59.60 技術情報の表示

[書式]


[説明]


技術サポートに必要な情報を一度に出力する。
他のshow コマンドとは異なり、show techinfo コマンドの出力はconsole columns/lines コマンドの設定を無視して一度に出力される。一画面ごとに出力が停止するページ動作は行わない。そのため、ターミナルソフトのログ機能を用いて、出力を PC のファイルとして保存することが望ましい。
また、console character コマンドの設定も無視され、常に英語モードで出力される。
一画面ごとに内容を確認しながら出力したいときには、以下のようにless コマンドを併用するとよい。ただし、less コマンドは画面制御シーケンスを多数出力するため、ログを記録しながらless コマンドを使用すると、ログファイルがわかりにくくなる。
show techinfo | less

[ノート]


ルーターに対して PC で動作する TFTP クライアントからアクセスし、ファイル名 'techinfo' を GET すると、show techinfo コマンドの出力と同じものが得られる。
Windows XP の TFTP.EXE を使用した例 :
C:\>tftp 192.168.0.1 get techinfo techinfo.txt

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT107e, SRT100