4.18.1 ケーブル診断の実行

[書式]

[パラメーター]

ifname : LANポートのインターフェース名
対象のインターフェース

[入力モード]

特権EXECモード

[説明]

ケーブル診断を実行する。

前回の診断結果はshow test cable-diagnostics tdrコマンドで確認できる。

[ノート]

診断結果は直前の結果のみ保持され、再度ケーブル診断を実行した場合は結果が上書きされる。

[設定例]

port1.1に接続されているLANケーブルの診断を実行する。

SWX222x#test cable-diagnostics tdr interface port1.1
The port will be temporarily down during test. Continue? (y/N): y
Cable-diagnostic is running...

Port     Pair  Status  Fault distance  Length
--------------------------------------------------
port1.1  1     OK      -               50 +/- 10 m
         2     OK      -
         3     OK      -
         4     OK      -
SWX222x#