7.8.1 IPv6疎通確認

[書式]

[キーワード]

repeat : 実行回数を設定する
size : ICMPv6データ部分の長さ(バイト単位)を設定する
timeout : 実行回数分のEchoリクエストを送信した後の応答待ち時間を設定する

[パラメーター]

host : ホスト名、または、IPv6アドレス(X:X::X:X)
ICMPv6 Echoを送信する宛先

IPv6リンクローカルアドレスを指定する場合は、送出インターフェースも指定する必要がある(fe80::X%vlanN の形式)

count : 実行回数(省略した場合:5)
設定値 説明
<1-2147483647> 指定した回数実行する
continuous Ctrl+Cが入力されるまで実行を繰り返す
datalen : <36-18024>
ICMPデータ部分の長さ(バイト)(省略した場合:56)
timeout : <1-65535>
応答待ち時間(省略した場合:2)

実行回数をcontinuousにした場合は無視される

[入力モード]

特権EXECモード

[説明]

ICMPv6 Echoを指定したホストに送出し、ICMPv6 Echo Replyが送られてくるのを待つ。

送られてきたら、その旨を表示する。コマンドが終了すると簡単な統計情報を表示する。

[設定例]

fe80::2a0:deff:fe11:2233 宛てに疎通確認を行う。

SWX222x#ping6 fe80::2a0:deff:fe11:2233%vlan1
PING fe80::2a0:deff:fe11:2233%vlan1 (fe80::2a0:deff:fe11:2233): 56 data bytes
56 bytes from fe80::2a0:deff:fe11:2233: seq=0 ttl=64 time=2 ms
56 bytes from fe80::2a0:deff:fe11:2233: seq=1 ttl=64 time=4 ms
56 bytes from fe80::2a0:deff:fe11:2233: seq=2 ttl=64 time=10 ms
56 bytes from fe80::2a0:deff:fe11:2233: seq=3 ttl=64 time=10 ms
56 bytes from fe80::2a0:deff:fe11:2233: seq=4 ttl=64 time=10 ms

--- fe80::2a0:deff:fe11:2233%vlan1 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max = 2/7.20/10 ms