4.68 SSH サーバー応答に含まれるOpenSSHのバージョン情報の非表示設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]


SSH接続時のサーバー応答に含まれるOpenSSHのバージョン情報を表示するか否かを設定する。
このコマンドはセキュリティー目的としてOpenSSHのバージョン情報を隠匿したい場合に使用する。
このコマンドをonに設定した場合は、"SSH-2.0-OpenSSH" と通知する。

[ノート]


このバージョン情報は、SSH接続時にサーバーとクライアントのプロトコルの互換性を調整するために使用される。
このコマンドをONに設定することにより、クライアントソフトによっては、接続できなくなる可能性がある。
その場合には、クライアントソフトを変更するか、このコマンドをOFFに設定する。
RTX1210 は Rev.14.01.09 以降で使用可能。
RTX5000、RTX3500 は Rev.14.00.18 以降で使用可能。
RTX810 は Rev.11.01.25 以降で使用可能。
RTX1200 は Rev.10.01.65 以降で使用可能。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX1220, RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810