26.6 静的 NAT エントリの設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

NAT 変換で固定割り付けする IP アドレスの組み合せを指定する。個数を同時に指定すると指定されたアドレスを始点とした範囲指定とする。

[ノート]


外側アドレスが NAT 処理対象として設定されているアドレスである必要は無い。
静的 NAT のみを使用する場合には、nat descriptor address outer コマンドとnat descriptor address inner コマンドの設定に注意する必要がある。初期値がそれぞれ ipcp と auto であるので、例えば何らかの IP アドレスをダミーで設定しておくことで動的動作しないようにする。
ネットマスクによる範囲指定方式は、RTX1200 Rev.10.01.42 以降、RTX810 Rev.11.01.09以降のファームウェア、および、Rev.14.00 系以降のすべてのファームウェアで使用可能である。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e, SRT100