6.2.1 常時接続の設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]


選択されている相手について常時接続するか否かを設定する。また、常時接続での通信終了時に再接続を要求するまでの時間間隔を指定する。
常時接続に設定されている場合には、起動時に接続を起動し、通信終了時には再接続を起動し、キープアライブ機能により接続相手のダウン検出を行う。接続失敗時あるいは通信の異常終了時にはtime に設定された時間間隔を待った後に再接続の要求を行い、正常な通信終了時には直ちに再接続の要求を行う。switch が on に設定されている場合には、time の設定が有効となる。time が設定されていない場合、time は 60 になる。

以下のコマンドが設定されている場合、switch を on に設定した時点で接続処理が行われる。
  • PPPoE 接続
    • pppoe use
    • pp enable
  • ISDN 接続
    • pp bind BRI インタフェース名
    • pp enable
  • モバイルインターネット接続 ( 携帯端末を PP (USB モデム) として制御するタイプ )
    • pp bind usb1
    • pp enable
    • mobile use
また、上記の設定に依らず、switch を off に設定した時点で切断処理が行われる。

[ノート]


PP 毎のコマンドである。
PP として専用線が使用される時、あるいは anonymous が選択された時には無効である。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1220, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e, SRT100