59.30 動的フィルタによって管理されているコネクションの表示

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

指定したインタフェースについて、動的なフィルタによって管理されているコネクションを表示する。インタフェースを指定しないときには、すべてのインタフェースの情報を表示する。

Rev.14.00 系以降では、detail を指定しない場合は管理されているコネクションを送信元 IP アドレスごとに集約して表示する。ただし、ip_address が指定された場合には detail を指定した場合の情報のうちソースアドレスが ip_address に一致するものを表示する。

[ノート]

RT250i ではshow ip connection tunnel コマンドは使用できない。


show ip connection summary コマンドは RTX3000、および、Rev.10.01 系以降のファームウェアで使用可能。
show ip connection detail コマンドは Rev.14.00 系以降のファームウェアで使用可能。
ip_address は Rev.14.00 系以降のファームウェアで指定可能。
WAN インタフェースは RTX1200 Rev.10.01.32 以降のファームウェア、および、RTX1210、RTX830、RTX810 で指定可能。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e