32.2.1 インタフェースの IPv6 アドレスの設定

[書式]


[設定値及び初期値]


[説明]

インタフェースに IPv6 アドレスを付与する。

[ノート]

このコマンドで付与したアドレスは、show ipv6 address コマンドで確認することができる。
複数の LAN インタフェースでアドレスを自動で設定する機能を利用することができる。
具体的には、RAで取得したプレフィックスとインタフェースIDからIPv6アドレスを生成する機能と、DHCPv6で取得したプレフィックスとインタフェースIDからIPv6アドレスを生成する機能が利用できる。
これらを設定する場合、デフォルト経路は最後に設定が完了したインタフェースに向く。

RT250i ではipv6 tunnel address コマンドは使用できない。
LOOPBACK インタフェースを指定できるのは Rev.8.03 以降のリビジョンである。
LOOPBACK インタフェースを指定した場合は、auto、dhcp、address_typeproxy は指定できない。
prefix_interface には LOOPBACK インタフェースは指定できない。
ブリッジインタフェースは SRT100 Rev.10.00.38 以降、RTX1200 Rev.10.01.53 以降、RTX810 Rev.11.01.21 以降、RTX5000 / RTX3500 Rev.14.00.12 以降のファームウェア、および、Rev.14.01 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。
dhcp は RTX1500 / RTX1100 / RT107e Rev.8.03.92 以降、RTX3000 Rev.9.00.50 以降、SRT100 Rev.10.00.60 以降、RTX1200 Rev.10.01.24 以降のファームウェア、および、Rev.11.01 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。
address_type は RTX1200 Rev.10.01.32 以降のファームウェア、および、Rev.11.01 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。
dhcp-prefix は RTX1500 / RTX1100 / RT107e Rev.8.03.92 以降、RTX3000 Rev.9.00.50 以降、SRT100 Rev.10.00.60 以降、RTX1200 Rev.10.01.24 以降のファームウェア、および、Rev.11.01 系以降のすべてのファームウェアで指定可能。

[設定例]


[適用モデル]

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e, SRT100