59.33 侵入情報の履歴の表示

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

最近の侵入情報を表示する。侵入情報は各インタフェースの各方向ごとに表示され、表示される最大件数は、Rev.9.00 系以降のファームウェアでは ip interface intrusion detection report コマンドで設定した件数、それ以外のファームウェアでは 50 件となる。

[ノート]


RT250i では show ip intrusion detection tunnel コマンドは使用できない。
WAN インタフェースは SRT100 Rev.10.00.60 以降、RTX1200 Rev.10.01.32 以降のファームウェア、および、RTX1210、RTX830、RTX810 で指定可能。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e, SRT100