7.1.3 DHCPクライアントによる動的IPv4アドレスの設定

[書式]

[キーワード]

hostname : DHCPクライアントのホスト名を設定する

[パラメーター]

hostname : ホスト名として使用する文字列
 

[初期設定]

なし

[入力モード]

インターフェースモード

[説明]

DHCPクライアントを使用して、DHCPサーバーから付与されたIPv4アドレスをVLANインターフェースに対して設定する。

ホスト名を指定すると、Discover/RequestメッセージにHostNameオプション(オプションコード12)を付加することができる。

IPv4アドレスを取得した状態でip addressコマンドを実行すると、取得していたIPアドレスの開放メッセージをDHCPサーバーに送る。

IPv4アドレスは最大1個までのVLANインターフェースに設定することができる。

no形式でDHCPクライアントの設定を削除することはできない。

このコマンドを実行すると、IPv4アドレスを変更するかどうかの確認メッセージが表示される。

IPv4アドレスを変更すると、以下のコマンドが削除される。

[ノート]

DHCPサーバーに対して要求するリース期間は72時間で固定とする。ただし、実際にリースされる期間はDHCPサーバーの設定に依存する。

本コマンドによりDHCPサーバーからデフォルトゲートウェイ、DNSサーバー、デフォルトドメイン名を取得した場合でも、ip route, dns-client name-server, dns-client domain-nameコマンドの設定のほうが優先される。

本コマンドを設定してもDHCPサーバーからIPv4アドレスが取得できない場合、Auto IP機能によってIPv4リンクローカルアドレス(169.254.xxx.xxx/16)が自動的に割り当てられる。

IPv4リンクローカルアドレスが生成された後にDHCPサーバーからIPv4アドレスを取得した場合、DHCPサーバーから取得したIPv4アドレスを使用する。

[設定例]

VLAN #100にDHCPクライアントによってIPv4アドレスを付与する。

SWX222x(config)#interface vlan100
SWX222x(config-if)#ip address dhcp
Do you really want to change IP address? [y/N]: y