46.3 Lua コンパイラの実行

[書式]

[設定値及び初期値]

[説明]


Lua コンパイラを実行し、バイトコードを生成する。
基本的な文法は Lua 標準のluac コマンドと同じであるが、- オプションは指定できない。-l オプションは生成したバイトコードをリスト表示する。-p オプションは構文解析のみを行う。-s オプションはコメント等のデバッグ情報を取り除く。-v オプションはバージョン情報を出力する。-- オプションは記述したポイントでオプション処理を終了することを表し、script_file に "-" で始まるファイル名を指定できるようになる。なお、script_file を複数指定して、一つのバイトコードファイルにまとめることもできる。

script_file/output_file に相対パスを指定した場合、環境変数 PWD を基点としたパスと解釈される。PWD はset コマンドで変更可能であり、初期値は "/" である。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3510, RTX3500, RTX1300, RTX1220, RTX1210, RTX830, RTX810