4.43 LAN インタフェースのリンクアップ後の送信抑制時間の設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

リンクアップ後の送信抑制時間を設定し、パケットの送信を抑制する。送信を抑制されたパケットはキューに保存され、リンクアップから設定秒数の経過後に送信される。保存先のキュー長はqueue interface length コマンドの設定に従う。

[ノート]


リンクアップ直後に Gratuitous ARP や IPv6 neighbor solicitation 等のパケットがルーターから送信されるが、その送信が早過ぎるために対向機器側で受信できない場合は、この抑制時間を適宜設定し送信を遅延させることで対向機器側で受信できるようになる。
RTX1100、RTX1500、RT107e は Rev.8.03.82 以降で使用可能。
RTX3000 は Rev.9.00.47 以降で使用可能。
SRT100 は Rev.10.00.46 以降で使用可能。
RTX1200 は Rev.10.01.11 以降で使用可能。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1220, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT107e, SRT100