。

SWX222x(config)#firmware-update https-proxy 192.168.100.1 8080
SWX222x(config)#