24.9 SNMPv2c トラップの送信先の設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

SNMPv2c トラップを送信するホストを指定する。コマンドを複数設定することで、複数のホストを同時に指定できる。トラップ送信時のコミュニティ名にはこのコマンドの community パラメータが用いられるが、省略されている場合には snmpv2c trap community コマンドの設定値が用いられる。

type パラメータで 'inform' を指定した場合は、送信先からの応答があるまで、5 秒間隔で最大 3 回再送する。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810