17.4 トンネルインタフェースの種別の設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

トンネルインタフェースの種別を設定する。

[ノート]


トンネリングと NAT を併用する場合にはtunnel endpoint address コマンドにより始点 IP アドレスを設定することが望ましい。
PPTP 機能を実装していないモデルでは、pptp キーワードは使用できない。
L2TP/IPsec機能を実装していないモデルでは、l2tp キーワードは使用できない。
L2TPv3機能を実装していないモデルでは、l2tpv3-raw キーワードおよび l2tpv3 キーワードは使用できない。
IPUDP トンネルは、データコネクト接続以外では使用できない。
データコネクト接続機能を実装していないモデルでは、ipudp キーワードは使用できない。
「v6プラス」対応機能を実装していないモデルでは、map-e キーワードは使用できない。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT107e, SRT100